SQL Server 2005 のレポート ビルダで、SQL Server 2005 Analysis Services のキューブ ベースのレポート モデルを使用した場合に発生することがある既知の問題の一覧

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
はじめに
この資料では、SQL Server 2005 のレポート ビルダで Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services のキューブ ベースのレポート モデルを使用した場合に発生することがある既知の問題について説明します。
詳細
Analysis Services およびレポート ビルダは SQL Server 2005 に統合されています。Analysis Services のキューブに基づくレポート モデルを生成し、それらをレポート ビルダで使用することができます。ただし、以下に示す既知の問題が発生することがあります。
  • レポート ビルダでは、Analysis Services のキューブを使用して生成されたレポート モデルを選択した場合、そのモデル内に含まれている分析観点を選択する必要があります。このとき、最上位のモデル自体を選択しないようにする必要があります。1 つの分析観点に含まれていない項目がレポートに含まれている場合、そのレポートを表示したときにエラーが発生することがあります。
  • ナビゲーション パスに含めることができるエンティティ数とエンティティのリレーションシップ数が制限されます。Analysis Services と同様にレポート ビルダでも、特定のディメンションから関連メジャー グループと 2 番目の関連ディメンションまでの移動に制限されます。今後のバージョンの SQL Server では、ユーザー インターフェイス (UI) でナビゲーション パスの長さが制約されます。SQL Server June 2005 Community Technology Preview (CTP) の UI では、ナビゲーション パスの長さは制約されません。そのため、ナビゲーション パスがこの上限を超えている場合、レポートでエラーが発生することがあります。
  • 親子属性リレーションシップがモデル内に表示されません。
  • Analysis Services によって適用される並べ替え順序はレポートでは保持されません。これは、月などの時間属性で特に明確に現れます。
  • 主要業績評価指標 (KPI) の画像を含むレポートの表示または保存を実行できません。
  • Analysis Services のサーバー コンポーネント内の問題により、サーバー集計ではなく明示的な集計関数をセットに対して使用する式から NULL 値が返されます。明示的な集計関数とは、Sum 集計関数や Count 集計関数などです。
  • 2 種類の DateTime 属性がモデル内に表示されます。一方では、キャプションの書式で DateTime 値が表示されます。たとえば、DateTime 値が 1 July 2004 と表示されます。もう一方では、値の書式で表示される DateTime 値が返されます。たとえば、DateTime 値が 7/1/2004 と表示されます。ただし、SQL Server June 2005 CTP では、どちらの属性の場合も DateTime 値は値の書式で返されます。
関連情報
Analysis Services のキューブ ベースのモデルを作成する方法の関連情報については、SQL Server 2005 Books Online の「How to Create a Model Using Report Manager」を参照してください。

SQL Server 2005 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:899825 - 最終更新日: 12/09/2015 02:35:12 - リビジョン: 1.2

Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition Community Technology Preview, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition Community Technology Preview, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition Community Technology Preview, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition Community Technology Preview

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbinfo KB899825
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)