Microsoft Dynamics GP で特定のプロセスを実行するとパフォーマンスが低下が発生します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:898982
現象
照会を投稿したり、照会を行った、またはマイクロソフトのビジネス ソリューションの Microsoft Dynamics GP の大草原地帯など、特定のプロセスを実行するときにパフォーマンスの低下が発生します。

先頭に戻る
解決方法

トラブルシューティング依存しません。

サービス パック

  • Microsoft SQL Server の最新の service pack がインストールされていることを確認します。Microsoft Dynamics GP と互換性がある Microsoft SQL Server の最新の service pack の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 [システム要件] ページで、 [バージョン] ボックスで使用している Microsoft Dynamics GP のバージョンを選択します。リストの更新をクリックします。
  • Microsoft Dynamics GP の最新の service pack がインストールされていることを確認します。最新の service pack の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 「サービス パックおよび製品リリース」ページで、 [バージョン] ボックスで使用している Microsoft Dynamics GP バージョンを選択します。リストの更新をクリックします。
先頭に戻る

問題の転記

転記するときにパフォーマンスの問題が発生した場合は、PJOURNAL テーブルに次の SELECT ステートメントを実行します。会社のすべてのデータベースに対してステートメントを実行します。
SELECT * FROM PJOURNAL
行が返された場合は、テーブルの内容によって、会社のすべてのデータベースに対して、次のステートメントを実行するをオフにすることをお勧めします。
DELETE PJOURNAL
注:
  • Microsoft SQL Server を使用する場合、または SQL Server Management Studio の SQL クエリ アナライザー内でステートメントを実行します。

    SQL クエリ アナライザーを開き、[スタート] ボタンプログラム] をポイントおよびMicrosoft SQL Server] をポイントし、[クエリ アナライザー] をクリックします。

    Microsoft SQL Server 2005 では、SQL Server Management Studio を開きます [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、 Microsoft SQL Server 2005年] をポイントし、 SQL Server Management Studio] をクリックします。

    開く SQL Server Management Studio の Microsoft SQL Server 2008年の [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、ポイントには、 Microsoft SQL Server 2008年では、 SQL Server Management Studio] をクリックします。
  • PJOURNAL テーブルは一時テーブルであり、データは影響しません。
  • すべてのユーザーは、DELETE ステートメントを実行する前に Microsoft Dynamics GP を終了する必要があります。
  • Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯 7.5 および Microsoft ビジネス ソリューションをインストールする - 大草原地帯の 8.0.The PJOURNAL のジョブはオンに手動でテーブルが大きく、パフォーマンスに影響していないので、PJOURNAL テーブルを管理するためのジョブの場合、PJOURNAL ジョブが作成されます。 詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
    862342 Enterprise Manager を使用して、Microsoft Dynamics GP のインストール中に作成される PJournal の削除ジョブを有効にする方法
先頭に戻る

Microsoft Dynamics GP のパフォーマンスに影響するプリンターの設定

クライアント ワークステーションは、通常使うプリンターがセットアップされ、オンラインで必要があります。追加したその他のプリンターでは、オンライン必要がありますか、有効でなくなった場合に削除する必要があります。

、可能な場合は、ネットワーク プリンターではなく通常使うプリンターとしては、ローカル プリンターを使用することをお勧めします。これは、パフォーマンス上の理由です。

先頭に戻る

ウィンドウを開いているときに発生するパフォーマンスの問題

オートコンプリート機能で、Microsoft Dynamics GP でウィンドウを開くと、パフォーマンスの問題が生じる場合があります。オートコンプリート機能をオフに次の手順を実行します。
  1. ユーザーの環境設定を開きます。これを行うには、次の手順を実行します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 およびそれ以降のバージョンでは、 Microsoft Dynamics GPをクリックし、[ユーザー設定] をクリックします。
  2. [オートコンプリートを] をクリックします。
  3. [オートコンプリートの候補を表示する] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  4. Windows エクスプ ローラーで、AutoCmpl.dat ファイルと AutoCmpl.idx ファイルを削除します。これらのファイルは、次のフォルダーには。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 およびそれ以降のバージョンでは、ファイルは次の場所には。
      ドキュメントと Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft ビジネス Solutions\Microsoft Dynamics GP\データベース名\
  5. ユーザーごとに手順 1 から手順 5 を繰り返します。
先頭に戻る

