MAPI_TEMPORARY_PROFILES フラグを使用して一時.mmp ファイルで MAPI プロファイルを作成することができます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:891425
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
通常、MAPI プロファイルは、レジストリの HKEY_CURRENT_USER ハイブ作成されます。 ただし、多くのプロファイルを作成する一部の MAPI アプリケーション、する場合がありますしないこれを行うには。 MAPI_TEMPORARY_PROFILES フラグは、MAPI での代わりに、レジストリ内のディスク上の一時.mmp ファイルにこれらのプロファイルを保存して使用できます。
詳細
次のコード、MAPI_TEMPORARY_PROFILES フラグを定義する:
#define MAPI_TEMPORARY_PROFILES			0x00000004
このフラグを使用する、 MAPIInitialize 関数に渡される MAPIINIT_0 構造体の ulFlags メンバーに設定します。

このフラグと MAPI プロファイルをレジストリに格納するの代わりに、ディスクの一時.mmp ファイルにプロファイルを格納します。

既定では、.mmp ファイルは % WINDIR % ディレクトリに作成します。 ただし、既定の場所を変更できます。 既定の MAPI プロファイルを保存する場所を変更する方法の詳細についてはをクリックして次「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
166599MAPI および CDO によって作成された.mmp ファイル

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:891425 - 最終更新日: 01/15/2015 14:52:23 - リビジョン: 2.3

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Outlook 2002 Standard Edition, Microsoft Messaging Application Programming Interface

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB891425 KbMtja
フィードバック