[FIX] Windows XP SP2 のインストール後、Internet Explorer で以前送信したデータが含まれる Web ページに戻るとエラー メッセージ "ページを表示できません" が表示される

現象
Microsoft Internet Explorer で、フォーム データを以前送信した Web ページに戻る場合、その Web ページに、cache-control: no-cache HTTP ヘッダーが含まれると、次のエラー メッセージが表示されます。
ページを表示できません。
正常な場合、以下のエラー メッセージが表示されます。
警告 : ページの有効期限切れ
要求したページは、フォームで送信された情報を使用して作成されました。このページは、もう利用できません。セキュリティ保護のため、情報は自動的には再送信されません。

情報を再送信し、この Web ページを表示するには、ツール バーの [更新] ボタンをクリックしてください。
Internet Explorer の詳細設定で、[HTTP エラー メッセージを簡易表示する] チェック ボックスをオフにすると、2 番目のメッセージが正常に表示されます。

: この問題は、Windows XP Service Pack 2 (SP2) のインストール後にのみ発生します。
原因
この問題は、Windows XP Service Pack 2 で導入される回帰の問題が原因で発生します。
解決方法
この問題を解決するには、セキュリティ更新プログラム MS05-025 を入手します。詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
回避策
この問題を回避して Windows XP SP2 をインストールする前の動作に戻すには、以下の手順を実行して、Internet Explorer の詳細設定で [HTTP エラー メッセージを簡易表示する] チェック ボックスをオフにします。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブをクリックします。
  4. [HTTP エラー メッセージを簡易表示する] チェック ボックスを見つけてオフにし、[OK] をクリックします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
プロパティ

文書番号:890178 - 最終更新日: 07/19/2006 05:44:49 - リビジョン: 4.1

Microsoft Windows XP Service Pack 2

  • kbqfe kbbug kbfix kbprb kbhotfixserver KB890178
フィードバック