現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

サポート対象およびサポート非対象のカスタム サイト定義とカスタム領域定義 SharePoint 2003、2007 年から 2010 年の使用に関するシナリオ

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:898631
はじめに
この資料は、Microsoft Windows SharePoint Services 2.0、Windows SharePoint Services 3.0 および SharePoint Foundation 2010 でのカスタム サイト定義のについてを説明します。また、Microsoft Office SharePoint Portal Server の 2003年、Office SharePoint Server 2007 の Microsoft SharePoint Server 2010 でのカスタム領域の定義に関する情報も含まれています。この資料は、サポートされているシナリオとサイトの定義と領域の定義をカスタマイズするときに、サポートされていないシナリオについて説明します。
詳細

サポートされているシナリオ

カスタム サイト定義またはカスタム領域の定義を使用する場合は、次のシナリオがサポートされます。
  • カスタム サイト定義またはカスタムの areadefinition を作成するのには既存のサイト定義、またはを既存の areadefinition をコピーして名前を変更し、新しいサイト定義またはを newarea の定義を変更します。サポートされているこのメソッドの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  • カスタム サイト定義またはカスタムの areadefinition を使用して新しいサイトでポータル エリアを作成する前に、.xml ファイルおよび customsite 定義またはカスタム領域定義では、.aspx ファイルを変更します。
  • カスタム サイト定義またはカスタムの areadefinition を展開します。つまり、新しいサイトまたは新しいポータル エリアを作成するユーザーのサイト定義またはカスタム領域定義を使用しています。新しい sitesor は、作成した新規のポータル エリアを変更するには、サポートされている followingthree の方法の 1 つ以上使用します。
    • Microsoft Office FrontPage 2003、SharePoint デザイナー 2007 年、または SharePoint Designer 2010 を使用して、サイトまたはポータル エリアを変更します。
    • プログラムで、SharePoint Portal Server のオブジェクト モデルと、Windows SharePoint Services オブジェクト モデルを使用して、サイトまたはポータル エリアを変更します。
    • Microsoft Office FrontPage 2003 を使用して、サイトまたはポータル エリアを変更します。
    注: <b> これら 3 つの方法を使用して、ポータル サイトでは、Default.aspx ページを変更する場合は、サポートされているメソッドもあります。マイクロソフトは、supportusing ではない他の方法は、ポータルでは、Default.aspx ページを変更します。

サポートされていないシナリオ

カスタム サイト定義またはカスタム領域の定義を使用するときに、次のシナリオはサポートされていません。
  • 既定のサイト定義のいずれか、または SharePoint に含まれている既定の領域の定義のいずれかを変更します。

    サイト定義または領域定義の既定のセットは supportmodifying ではないそのティーの SharePoint をインストールするとです。さらに、ことはできません、.xml したり変更すること、.aspx ファイル、既定のサイト定義に、または、デフォルトの areadefinition で。
  • カスタム サイト定義、カスタム サイト定義を展開した後、カスタムの areadefinition、またはカスタムの areadefinition を変更します。

    そのサイト定義または領域定義を使用して、新しいサイトや newportal を作成した後、カスタム sitedefinition またはカスタム領域の定義を変更することはできません。さらに、私たちの .xml ファイルまたはサイト定義のユーザーまたはユーザーのサイト定義を展開した後、カスタム領域の定義またはカスタム領域定義では、.aspx ファイルの変更はサポートされません。
  • 1033 は、または、次のフォルダーにある Webtempsps.xml ファイルを変更します。
    ドライブ: \Program Files\Common ファイルにサーバーの Extensions\60\Template\LCID\XML

    または

    ドライブ: \Program Files\Common ファイルにサーバーの Extensions\12\Template\LCID\XML

    または

    ドライブ: \Program Files\Common ファイルにサーバーの Extensions\14\Template\LCID\XML
  • _Layouts フォルダー内に存在するファイルを変更することはできません。私たちは後でソフトウェア更新プログラムやサービス パックでこれらのファイルを更新する権利を予約します。変更内容が失われる可能性があります。常に、後で復元することができますように変更が加えられたファイルをバックアップする必要があります。
  • SharePoint では、XML 定義を使用して宣言によって作成する分類フィールド (管理されたメタデータ サイト列) はサポートされません。
  • SharePoint では、サイト テンプレートで分類フィールド (管理されたメタデータ サイト列) の使用はサポートされません。
関連情報
詳細については、アプリケーションの再利用性とアップグレードを保証するためのベスト プラクティスを SharePoint で、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 テンプレートとサイト定義の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 サイト定義内のファイルのスキーマに関する詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 カスタム テンプレートの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
825217 SharePoint Portal Server 2003年と Windows SharePoint Services にカスタム テンプレートの概要
開発者向けの SharePoint Server 2007 の移行とアップグレードについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。SharePoint Portal Server のオブジェクト モデルと、Windows SharePoint Services オブジェクト モデルの詳細については、Microsoft SharePoint 製品とテクノロジのソフトウェア開発キット (Sdk) を参照してください。SharePoint 製品とテクノロジ 2003 SDK を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 SharePoint 製品とテクノロジの 2007 SDK を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
wss の sp

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:898631 - 最終更新日: 05/07/2015 07:24:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office SharePoint Server 2007, Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003, Microsoft Windows SharePoint Services 2.0, Microsoft Windows SharePoint Services 3.0, Microsoft SharePoint Foundation 2010, Microsoft SharePoint Server 2010

  • kbxml kbasp kbtshoot kbinfo kbmt KB898631 KbMtja
フィードバック
r varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("