[FIX することはできません使って Sysprep.exe、イメージを作成、Microsoft Windows Embedded ポイントのサービスの実行しているコンピューターの

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:903936
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
システム準備ツール (Sysprep.exe) を使用して実行するコンピューターが Microsoft Windows Embedded のポイントのサービス (WEPOS) のイメージを作成することはできません。

次のようなエラー メッセージが表示されます可能性があります。
システムが完全にインストールされていません。 もう一度セットアップを実行してください
原因
この問題は Sysprep.exe を実行に必要なファイルが見つからないために発生します。
解決方法
Service Pack 3 せず WEPOS のこの問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. WePOS-KB903936.exe 実行可能なパッケージをダウンロードします。 このソフトウェア更新プログラムを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  2. 送信先コンピューターに WePOS-KB903936.exe ファイルをコピーし、ソフトウェアの更新を抽出するファイルをダブルクリックします。
  3. ソフトウェアの更新を適用すると、各 Sysprep.inf ファイルを作成するの [無人] セクションに、次の情報を追加します。
    InstallFilesPath = c:\windows\fonts
    InstallFilesPath = c:\windows\system32
    メモ 作成した各 Sysprep.inf ファイルの [無人] セクションにこの情報を追加しない]、次のメッセージのような 2 つのエラー メッセージが表示されます可能性があります。
    ファイルが見つかりません
    ミニ セットアップまたはボックス エクスペリエンスの Microsoft 実行するとこれらのエラー メッセージが表示されました。 これらのエラー メッセージが表示されたら、不足しているファイルがこのセクションで前述したファイルのパスにあります。

    メモ ミニ セットアップまたはエラーなしボックス エクスペリエンスの Microsoft を実行するには、次オプション コンポーネントをインストールする WEPOS をインストールするときにする必要があります。
    • 追加のドライバー サポート
    • ローカルの管理ツール
    • 管理クライアントのサポート
    • フォントの追加
    • 追加のコードページ サポート
    • 追加の入力デバイス
    さらに、%SystemRoot%\Font ディレクトリに 8514oemr.fon という名前空ファイルをコピーします。 (メモ帳で作成される空のテキスト ファイルには、動作が)。
インストール WEPOS の Service Pack 3 WEPOS のこの問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. ミニ セットアップまたはエラーなしボックス エクスペリエンスの Microsoft を実行するには、次オプション コンポーネントをインストールする WEPOS を最初にインストールするとする必要があります。
    • 追加のドライバー サポート
    • ローカルの管理ツール
    • 管理クライアントのサポート
    • フォントの追加
    • 追加のコードページ サポート
    • 追加の入力デバイス
  2. この更新プログラムをインストールします。
    メモ SP3 のインストール前に、この更新プログラムをインストールする必要があります。
  3. 任意他 WEPOS 固有システムに必要なされた更新プログラムをインストールします。 (これらの更新する必要がありますがインストール SP3 がインストール前に)。
  4. Windows Embedded ポイントのサービスの用の Service Pack 3 更新プログラムをインストールします。
  5. 最新の SP3 後のセキュリティ更新をインストールします。
  6. すべての必要なドライバーがインストールします。
  7. 8514oemr.fon という名前のファイルを作成し、%SystemRoot%\Font ディレクトリに配置します。 (メモ帳で作成される空のテキスト ファイルには、動作が)。
  8. kbdbhc.dll が既に存在しない場合は kbdbhc.dll という名前のファイルを作成し、%SystemRoot%\System32 ディレクトリに配置します。 (メモ帳で作成される空のテキスト ファイルには、動作が)。
  9. KB903936 ソフトウェアを適用する以外に更新、作成した各 Sysprep.inf ファイルの [無人] セクションに、次の情報を追加する必要があります。
    InstallFilesPath = c:\windows\fonts
    InstallFilesPath = c:\windows\system32

    メモ 作成した各 Sysprep.inf ファイルの [無人] セクションにこの情報を追加していない操作を行います、次のメッセージのような 2 つのエラー メッセージが表示されることがあります:「ファイルが見つかりません」ミニ セットアップまたはボックス エクスペリエンスの Microsoft 実行するとします。
詳細
ソフトウェア更新の用語についてについては、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:903936 - 最終更新日: 01/17/2015 11:19:22 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows Embedded Point of Service, Service Pack 3 for Windows Embedded for Point of Service and Windows Fundamentals for Legacy PCs

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbprb kbpubtypekc kbmt KB903936 KbMtja
フィードバック