Microsoft Dynamics GP にログオンするときに発生するパフォーマンスの問題

  1. 変更された Reports.dic ファイルおよび Forms.dic ファイルを変更した場所は、ログオン パフォーマンスに影響可能性があります。ディクショナリを変更したがネットワーク共有上にある場合は、Microsoft Dynamics GP のローカルのフォルダーに辞書をコピーし、ログオンします。これを行うには、以下の手順
  2. SmartList の特定のアラームには、そのユーザーのホーム ページのロールに応じて、ログオンの問題可能性があります。ユーザーのアラームを確認するには、次の手順に従います。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 およびそれ以降のバージョンでは、 Microsoft Dynamics GPをクリックし、[アラーム] をクリックします。アラームの設定を変更をクリックし、ウィンドウの下部にあるユーザー設定の事前通知] セクションで、アラームを削除します。
  3. ショートカットをネットワーク上の場所になっている割り当て済みまたは使用可能なするがあります。Microsoft Dynamics GP は、これらの場所を検証しようとしています。ただし、到達しない場合は、プロセスがタイムアウトを使用、数秒後。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 およびそれ以降のバージョンでは、ホーム ページの左側にあるナビゲーション ウィンドウの [ショートカット] フォルダーを展開します。不要なまたは無効なショートカットを確認する場合は、それらを削除します。
    • ショートカット バーのマスター (SY01990) テーブルに格納されているリンクを検証することもできます。クエリ アナライザーまたは SQL Server Management Studio では、次のスクリプトを実行します。
      SELECT * FROM DYNAMICS..SY01990
      無効になったすべてのネットワーク パス [ScbTargetStringOne] 列が表示された場合は、関連付けられているショートカットを削除します。Microsoft Dynamics GP で、または、テーブルのショートカットを削除することができます。
  4. Microsoft Dynamics GP パフォーマンスは、ネットワーク上の代わりにローカルである Dex.ini ファイル内の OLE ノーツのパスの使用をお勧めします。OLE のパスは、ネットワーク パスを指定するのには場合、は、有効なパスであるし、適切な帯域幅があることを確認します。
  5. SQL データベースのオプションが自動終了し、自動圧縮は、FALSE に設定されていることを確認します。
    • SQL Server Management Studio を使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタンすべてのプログラム] をポイントし、ポイントをMicrosoft SQL Server 2005年またはMicrosoft SQL Server 2008年では、して、 SQL Server Management Studio] をクリックします。
      2. [サーバ] ウィンドウへの接続、これらの手順に従います。
        1. [サーバー名] ボックスで、SQL Server を実行しているサーバーの名前を入力します。
        2. [認証] ボックスで、 SQL 認証] をクリックします。
        3. [ログイン] ボックスで、次のように入力します。 sa.
        4. パスワード] ボックスに、sa ユーザーのパスワードを入力し、し、[接続] をクリックします。
      3. オブジェクト エクスプ ローラー] ウィンドウで、SQL Server のインスタンスでデータベースを展開します。
      4. DYNAMICS データベースを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
      5. データベースのプロパティ] ウィンドウで、[オプション] ページをクリックします。
      6. 自動のオプション] で [自動終了および自動圧縮のフィールドの両方をFALSEに設定されてを確認します。

