スプールされる順番と印刷される順番が異なる

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
プリンタの設定によっては プリンタキューに表示される順番通りに印刷されない場合があります。
詳細
プリンタのプロパティの詳細設定タブにある各オプションを設定する事で 印刷の順序を変更する事ができます。

1. ドキュメントの優先順位

・「スプールされたドキュメントを最初に印刷する」

優先順位の低いドキュメントが優先順位の高いドキュメントより先にスプール完了した場合 このオプションによって印刷される順番に影響が現れます。

「スプールされたドキュメントを最初に印刷する」 が ON の場合 スプーラが次に印刷する順序を判断する際に スプールの完了した文書の方が その時点でスプール中の文書より優先順位が低い場合でも スプールの完了した文書を優先的に印刷します。また スプールの完了している文書がなかった場合 スプーラはスプール中の文書の中で大きい文書を優先的に印刷します。

「スプールされたドキュメントを最初に印刷する」 が OFF の場合 スプーラは優先順位に従って文書を印刷しますので 仮にスプールの完了した文書があったとしても スプール中の文書の方が優先順位が高い場合 スプール中の文書を優先的に印刷します。


2. スプーリングの順序

・「すぐに印刷データをプリンタに送る」
・「全ページ分のデータをスプールしてから 印刷データをプリンタに送る」

「すぐに印刷データをプリンタに送る」が ON の場合 印刷する文書の先頭ページのスプーリングが終了した時点で印刷処理を開始します。

「全ページ分のデータをスプールしてから 印刷データをプリンタに送る」が ON だった場合 印刷する文書の最終ページのスプールが終了するまで印刷は実行されません。この設定が ON になっている場合 ドキュメント全体を確実に印刷装置に送信する事ができます。


詳細については OS 付属のヘルプを参照して下さい。
回避策
ドキュメントを確実に順番通り印刷するためには

・「全ページ分のデータをスプールしてから 印刷データをプリンタに送る」
・「スプールされたドキュメントを最初に印刷する」

を ON に設定します。
オプションです:追加の QueryWords をここで提供できます。このセクションは Outsourcer のため、お客様からは参照できません。
プロパティ

文書番号:891594 - 最終更新日: 12/15/2004 04:08:42 - リビジョン: 1.1

Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)

  • kbinfo kbhowto KB891594
フィードバック