現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Word で便箋のように横線が表示された文書を作成 印刷する方法

概要
Word で便箋のような文字列にそった横線を利用する場合 [表示] メニューから表示/非表示を切り替えられるグリット線を利用できます。しかし、グリット線は印刷を行うことができません。横線を含めて印刷を行いたい場合には、横線をオートシェイプとして挿入する必要があります。
詳細
横線を含めて印刷を行いたい場合には以下の手順によって、オートシェイプの直線を挿入する必要があります。事前にグリット線と本文文字列の間隔をあわせておき、グリット線に沿ってオートシェイプの直線を挿入すれば、文字列に沿った横線を引くことができます。

グリット線と本文文字列の間隔をあわせる

グリット線の設定を行う前に、行の間隔を確認しておく必要があります。以下の手順を行ってください。
  1. [書式] メニューの [段落] をクリックします。
  2. [インデントと行間隔] タブを選択し [間隔] の [段落前]、[段落後]、[行間] の値を足し合わせます。
    以下の例では、0 行 + 0 行 + 1 行で、結果は 1 行となります。
  3. [段落] ダイアログボックスを閉じ、 [ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックします。
  4. [文字数と行数] タブを選択し [グリット線] ボタンをクリックします。
  5. [グリット線] ダイアログボックスの [行グリット線の間隔] の値を、手順 2. にて確認した値に設定します。
  6. [グリット線を表示する] チェックボックスをオンに設定し [行グリット線を表示する間隔] を 1 に設定します。
  7. [グリット線] ダイアログボックス、 [ページ設定] ダイアログボックスの [OK] をクリックして、全てのダイアログボックスを閉じます。
以上の操作により、文字列に沿ったグリット線が表示されているはずです。1, 2行試しに入力してみて、文字列とグリット線が揃っていることを確認してください。
続いて、オートシェイプを用いて、直線を文書に追加します。以下の手順を実行することで、全てのページに同じ罫線を設定することができます。

グリット線にあわせて直線を挿入する

  1. [表示] メニューの [ツールバー] をポイントし、 [図形描画] をクリックして、[図形描画] ツールバーを表示しておきます。
  2. [表示] メニューの [ヘッダーとフッター] をクリックして、 [ヘッダーとフッター] ツールバーを表示します。
  3. [図形描画] ツールバーの [直線] をクリックし、本文中のグリット線に重なるように直線を描きます。[Shift] キーを押しながら直線を描くと、真横に線を引くことができます。
  4. 1 ページのすべてのグリット線をなぞり終えたら、 [ヘッダーとフッター] ツールバーの [閉じる] ボタンをクリックします。
  5. 本文に戻りますので [印刷プレビュー] で横線が正しく表示されていることを確認して、印刷を行います。
関連情報

参考

原稿用紙ウィザードを利用する方法

原稿用紙ウィザードを利用すると、作成できる便箋のタイプは限定されますが、より簡単な手順で作成することができます。
  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックします。
  2. [新しい文書] 作業ウィンドウの [コノコンピュータ上のテンプレート] をクリックします。
  3. [論文・報告書] タブの [原稿用紙ウィザード] を選択して、[OK] をクリックし、[原稿用紙ウィザード] を開始します。
  4. 用紙サイズ、印刷の向き、字詰め、文字方向を選択し、[罫線の種類を選択してください] にて [下線] を選択します。

段落罫線を利用する方法

段落罫線を利用することでも便箋のような線を表示できます。
  1. 線を引きたいページに、Enter キーを押してページ全体に改行を挿入します。
  2. ページ全体を範囲選択し、[罫線] メニューから [線種とページ罫線と網掛け] をクリックします。
  3. [線種とページ罫線と網掛け] ダイアログより、[罫線] タブをクリックします。
  4. 画面右下の [設定対象] ボックスより [段落] を選択します。
  5. [線種] ボックスで、表示させる線の種類を選択します。
  6. 画面右の [プレビュー] より、縦に 3 つ並んだ横線が表示されているボタンをそれぞれクリックして、絵の中に 3 本の線が表示されたことを確認し [OK] ボタンをクリックします。
注意 : この操作で表示された罫線は、長文の入力により自動的に行が折り返される行に罫線を表示することはできません。そのため、行末まで文章を入力後は次の行の行頭にカーソルを移動して続きの文章を入力するか、[Enter] キーを押して、次の行を挿入する必要があります。

Office Onlineから入手できるテンプレートを利用する

Office Onlineでは、さまざまな文書テンプレートが準備されています。以下のテンプレートページで、「便箋」と入力して検索を行えば、準備されたテンプレートを入手することができます。
プロパティ

文書番号:906149 - 最終更新日: 03/31/2006 07:11:12 - リビジョン: 1.2

Microsoft Office Word 2003, Microsoft Word 2002

  • kbfaq kbinfo kbhowtomaster KB906149
フィードバック
/html>