現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX SET ANSI_PADDING をオプション SQL Server 7.0 の CASE ステートメントが含まれているクエリを実行するときに期待どおりに機能しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:891116
BUG#:200141 (SQL Server 7.0)
現象
クエリを実行するとに CASE ステートメントが含まれています。Microsoft SQL Server 7.0、 セットANSI_PADDING に ON オプションが期待どおりに動作しません。この問題が発生すると、次の条件が満たされます。
  • CASE ステートメントには複数のリテラル文字が含まれています文字列。
  • リテラル文字列が異なるがあります。長です。
  • リテラル文字列の末尾があります。スペース。
たとえば、Transact SQL スクリプトでは、選択してください]ステートメントは、'test1result' を返します。SELECT ステートメントが返す必要があります ' test1結果 '。
DBCC FREEPROCCACHEGOSET ANSI_PADDING ONGODECLARE @x integerSET @x = 1 SELECT  CASE WHEN @x = 1 THEN 'test1 ' WHEN @x = 2 THEN 'test2 ' ELSE 'test 3 ' END + 'result'
解決方法
サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するのには、要求を送信します。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

前に SQL Server 7.0 Service Pack 4 (SP4) をインストールする必要があります。この修正プログラムをインストールします。

再起動の必要性

これを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。修正プログラムです。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます。(UTC) です。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
File name                    Version           Date         Time        Size         ------------------------------------------------------------------------------Msvcr71.dll                  8.00.21213.00     09-Jun-2003  18:20      352,256  Osql.exe                     8.00.796          09-Jun-2003  18:20       57,904  Sqdedev.dll                  8.00.534          09-Jun-2003  18:20      127,548  Sqlunirl.dll                 8.00.194          09-Jun-2003  18:20      180,290  Dbmssocn.dll                 7.00.1081         04-Oct-2002  23:59       28,944  Distrib.exe                  7.00.1077         06-Sep-2002  23:55       53,520  Logread.exe                  7.00.1077         06-Sep-2002  23:55       98,576  Opends60.dll                 7.00.1093         05-May-2003  18:34      155,920  Rdistcom.dll                 7.00.1077         06-Sep-2002  23:56      250,128  Replmerg.exe                 7.00.1077         06-Sep-2002  23:55       82,192  Replres.dll                  7.00.1077         06-Sep-2002  23:56       78,096  Securityhotfix.sql                             17-Sep-2002  22:52        7,941  Snapshot.exe                 7.00.1077         06-Sep-2002  23:56      160,016  Sp4_serv_uni.sql                               30-May-2003  04:21       59,214  Sqlagent.exe                 7.00.1085         15-Jan-2003  01:33      344,064  Sqlcmdss.dll                 7.00.1077         06-Sep-2002  23:55       45,056  Sqldmo.dll                   7.00.1094         16-May-2003  00:18    2,629,632  Sqlmap70.dll                 7.00.1094         16-May-2003  13:29       81,920  Sqlservr.exe                 7.00.1150         15-Dec-2004  01:07    5,062,928  Sqltrace.dll                 7.00.1144         15-Oct-2003  17:09      315,392  Ssmsso70.dll                 7.00.1081         04-Oct-2002  23:59       45,328  Ssnmpn70.dll                 7.00.1094         16-May-2003  00:18       24,848  Ums.dll                      7.00.1079         26-Sep-2002  20:27       57,616  Xpweb70.dll                  7.00.1094         16-May-2003  13:31      151,552  Dbmssocn.dll                 7.00.1081         04-Oct-2002  23:59       28,944  Sqldmo.dll                   7.00.1094         16-May-2003  00:18    2,629,632  Sqltrace.dll                 7.00.1144         15-Oct-2003  17:09      315,392    
状況
マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。
詳細
この修正プログラムは、フラグ 262 を紹介します。このトレースを有効にするとリテラル文字列の例をされなくフラグ、末尾のスペースは切り捨てられますステートメント。トレース フラグ 262 を有効にするには、次の方法のいずれかを使用します。
  • トレース フラグを設定するには、DBCC TRACEON ステートメントを使用します。するには次の実行、DBCC TRACEON ステートメントを使用してトレース フラグ 262 を有効にします。Transact SQL スクリプト:
    DBCC TRACEON (262)
  • コマンド プロンプトからトレース フラグを設定します。トレース フラグを有効にするのには262 起動時に、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    sqlservr –d"C:\MSSQL7\Data\master.mdf」–T262
ANSI_PADDING オプションの詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。 の詳細については、「を表示するには、次の資料番号をクリックします。マイクロソフト サポート技術。
824684標準の説明マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される用語

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:891116 - 最終更新日: 07/18/2011 10:16:00 - リビジョン: 3.0

  • kbbug kbfix kbqfe kbsqlserv700presp5fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB891116 KbMtja
フィードバック
m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">