        これらのフィールドのいずれかがTRUEに設定する場合 [ True ] をクリックし、 FALSEで、ドロップダウン ウィンドウ] をクリックします。
      7. 変更を保存するのには[ok]をクリックします。
      8. Dynamics GP 会社のすべてのデータベースに対して手順 d から g までを繰り返します。
    • SQL Enterprise Manager を使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、ポイントにMicrosoft SQL Server 2000年では、し、[ Enterprise Manager] をクリックします。
      2. Microsoft SQL サーバーを展開、 SQL Server グループを展開し、SQL Server を実行しているサーバーの名前を展開します。
      3. データベースを展開します。
      4. DYNAMICS データベースを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
      5. [プロパティ] ウィンドウで、[オプション] タブをクリックします。
      6. [設定]、[自動終了] チェック ボックスと、[自動圧縮] チェック ボックスをオフにするをクリックします。
      7. 変更を保存するのには[ok]をクリックします。
      8. Dynamics GP 会社のすべてのデータベースに対して手順 d から g までを繰り返します。
    • サポート管理コンソールを使用する場合は、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタンすべてのプログラム] をポイントし、ポイントをマイクロソフトのサポート管理コンソールにして、サポート管理コンソール] をクリックします。
      2. ウィンドウの SQL Server への接続、次の手順に従います。
        1. [ SQL Server ] ボックスで、新しいサーバーの名前を入力します。
        2. [ログイン名] ボックスで、次のように入力します。 sa.
        3. パスワード] ボックスに、sa ユーザーのパスワードを入力し、し、[ OK] をクリックします。
      3. クエリ 1 を新しいウィンドウに次のスクリプトをコピーします。
        ALTER DATABASE DYNAMICSSET AUTO_SHRINK OFF, AUTO_CLOSE OFF
      4. F5 キーを押すか、スクリプトを実行する実行をクリックします。
      5. DYNAMICS データベースの名前を会社のデータベースの名前に変更することで、Dynamics GP 各会社のデータベースに対してこのスクリプトを実行します。
  6. ODBC システム DSN データ ソース接続の各コンピューターに正常に接続のテスト Dynamics GP や大草原地帯のデータベースを保持している SQL Server で確認してください。
    1. [スタート] ボタン、[コントロール パネル] をクリックして、 [管理ツール] をクリックし、データ ソース (ODBC)] をクリックします。
    2. システム DSN ] タブをクリックして、Microsoft Dynamics GP または Microsoft ビジネス ソリューションのグレートプレーンズ、起動に使用されているデータ ソースを選択し、[構成] をクリックします。
    3. サーバー名に適切な SQL Server のインスタンスが表示されていることを確認し、[次へ] をクリックします。
    4. Sa ログイン ID のパスワードを入力し、[次へ] をクリックします。
    5. 既定のデータベースを変更するデータベースのファイル名を添付使用して ANSI の引用符付き識別子、および使用して ANSI の null、埋め込み、警告のオプションが選択されていないと、次へをクリックし、ことを確認します。
    6. 次のウィンドウでのオプションの [なし] が選択されているとし、[完了] をクリックすることを確認してください。
    7. [データ ソースのテスト] をクリックし、次のメッセージが表示されることを確認します。
      テストが正常に完了しました!
    8. すべてのウィンドウを終了するのには[ok]をクリックします。
Microsoft Dynamics GP および大草原地帯でのログオンのパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング用の新しい ODBC データ ソースを作成することもできます。 詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
870416 Microsoft Dynamics GP の SQL Server の ODBC データ ソースを設定する方法
先頭に戻る

