[FIX] 32 ビット版の SQL Server 2000 SP4 を実行するコンピュータで AWE を有効にすると使用できないメモリ領域がある

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Bug #: 474343 (SQL Server 8.0)
マイクロソフトでは、Microsoft SQL Server 2000 の修正プログラムを 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、新しくリリースされる修正プログラムには、以前にリリースされた SQL Server 2000 の修正プログラムに含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ修正プログラムが含まれています。
概要
この資料では、この修正プログラムのリリースに関する以下の情報について説明します。
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題
  • この修正プログラム パッケージをインストールするための必要条件
  • この修正プログラム パッケージのインストール後にコンピュータを再起動する必要があるかどうか
  • この修正プログラム パッケージが他の修正プログラム パッケージによって置き換えられるかどうか
  • レジストリの変更が必要かどうか
  • この修正プログラム パッケージに含まれるファイル
現象
AWE (Address Windowing Extentions) のサポートが有効になっている場合、SQL Server 2000 の単一のインスタンスでは、コンピュータの物理メモリの 50% までしか使用できません。

: この問題は、x86 ベースのコンピュータまたは x64 ベースのコンピュータで実行する、32 ビット版の Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 のみで発生します。

たとえば、コンピュータに 16 GB の RAM が搭載されていて、AWE が有効になっている場合、SQL Server 2000 の単一のインスタンスでアクセスできるのは、RAM のうちの 8 GB のみです。

AWE が有効になっているかどうかを確認するには、以下のスクリプトを SQL クエリ アナライザから実行します。
sp_configure 'show advanced options', 1goreconfiguregosp_configure 'awe enabled'go
run_value が 1 に設定されている場合、そのサーバーでは AWE が有効になっています。

この現象を確認するには、システム モニタで [SQL Server: Memory Manager] パフォーマンス オブジェクトの [Total Server Memory (KB)] カウンタを表示します。SQL Server Service Pack 3 (SP3) を実行するコンピュータでは、カウンタの値がコンピュータの物理メモリの容量と同じ値まで大きくなることがあります。SQL Server SP4 を実行するコンピュータでは、物理メモリの 50% を超える値が表示されることはありません。

  • この現象が発生するのは、2 GB を超える RAM が搭載されているコンピュータのみです。
  • AWE メモリを使用し、SQL Server 2000 の [max server memory (MB)] の値を物理メモリの 50% 未満に設定すると、この不具合の影響は受けません。
  • AWE は一部のバージョンの SQL Server 2000 では提供されていません。たとえば、MSDE、SQL Server 2000 Standard Edition、SQL Server 2000 Personal Edition、または、SQL Server 2000 ツールのみをインストールした場合には、AWE は使用できません。
  • IA-64 ビット システムで SQL Server 2000 SP4 を実行する場合は、この不具合の影響は受けません。
原因
この現象は、使用できるバッファ ページの総数が、SQL ページ (8 KB) とシステム ページ (4 KB) の不適切な比較に基づいて算出されるために発生します。この問題が IA-64 ビット システムで発生しないのは、この比較を行うコードが実行されないためです。
解決方法

修正プログラムの情報

この修正プログラムは、次のマイクロソフト Web サイトから入手できます。重要 : ダウンロード ファイルは 1 種類のみです。このファイルは、x64 ベースのコンピュータと x86 ベースのコンピュータの両方に対応しています。この修正プログラムで使用されるインストーラのテクノロジにより、プラットフォームが特定され、適切なファイルがインストールされます。

必要条件

SQL Server 2000 Service Pack 4 が必要です。

SQL Server 2000 Service Pack 4 を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

再起動に関する情報

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

レジストリ情報

レジストリを変更する必要はありません。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
x86 ベースのコンピュータ用の SQL Server 2000 (32 ビット版)
   日付           時刻    バージョン         サイズ       ファイル名   -----------------------------------------------------------   14-May-2005  01:11  2000.80.2040.0  9,150,464  Sqlservr.exe
x64 ベースのコンピュータ用の SQL Server 2000 (32 ビット版)
   日付           時刻    バージョン         サイズ       ファイル名     プラットフォーム   ---------------------------------------------------------------------   14-May-2005  01:11  2000.80.2040.0  9,150,464  Sqlservr.exe  x86
: ファイルの依存関係のため、最新の修正プログラムまたは機能には上記以外のファイルが追加されていることがあります。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
AWE の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
274750 SQL Server で 2 GB を超えるメモリを構成する方法
Microsoft SQL Server 更新プログラムの命名方式の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
822499 [INF] Microsoft SQL Server 修正プログラム パッケージの新しい命名方式

リリース後のソフトウェアの修正に関するマイクロソフトの標準的な用語の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
プロパティ

文書番号:899761 - 最終更新日: 12/09/2015 02:34:59 - リビジョン: 8.1

Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbfix kbqfe kbpending KB899761
フィードバック