現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook 2003 で ForcePSTPath レジストリ値を追加しても、.ost ファイルを保存するための独立したフォルダを指定できない

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Microsoft Office Outlook 2003 で個人用フォルダ (.pst) ファイルの場所を変更するために ForcePSTPath 値をレジストリに追加すると、オフライン フォルダ (.ost) ファイルも同じフォルダに変更されます。.ost ファイルの保存先として独立したフォルダを指定することはできません。

ForcePSTPath 値をレジストリに追加するには、次の手順を実行します。

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
  1. Outlook 2003 を終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook
  4. [編集] メニューの [新規] をポイントして、[展開可能な文字列値] をクリックします。
  5. ForcePSTPath と入力し、Enter キーを押します。
  6. [ForcePSTPath] を右クリックし、[修正] をクリックします。
  7. [値のデータ] ボックスに .pst ファイルの保存場所の完全なパスを入力し、[OK] をクリックします。
  8. [ファイル] メニューの [レジストリ エディタの終了] をクリックしてレジストリ エディタを終了します。
解決方法
この問題は、当初、修正プログラムで修正されましたが、その修正内容は現在 Service Pack に含まれています。Office 2003 の最新の Service Pack をインストールした場合、この修正プログラムをインストールする必要はありません。

Service Pack の情報

この問題は、Office 2003 Service Pack 2 で修正されています。

この問題を解決するには、Office 2003 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
870924 最新の Office 2003 Service Pack を入手する方法

修正プログラムの入手方法

この問題は、Outlook 2003 Service Pack 1 以降の修正プログラム パッケージ (2005 年 3 月 11 日) で修正されています。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
895395 Outlook 2003 Service Pack 1 以降の修正プログラム パッケージ (2005 年 3 月 11 日) について

この修正プログラムをインストールした後、この資料の「詳細」に記載されている手順に従って、ForceOSTPath レジストリ キーを設定して修正プログラムを有効にしてください。

さらに、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料に記載されている修正プログラムも適用する必要があります。

895679 Microsoft Office Outlook 2003 Service Pack 1 以降の修正プログラム パッケージ (2005 年 3 月 11 日) について
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
この問題は、Office 2003 Service Pack 2 で修正済みです。
詳細
Outlook 2003 のデフォルトの設定では、.pst ファイルおよび .ost ファイルは次のフォルダに保存されます。
C:\Documents and Settings\username\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook
レジストリに ForcePSTPath 値を追加すると、Outlook 2003 の .pst ファイルおよび .ost ファイルを指定のフォルダに保存できます。

この修正プログラムの適用後は、.pst ファイルの場所を変更せずに、.ost ファイルを別のフォルダに保存することができます。

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
この修正プログラムを有効にし、.ost ファイルの保存先として別のフォルダを指定するには、次の手順を実行します。
  1. Outlook 2003 を終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook
  4. [編集] メニューの [新規] をポイントして、[展開可能な文字列値] をクリックします。
  5. ForceOSTPath と入力し、Enter キーを押します。
  6. [ForceOSTPath] を右クリックし、[修正] をクリックします。
  7. [値のデータ] ボックスに .ost ファイルの保存場所の完全なパスを入力し、[OK] をクリックします。
  8. [ファイル] メニューの [レジストリ エディタの終了] をクリックしてレジストリ エディタを終了します。
関連情報
この修正プログラムでは、.pst ファイルをネットワーク共有に保存することや .ost ファイルをクライアント コンピュータに保存することは想定されていません。これらの制限の詳細については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。

297019 個人用フォルダ ファイルが LAN または WAN リンクでサポートされない
outlook2003 ol2003 ol2k3
プロパティ

文書番号:896591 - 最終更新日: 09/11/2006 05:58:46 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Office Outlook 2003
  • kboffice2003sp2fix kbemail kboffice2003presp2fix kbqfe kbbug kbfix KB896591
フィードバック