ウイルス スキャナーのセットアップ

次の除外することをお勧めします。

Microsoft Dynamics GP クライアント上
Dynamics\GP フォルダーを除外します。既定では、このフォルダーは次の場所です。
C:\Program ファイル Dynamics\GP
次のファイル名拡張子を除外する必要があります。
  • .cnk
    これらのファイルは、service pack がインストールされている場合に使用されます。これらのファイルのディレクトリ内で長時間しないでください。
  • .dic と .chm
    これらのファイルは、Microsoft Dynamics GP のヘルプ ファイルです。
  • .set
    これらのファイルは、開始ファイルです。これらのファイルには、インストールされているとは、製品の製品に関する情報が含まれています。
  • .ini
    これらのファイルは、構成ファイルです。これらのファイルは、最近、どのようなデータ ソースを使用して、パスにログオンしているユーザーに関する情報を保持します。
  • .dat
    これらのファイルは、SQL データベースで使用されている ctree .dat ファイルです。
  • .idx
    これらのファイルは、SQL データベースで使用されている ctree インデックス ファイルです。
  • .vba
    これらのファイルは、Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) の変更 Microsoft Dynamics GP のがある場合に使用されます。
  • .log
    これらのファイルは、Dexsql.log ファイルを使用して、エラー メッセージのトラブルシューティングを行う場合、Dexsql.log ファイルによって使用されます。
SQL Server を実行しているコンピューター上
*.Ldf データベース ファイルと、*.mdf データベース ファイルを除外します。


統合マネージャーが実行されている任意のコンピューターで
除外します。MDB または。IMD ファイルと既定のフォルダーを統合マネージャーのコードでは、このフォルダーは次の場所です。

C:\Program ファイル Dynamics\Integration マネージャー


先頭に戻る


Microsoft Dynamics GP 10.0 およびそれ以降のバージョンのホーム ページ上で発生するパフォーマンス上の問題

ホーム ページのセクションの 1 つ以上ありますパフォーマンスの問題にログオンするとき、またはホーム ページを更新します。この問題の原因を特定するには、次の手順を実行します。
  1. [ホーム] ページで、このページのカスタマイズ] リンクをクリックします。
  2. マークのコンテンツを表示する] セクションでは、それぞれの領域をオフにします。
  3. 変更を適用するには、[ OKを] をクリックします。
  4. [ホーム ページのカスタマイズ] ウィンドウでは、ホーム ページに戻る項目を追加します。これを行うには、アイテムの横にチェック ボックスをオンにする] をクリックします。ページで読み込みにかかる時間をテストするには、各項目を追加した後、ホーム ページを更新します。
次の機能は、ホーム ページのパフォーマンスに影響があります。
  • Outlook の統合
    Microsoft Exchange サーバーとの遅延時間には、Microsoft Dynamics GP のホーム ページのパフォーマンスの問題が発生します。
  • ホーム ページには、セクションの [アラーム] 領域で SmartList のお気に入り
    アラームを返されるレコードの数を持つ SmartList の [お気に入り] にリンクされている Microsoft Dynamics GP のホーム ページのパフォーマンスの問題があります。たとえば、返されたレコードが 1,000 を超える場合に、この問題が発生する可能性があります。
先頭に戻る

テクニカル ・ サポートによるトラブルシューティング

場合はパフォーマンスの問題を解決できない場合は、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに問い合わせる前に、次の質問の一覧を確認します。これらの質問に対する回答は、パフォーマンスの問題のトラブルシューティングを行うサポート担当者に役立ちます。
  1. パフォーマンスの問題を再現するための手順は何ですか。
  2. 転記するときにパフォーマンスの問題が発生した場合は、次の質問に答えます。
    • 投稿はどのようなモジュールまたはモジュールですか。
    • トランザクション数は、バッチ内にありますか。
    • どのくらいの期間は、転記プロセスのですか。
    • 時間でした、転記プロセスのパフォーマンスの問題が発生する開始する前にしますか。または、転記プロセス常になっている時間がかかるでしょうか。
  3. 簡単に再現できるパフォーマンスの問題はパフォーマンスの問題が発生するランダムか。
  4. すべてのコンピューターでパフォーマンスの問題を再現することができますでしょうか。
  5. 具体的には、再現できるかパフォーマンス上の問題と、Microsoft SQL Server を実行しているコンピューターで直接作業を行っていますか。
  6. パフォーマンスの問題が発生した場合、エラー メッセージが表示の操作を行いますでしょうか。またはは、プロセスだけが応答を停止しますか。
  7. Microsoft Dynamics GP とは、どのようなその他の製品またはサード ・ パーティ製品を使用してください。

