Live Communications Server をインストールするために、Active Directory フォレストを準備した後、フォレストの準備はライブ通信サーバー展開ツールで

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:898516
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft® Office Live Communications Server 2005 または Microsoft Office Communications Server のインストールのため、Active Directory ディレクトリ サービスのスキーマと、Active Directory フォレストを準備します。Live Communications Server 2005 または通信サーバーをインストールしようとすると、次のいずれかまたは両方の現象があります。
  • Microsoft® Office Live 通信 Server デプロイメント ツールをインストールするか、Live Communications Server をアクティブにするを実行すると、次の現象が発生します。
    • フォレストの準備] コマンドは使用 (表示されない淡色表示になります)。

      メモこのコマンドを既に準備して Active Directory フォレストには、Communications Server の Live Communications Server 2005 のインストールのために利用できるされないようにします。
    • アクティブ edition_type Live Communications Server のファイルをインストールしていた場合でも、サーバーのコマンドは使用できません。

      このコマンドで、 edition_type Live Communications Server のエディションをアクティブ化することです。たとえば、交換してください。 edition_type標準のエディションです。
  • LcsCmd.exe コマンド ライン ツールを使用して theCommunications サーバー コンピューターをライセンス認証しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    0xC3EC7826 LC サーバーをホストするドメインが準備されていませんが。フォレストとドメインの両方が準備されているし、タスクでグローバル設定コンテナーへのアクセスが許可されるようにしてください。
原因
この問題は Active Directory から Microsoft Windows 2000 Server を Microsoft Windows Server 2003 にアップグレードしている場合に発生します。このような場合は、Windows Server 2003 はinetOrgPersonユーザー タイプのフォレスト準備操作 createCommunications サーバーに固有の表示指定子をもう一度する必要があります。

InetOrgPersonユーザーの種類は、Windows Server 2003 で導入されました。TheLiveCommunications Server デプロイメント ツールを実行すると、配置ツールは Active Directory フォレストの準備の操作が正常に完了したかどうかを判断するを調べます。展開ツールは、inetOrgPersonユーザーの種類は、Live Communications Server 属性の値のセットがないことを決定、デプロイメント ツールは、フォレストに Communications Server の Live Communications Server 2005 のインストールの準備が必要であるを確認します。

注: <b>Live Communications Server のセットアップ プログラムの処理、 <b00> </b00>inetOrgPersonユーザーを同じ型のオブジェクトのユーザーおよび連絡先の種類のオブジェクトとして入力します。
回避策
この問題を解決するには、ライブ通信サーバー展開ツールで、 [フォレストの準備] をクリックします。Communications Server の Live Communications Server 2005 のインストールの Windows Server 2003 フォレストを準備するのには、この操作を行います。
詳細
Live Communications Server 2005 を展開する方法の詳細については、ライブ通信サーバー展開リソースを参照してください。ライブ通信サーバー展開リソースを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:898516 - 最終更新日: 01/16/2015 01:41:55 - リビジョン: 2.0

Microsoft Office Communications Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Office Communications Server 2007 Standard Edition, Microsoft Office Live Communications Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft Office Live Communications Server 2005 Standard Edition, Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Enterprise Edition, Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbprb kbtshoot kbmt KB898516 KbMtja
フィードバック