Microsoft 分散トランザクション コーディネーター サービスは、NT AUTHORITY\NetworkService の Windows アカウントで実行する必要があります。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:903944
重要: この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。レジストリを変更する前には、必ずレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
256986 Microsoft Windows レジストリについての説明
はじめに
この資料では、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MSDTC) サービスは、Windows で実行する必要があります Microsoft Windows アカウントについて説明します。
詳細
すべての Windows クライアントおよびサーバー オペレーティング システムでは、次の手順を実行するのには、MSDTC サービスを再起動する必要があります。MSDTC サービスを再起動するには、次の手順を実行します。
  1. Windows 8.1 および Windows 8
    、チャームを表示するのには右側からの読み取りの開始画面から検索、およびコマンドを検索 (に、キーボードとマウスを使用する場合、[スタート] 画面で cmd と入力します)検索の結果にプレス アンド ホールドを右クリックしてコマンド プロンプト、や管理者として実行] を選択します。

    Windows 7 および以前のバージョンの
    Windows ロゴ キーを押してキー + R、[実行] ボックスに cmd と入力し、Enter キーを押します。Cmd を右クリックし、管理者として実行] を選択します。
  2. タイプ net stop msdtc、し、ENTER キーを押します。
  3. タイプ net start msdtc、し、ENTER キーを押します。
  4. コンポーネント サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを開きます。これを行うには、開始] をクリックし、実行の種類をクリックしてください dcomcnfg.exeと入力し、[OK] をクリックします。
  5. コンポーネント サービスを展開し、コンピューターを展開し、[マイ コンピューター] を展開します。
  6. マイ コンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  7. [ MSDTC ] タブをクリックし、[セキュリティの構成] をクリックします。
  8. DCT ログオン アカウントのアカウントを"NT AUTHORITY\NetworkService"に変更します。パスワードが必要な場合は、空白のパスワードを入力します。
  9. [OK] を 2 回クリックします。

Windows XP および Windows Server 2003 の

Windows XP で起動して Windows Server 2003 では続行し、MSDTC サービスはNT AUTHORITY\NetworkServiceの Windows アカウントで実行する必要があります。

NetworkServiceアカウント以外のアカウントにアカウントを変更する場合は、分散トランザクションが失敗します。MSDTC サービスは、トランザクションに関連するその他の団体との相互認証を実行できないために、トランザクションが失敗します。MSDTC サービスを使用するローカルのトランザクションも失敗します。

注: <b>他の関係者には、トランザクション マネージャー、リソース マネージャー、またはクライアントができます。

Microsoft Windows NT 4.0 と Windows 2000 の両方では、ドメイン アカウントに既定の MSDTC サービスのアカウントを変更できます。Oracle データベースなどの XA データベースでの XA 回復操作を実行している場合は、Windows 認証を実行するアカウントを変更することがあります。

ただし、Windows Server 2003 および Windows XP の場合は、アカウントを変更することはできません。代わりに付ける必要がありますアクセス許可と、コンピューターにNetworkServiceアカウントを XA 回復操作を実行するために必要なロール、MSDTC サービスが実行されています。

XA 回復操作を設定する方法は、XA データベースごとに固有です。通常、XA データベース上での XA 回復操作を実行できるユーザーの一覧に、MSDTC サービスが実行されているコンピューターのコンピューター アカウントを追加する必要があります。また、 NetworkServiceアカウントが制限付きアカウントであるため、 NetworkServiceアカウントの XA DLL が置かれているフォルダーへのアクセスを提供する必要があります。

MSDTC サービスがNetworkServiceアカウントに [戻る] を実行するアカウントを変更するには、以下の手順を実行します。

警告:[レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題が発生すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある場合があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regedit、し、[OK] をクリックします。
  2. 見つけて、次のサブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDTC
    次のエントリが存在する場合は、手順 6 に進みます。
    • TurnOffRpcSecurity
    • AllowOnlySecureRpcCalls
    • FallbackToUnsecureRPCIfNecessary
  3. TurnOffRpcSecurity エントリを作成します。
    1. [編集] メニューで、新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
    2. タイプ TurnOffRpcSecurity、し、ENTER キーを押します。
  4. AllowOnlySecureRpcCalls エントリを作成します。
    1. [編集] メニューで、新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
    2. タイプ AllowOnlySecureRpcCalls、し、ENTER キーを押します。
  5. FallbackToUnsecureRPCIfNecessary エントリを作成します。
    1. [編集] メニューで、新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
    2. タイプ FallbackToUnsecureRPCIfNecessary、し、ENTER キーを押します。
  6. TurnOffRpcSecurity エントリの DWORD 値を設定します。
    1. TurnOffRpcSecurityを右クリックし、[変更] をクリックします。
    2. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスの [タイプアスペクト値で 1と入力し、[OK] をクリックします。
  7. AllowOnlySecureRpcCalls エントリの DWORD 値を設定します。
    1. AllowOnlySecureRpcCallsを右クリックし、[変更] をクリックします。
    2. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスの [タイプアスペクト値で 0と入力し、[OK] をクリックします。
  8. FallbackToUnsecureRPCIfNecessary エントリの DWORD 値を設定します。
    1. FallbackToUnsecureRPCIfNecessaryを右クリックし、[変更] をクリックします。
    2. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスの [タイプアスペクト値で 0と入力し、[OK] をクリックします。
レジストリの変更を行った後は、MSDTC サービスを再起動する必要があります。MSDTC サービスを再起動するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 cmdと入力し、[OK] をクリックします。
  2. タイプ net stop msdtc、し、ENTER キーを押します。
  3. タイプ net start msdtc、し、ENTER キーを押します。
  4. コンポーネント サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを開きます。[スタート] ボタン、[実行] をクリックするタイプdcomcnfg.exe、し、[OK] をクリックします。
  5. コンポーネント サービスを展開し、コンピューターを展開し、[マイ コンピューター] を展開します。
  6. マイ コンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  7. [ MSDTC ] タブをクリックし、[セキュリティの構成] をクリックします。
  8. DCT ログオン アカウントにアカウントを変更します。NT AUTHORITY\NetworkService.パスワードが必要な場合は、空白のパスワードを入力します。
  9. [OK] を 2 回クリックします。
関連情報
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
816633 「に失敗しました GetXaSwitch 関数の呼び出し」エラー メッセージがインストールされている Oracle 9.x クライアント
899191 Windows Server 2003 Service Pack 1 および Windows XP Service Pack 2 では、分散トランザクション コーディネーター サービスの新機能
Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MSDTC) のアカウントとユーザー権利を管理する方法の詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。 この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。Microsoft 負わない、黙示またはそれ以外の場合、パフォーマンスや信頼性これらの製品です。
MSDTC XP Win2003

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:903944 - 最終更新日: 08/18/2015 02:34:00 - リビジョン: 6.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition

  • kbprb kbtransaction kbtshoot kbinfo kbmt KB903944 KbMtja
フィードバック