    注: <b>パフォーマンスの問題が発生しているコンピューター上の Dynamics.set ファイルからこの情報を取得します。
  8. Microsoft Dynamics GP ですべてのカスタマイズを使用していますか。
  9. 変更またはネットワークで問題が発生しましたか。これらの変更と問題可能性があります以下に示します。
    • 新しいハードウェア
    • ウイルス対策ソフトウェアなどの新しいソフトウェア
    • 最新のサーバーがクラッシュします。
  10. 実行している SQL Server 専用のサーバーは、Microsoft Dynamics GP のコンピューターと呼びます。統合またはレプリケーションなど、SQL Server を実行しているコンピューターで実行されている他のすべてのプロセスがありますか。
  11. 何人のユーザーがシステムにログオン、パフォーマンスの問題が発生したときでしょうか。
  12. SQL Server を実行しているコンピューター上の物理的な現象がありますか。プロセッサ使用率が 100% ですか。プロセッサのライトですか。
先頭に戻る

トラブルシューティングに関する追加情報のソース

システム情報ツール

次のコンピューターのハードウェア仕様を取得するのにはシステム情報ツールを実行します。
  • SQL Server を実行しているコンピューター
  • クライアント ワークステーション
  • ターミナル サーバーを実行しているコンピューター
この情報を入手するには、各コンピューターで以下の手順を実行。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 msinfo32と入力し、[OK] をクリックします。
  2. ファイルをクリックし、保存ファイルにこの情報を保存する] をクリックします。
先頭に戻る

トレース ログ

パフォーマンスの問題を再現するには、Dexsql.log ファイルと SQL トレースを作成します。 詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。
850996 Microsoft Dynamics GP の Dexsql.log ファイルを作成する方法
857246 プロファイラーを Microsoft SQL Server 2000年上で SQL トレースを作成する方法
詳細トレースを有効にするには、マスター データベースに対して次のスクリプトを実行するのに SQL クエリ アナライザーを使用します。
DBCC Traceon (1204,3605 -1)
注: <b>このトレース フラグは、SQL Server エラー ログ内のデッドロックの詳細をキャプチャします。SQL Server エラー ログを表示するには、SQL Enterprise Manager を起動します。管理] をクリックし、 SQL Server のログ] をクリックします。

先頭に戻る

SQLDIAG ツール

パフォーマンスの問題を再現するには、Sqldiag.txt 出力ファイルを作成します。 詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
850527 SQLDIAG の診断ツールの説明
先頭に戻る

アプリケーション ログ

SQL Server を実行しているコンピューター上のアプリケーション ログに記録されている情報は役に立つ可能性があります。アプリケーション ログに記録されている情報を取得するには、次の手順に従います。
  1. [スタート] ボタン、 [管理ツール] をポイントし、[イベント ビューアー] をクリックします。
  2. イベント ビューアーで、[アプリケーション] をクリックしてアクションログ ファイルの名前を付けて保存] をクリックします。
先頭に戻る


追加


詳細については、パフォーマンス ・ ホワイト ・ ペーパーを確認してください。

https://mbs.microsoft.com/customersource/northamerica/GP/learning/documentation/white-papers/MDGP2010_WhitePaper_Performance




連絡先情報

Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡をするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: <b>サブカテゴリの選択としては、システム マネージャーで SQLを選択します。

または、888-477-7877 での Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに電話します。

先頭に戻る

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:898982 - 最終更新日: 12/14/2015 19:04:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0, Microsoft Business Solutions-Great Plains 7.5, System Manager

  • kbprb kbtshoot kbmbsmigrate kbmt KB898982 KbMtja
フィードバック