現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

セキュリティ更新プログラム MS05-004 のインストール後、ASP.NET のパフォーマンスに影響が出る場合がある

現象
セキュリティ更新プログラム MS05-004 のインストール後、管理者の権限を持つユーザーがログオンしないと、Microsoft ASP.NET のパフォーマンスに影響が出ることがあります。この現象は、このセキュリティ更新プログラムにより、ネイティブ イメージを持つ DLL が更新されるために発生します。ネイティブ イメージはインストール中に無効になり、管理者がサーバーにログオンするまで有効になりません。

起動時にコードが読み込まれる際の CPU 使用率が通常よりも高くなることにより、パフォーマンスへの影響がわかります。安定した実行状態では、パフォーマンスが著しく低下することはありません。

パフォーマンスへの影響が発生するのは、Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 2 (SP2) およびオリジナル リリース版の .NET Framework 1.1 を実行しているコンピュータにこのセキュリティ更新プログラムを適用した場合のみです。

セキュリティ更新プログラム MS05-004 を適用すると、以下の DLL の新しいバージョンがインストールされます。

.NET Framework 1.1 がインストールされている場合
  • System.dll
  • System.xml.dll
.NET Framework 1.0 SP2 がインストールされている場合
  • Mscorlib.dll
  • System.dll
  • System.xml.dll
インストールされている .NET Framework のメジャー バージョンを確認するには、以下の方法を使用します。
  • %windir%\Microsoft.net\Framework\v1.0.3705 フォルダ内に 5 つ以上のファイルがある場合は、.NET Framework 1.0 がインストールされています。このフォルダ内に以下のファイルしかない場合は、.NET Framework 1.0 はインストールされていません。
    • Installutil.exe.config
    • Mscormmc.cfg
    • Mscormmc.dll
    • Regsvcs.exe.rtm.config
  • %windir%\Microsoft.net\Framework\v1.1.4322 フォルダが存在する場合、.NET Framework 1.1 がインストールされています。
: 両方のフォルダが存在している場合もあります。

: インストールされている Service Pack を確認するには、以下の方法を使用します。
  • %windir%\Microsoft.net\Framework\v1.0.3705\Sscorwrks.dll ファイルのバージョンが 1.0.3705.6000 よりも古い場合、.NET Framework 1.0 SP2 がインストールされています。
  • %windir%\Microsoft.net\Framework\v1.1.4322\Sscorwrks.dll ファイルのバージョンが 1.1.4322.2000 よりも古い場合、.NET Framework 1.1 がインストールされています。
解決方法
このセキュリティ更新プログラムをインストールした後、管理者権限を持つユーザーが初めてコンピュータにログオンしたときにネイティブ イメージが再生成されます。ネイティブ イメージの再生成が完了すると、システムのパフォーマンスは元の状態に戻ります。この現象は、コードの読み込み時に Just-In-Time (JIT) コンパイルが必須ではないために発生します。

また、ネイティブ イメージ ジェネレータ (Ngen.exe) ツールを使用して、ネイティブ イメージを再生成することもできます。これを行うには、以下のコマンドを使用します。

.NET Framework 1.1 がインストールされている場合
NGEN %windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.1.4322\system.dllNGEN %windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.1.4322\system.Xml.dll
: ネイティブ イメージ ジェネレータ ツールは、%windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.1.4322 フォルダにあります。


.NET Framework 1.0 SP2 がインストールされている場合
NGEN %windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.0.3705\mscorlib.dllNGEN %windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.0.3705\system.dllNGEN %windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.0.3705\system.Xml.dll
新しいバージョンの Mscorlib.dll ファイルがインストールされるため、コンピュータ上のすべてのネイティブ イメージが無効になります。このため、以下の DLL についてもネイティブ イメージを再生成する必要があります。
NGEN %windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.0.3705\custommarshalers.dllNGEN %windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.0.3705\system.Design.dllNGEN %windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.0.3705\system.Drawing.dllNGEN %windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.0.3705\system.Drawing.Design.dllNGEN %windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.0.3705\system.Windows.Forms.dll
: ネイティブ イメージ ジェネレータ ツールは、%windir%\Microsoft.Net\Framework\V1.0.3705 フォルダにあります。
関連情報
セキュリティ更新プログラム MS05-004 の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
887219 [MS05-004] ASP.NET パス検証の脆弱性により、無断アクセスが行われる可能性がある
ネイティブ イメージ ジェネレータ (Ngen.exe) ツールの関連情報については、次の Microsoft Developers Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 891829 (最終更新日 2005-02-08) を基に作成したものです。

この資料に含まれているサンプル コード/プログラムは英語版を前提に書かれたものをありのままに記述しており、日本語環境での動作は確認されておりません。
プロパティ

文書番号:891829 - 最終更新日: 02/15/2005 05:08:00 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft .NET Framework 1.1
  • Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 2
  • kbprb KB891829
フィードバック