現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 2000 Service Pack 4 のスリップストリーム インストールの作成時に Netserv.inf ファイルが更新されない

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、システムの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
はじめに
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) では、ライセンス ログ サービスが更新されます。この更新の一環として、ライセンス ログ サービスに対する匿名接続を防止するために、NullSessionPipes レジストリ キーからライセンス ログ サービス リモート プロシージャ コール (LLSRPC) が削除されます。

NullSessionPipes は、Windows 2000 のインストール中に、Netserv.inf ファイルの設定に応じて初期化されます。Netserv.inf は、Server サービスの構成を制御するためのファイルです。Server サービスは、ファイル、プリンタおよび名前付きパイプのネットワーク経由の共有をサポートします。

Service Pack は、以下のいずれかの方法でインストールできます。
  • 以前の Service Pack が適用された既存のシステムに新しい Service Pack を適用します ("更新" インストール)。
  • Service Pack のファイルが統合された CD またはネットワーク共有からシステム全体をインストールします。
SP4 の更新インストールでは、インストール中に NullSessionPipes レジストリ キーが直接変更されます。

SP4 の更新ファイルのパッケージには、新しいバージョンの Netserv.inf ファイルは含まれていません。このため、SP4 を使用して統合インストール (スリップストリーム インストール) を作成するときに元の Netserv.inf ファイルが置き換えられることはありません。統合インストールでは、NullSessionPipes レジストリ キーに LLSRPC が含まれたままになっています。

: インストール対象の一連のファイルに Service Pack を統合することを "スリップストリーム" と呼びます。

SP4 が統合されている CD またはネットワーク共有を使用してインストールしたオペレーティング システムを実行している場合、この資料に記載されている手順を実行して、直接レジストリを変更することができます。統合インストール用のネットワーク共有を修正するには、記載されている手順を使用して Netserv.inf ファイルを更新します。SP4 が統合されている CD からインストールする場合は、インストール後にレジストリに変更を加える必要があります。
詳細
警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。ライセンス ログ サービスの更新により、以下の NullSessionPipes レジストリ値から LLSRPC が削除されました。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lanmanserver\parameters\NullSessionPipes
統合インストール (スリップストリーム インストール) 用のネットワーク共有を修正するには、ネットワーク共有の i386 サブディレクトリに格納されているオリジナルの Netserv.in_ file ファイルを修正して置き換える必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、expand InstallShare\i386\netserv.in_ InstallShare\i386\netserv.inf と入力し、Enter キーを押します。このとき、InstallShare は、統合インストール用のネットワーク共有フォルダの UNC 名に置き換えます。
  3. メモ帳などのテキスト エディタで netserv.inf ファイルを開き、NullSessionPipes の一覧から LLSRPC を削除します。
  4. 圧縮されている Netserv.in_ file を削除し、Netserv.inf は展開されたままにします。
  5. Windows 2000 をインストールします。


Netserv.inf ファイルが修正されていない CD またはネットワーク共有を使用してインストールされた既存のシステムを修正するには、レジストリ エディタで NullSessionPipes 値を変更します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lanmanserver\parameters
  3. [NullSessionPipes] を右クリックし、[変更] をクリックします。
  4. LLSRPC を示す "4C 00 4C 00 53 00 52 00 50 00 43 00 00 00" という値を見つけ、この値を削除し、[OK] をクリックします。
  5. レジストリ エディタを終了します。


スリップストリーム インストールの詳細な手順を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
828930 ソフトウェア更新プログラムを Windows インストール ソース ファイルに統合する方法

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
815458 名前付きパイプ Llsrpc を使用してライセンスの追加と削除およびライセンス グループの新規作成ができる
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 896658 (最終更新日 2005-04-06) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:896658 - 最終更新日: 01/16/2015 15:31:18 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Service Pack 4

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbtshoot KB896658
フィードバック