現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

BUG: が表示されます 0x800c0008 エラー値が、IMoniker::BindToStorage 関数を HTTPS POST 要求を送信すると、IStream インターフェイスを使用して HTTP POST データを提供するには

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:906379
現象
IMoniker::BindToStorage関数は、HTTP POST 要求を送信する場合は、POST 要求の 0x800c0008 (-2146697208) のエラー値が表示されます。このクライアント プログラムを実装したIBindStatusCallback::OnStopBinding関数のパラメーターのいずれかのエラー値が表示されます。

この問題は、以下の条件に該当する場合に発生します。
  • IMoniker::BindToStorage関数を使用するには、URL にバインドします。
  • IStreamインターフェイスを使用するには、HTTP の POST データを提供します。
  • サーバー証明書に問題があります。
  • 新しい HTTP 接続は、既存の HTTPconnection の代わりに使用されます。
原因
この問題は、URLMON モジュールを処理しませんでした証明書エラー正しく内部的に、URLMON モジュールの新しい接続を確立するときにために発生します。この現象が発生した場合は、URLMON モジュールはエラーのため、HTTP 要求を終了する必要があります。
解決方法

修正プログラムの情報

マイクロソフトから修正プログラムが入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムはさらにテストを受ける可能性があります。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新のリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能になると、このサポートページ上部の「修正プログラムのダウンロード」セクションが有効になります。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせて修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成してください。この修正プログラムの対象にならない追加のサポートには、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス &サポート窓口の電話番号一覧を見たい場合、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームは修正プログラムを入手できる言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能でないためです。

必要条件

Windows XP Service Pack 1 (SP1) または Windows XP Service Pack 2 (SP2) コンピューターにインストールする必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語バージョンのファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) は次の表のとおりです。これらのファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で一覧表示されています。ファイル情報を表示するときに、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻]の[タイム ゾーン] タブを使用します。
Windows XP SP1 には、Internet Explorer 6
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Urlmon.dll6.0.2800.1532462,3362006 年 1 月 26 日09:25x86
Windows XP sp2 の Internet Explorer 6
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Urlmon.dll6.0.2900.2771610,8162005 年 10 月 07 日17:15x86
この修正プログラムを適用した後を有効にするまたはレジストリにレジストリ エントリを追加して、修正プログラムを無効にできます。レジストリ エントリを追加するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行] をクリックして、入力レジストリ エディター、および [ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを探し、クリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main
  3. [編集] メニュー新規作成] をポイントし、[キー] をクリックします。
  4. FeatureControlと入力し、enter キーを押します。
  5. FeatureControl] を右クリックして新規作成をポイントし、[キー] をクリックします。
  6. 種類のFEATURE_SHOW_CERT_WARNINGS_ON_POST_FROM_ISTREAM_KB906379、し ENTER キーを押します。
  7. FEATURE_SHOW_CERT_WARNINGS_ON_POST_FROM_ISTREAM_KB906379を右クリックし、新規作成] をポイント [ DWORDValue] をクリックします。
  8. Iexplore.exeまたは*を入力し、ENTER キーを押します。

    メモ この手順では、* すべての実行可能ファイルを表します。
  9. Iexplore.exe] をダブルクリック、値のデータ] ボックスに1と入力、修正プログラムを有効にするのには[OK ] をクリックします。

    メモ この修正プログラムを無効にするのには、[値のデータ] ボックスで0を入力します。
  10. [ファイル] メニューで、レジストリ エディターを終了する終了をクリックします。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について
URLMON SSL HTTPS BindToStorage IStream

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:906379 - 最終更新日: 01/03/2015 09:47:00 - リビジョン: 4.0

  • kbautohotfix kbwinxppresp3fix kbfix kbbug kbqfe kbHotfixServer kbmt KB906379 KbMtja
フィードバック
/html>ml>body>