メモリ リーク条件は、CDO プログラムまたは MAPI32 プログラム ログオンまたはログオフ多数のメールボックスでは、Exchange Server 2003 SP1 を作成するときに発生します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

891509
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要です この資料では、レジストリの変更についてをについて説明します。 万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
コラボレーション データ オブジェクト (CDO) または MAPI32 をまたはメールボックスのログオフにログオンに使用するプログラムを作成する場合ありますメモリ リーク状態には、このプログラムを使用して Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 1 (SP1) で多数のメールボックスにアクセスする場合。
原因
この問題は、CDO または MAPI プログラムが偽装を使用してこれらの Exchange 2003 SP1 メールボックスにアクセスする場合に発生します。 この問題は特定 MAPI ヒープのクリーンアップ コードが Exchange Server 2003 SP1 で有効でないために発生します。
解決方法

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムが Microsoft から提供されています。 ただし、ことを目的としたこの修正プログラムものですこの資料に記載されている問題のみを修正します。 この修正プログラムのみシステムに適用この特定の問題が発生しています。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む、次回ソフトウェアの更新されるまで待つことです。

修正プログラムをダウンロードできる場合はこの資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合、は、マイクロソフト カスタマーサービス & サポート修正プログラムを入手するを問い合わせてください。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 通常のサポート料金が追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題について適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムが利用する言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、修正プログラムがその言語に対応しないのでは。

前提条件

Exchange 2003 Service Pack 1 (SP1) この修正プログラムをインストールする実行していることが必要です。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
836993Exchange Server 2003 の最新の Service Pack の入手方法

再起動の要件

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラム置き換えに関する情報

修正この修正プログラムはプログラム置き換えられることもほかありません。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。
Date         Time   Version            Size    File name--------------------------------------------------------------28-Jan-2005  03:13  6.5.7232.75       708,608  Cdo.dll        28-Jan-2005  03:12  6.5.7232.75       635,904  Mapi32.dll     

修正プログラムのインストールに関する情報

メモ CDO または MAPI を使用しているプログラムで、Exchange Server 2003 と同じコンピューター上では必要があります。 それ以外の場合は、メモリ リークが発生するでも。

この修正プログラムは Windows レジストリに次の値を追加します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Messaging Subsystem\Applications


値の名前: CleanUpMAPIHeap
値の種類 : REG_DWORD
値のデータ: 0 または 1
メモ このレジストリ値の MAPI ヒープのクリーンアップ コードを有効にするには「1」を設定します。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
817903Exchange Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマ
XADM] MAPI、CDO、リークが発生する、偽装、列挙、メッセージ、ログオン、ログオフ

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:891509 - 最終更新日: 02/03/2014 14:21:09 - リビジョン: 1.9

  • Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 1
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbexchange2003presp2fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB891509 KbMtja
フィードバック