Outlook Express 6.0 のメールに ASCII 文字以外の文字を使用すると本文が切れる

現象
Microsoft Windows XP Service Pack 2 に付属する Microsoft Outlook Express 6 において ASCII 文字以外の文字を使用してメールを作成した場合、送信トレイに一度保存した後で再度送信トレイを開くと、作成したメールが途中から切れて文章が削除されることがあります。
解決方法
この問題を解決するには、Windows Update Web サイトから Outlook Express の累積的な更新プログラム (KB887797) を入手します。 Outlook Express の累積的な更新プログラム (KB887797) の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
887797 Outlook Express の累積的な更新プログラム (KB887797) について
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細

問題の再現手順

  1. Outlook Express を起動します。
  2. [ツール] メニューから [オプション] を選択し、オプション画面を開きます。
  3. [送信] タブの [エンコード設定] ボタンをクリックし、[送信メッセージのエンコード設定] 画面を開きます。
  4. [規定のエンコード] を "Unicode(UTF-8)" に変更し、[OK] をクリックます。
  5. [メールの作成] ボタンをクリックし、[メッセージの作成] 画面を開きます。
  6. [書式] メニューから [リッチテキスト (HTML)] を選択します。
  7. 宛先、件名を任意に入力し 30 行程の ASCII 文字以外の文字を含めたメッセージを入力します。
  8. [ファイル] メニューから [後で送信する] をクリックします。
  9. [メールの送信] 画面で [OK] をクリックします。
  10. 送信トレイに保存された上記のメールの内容を確認します。

結果

メールの本文が途切れ、任意の箇所から削除されます。
プロパティ

文書番号:893197 - 最終更新日: 09/20/2016 13:24:00 - リビジョン: 2.0

  • kbexpertiseinter kbexpertisebeginner duplicate kbemail kbfix kbtshoot kbbug KB893197
フィードバック