現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP で Data Protection Manager のエンド ユーザー回復機能を使用する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
この資料では、この資料に記載されている更新プログラムをインストールして、Data Protection Manager (DPM) のエンド ユーザー回復 (EUR) 機能を使用する方法について説明します。

Microsoft Windows XP ベースのコンピュータ、ファイル サーバー、および DPM サーバーを使用する環境で、DPM サーバーの EUR 機能を有効にし、この資料に記載されている更新プログラムをクライアント コンピュータにインストールする場合を考えます。この環境で、ファイル サーバーからファイルまたはフォルダの以前のバージョンを回復する場合、コンピュータは自動的に DPM サーバーから該当するファイルまたはフォルダを回復しようとします。この動作は、次の条件に該当する場合に行われます。
  • ファイル サーバーが DPM でセキュリティ保護されている場合
  • ファイル サーバーにフォルダまたはファイルのローカルのシャドウ コピーが存在しない場合
解決方法
EUR 機能を使用するには、クライアント コンピュータで Timewarp クライアントを更新する必要があります。Timewarp クライアントを更新するには、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の以下の資料に記載されている更新プログラムをインストールします。
903234 Windows Server 2003 および Windows XP でボリューム シャドウ コピー サービス クライアントがシャドウ コピーにアクセスする方法を最適化する更新プログラム
この更新プログラム パッケージをインストールすると、クライアント コンピュータ上の Twext.dll ファイルが更新されます。
詳細
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
プロパティ

文書番号:895536 - 最終更新日: 03/24/2006 09:09:00 - リビジョン: 2.2

  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • kbbug kbfix kbqfe kbwinxppresp3fix kbwinxpsp3fix kbhotfixserver KB895536
フィードバック