現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Microsoft Dynamics GP で余分な空白を作成せずにグラフィカルな発注書に品目のコメントを追加する方法を報告します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:906709
概要
この資料では、レポート ライターでレポートを開く方法およびレポートのセクションを変更する方法について説明します。新しい集計フィールドを作成する方法、既存の集計フィールドを変更する方法、およびレポートのレイアウトを調整する方法についても説明します。
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP および Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯では、余分な空白を作成することがなくグラフィカルな購買注文レポートに行の項目のコメントを追加する方法について説明します。
詳細
注: <b>購入製造元番号フィールドを追加したくない場合にのみ、この手順が動作します。

バックアップを作成し、レポートを開きます

  1. すべてのレポートを変更した場合は、Reports.dicfile のバックアップを作成します。すべてのレポートを変更していない場合は、手順 2 に進みます。

    Locatethe Reports.dic ファイルにこれらの手順に従います。
    1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、システム] をポイントし、起動ファイルの編集] をクリックします。
    2. システム パスワードを入力するプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。
    3. Microsoft Dynamics GP大草原地帯をクリックします。Reports.dic ファイルのパスは、 [レポート] ボックスに表示されます。
    注: <b>Reports.dic ファイルは、レポートを変更している場合にのみ存在します。
  2. レポート ライターを起動し、適切なメソッドを使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 でMicrosoft Dynamics GPツールユーザー設定] をポイントをクリックレポート ライター
    • Microsoft Dynamics GP 9.0 以前のバージョンで [ツール] メニューの[カスタマイズ] をポイントし、レポート ライター
  3. 製品の一覧でMicrosoft Dynamics GPまたは大草原地帯をクリックし[ok]をクリックします。
  4. レポート ライターでレポートをクリックします。
  5. 元のレポートの列では、thepurchase 注文レポートを変更するを選択します。
  6. レポートの変更] 列に、レポートを追加する挿入をクリックします。
  7. [開く] をクリックし、[レイアウト] をクリックします。

レポートのセクションを変更します。

  1. [ツール] メニューで、[ SectionOptionsを] をクリックします。
  2. [その他のフッター ] セクションで、フッターのオプション] ダイアログ ボックスを開くには、新規をクリックします。
  3. フッターの名前] ボックスで次のように入力します。ORD.
  4. レポート テーブルの一覧では、購買注文明細行のプログラムのロールアップ Tempをクリックします。
  5. フィールド] ボックスの一覧では、Ordをクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. [その他のフッターセクションでは、コメント 1 のフッター] をクリックし、し、[削除] をクリックします。

    フッターを削除するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  8. フッターの追加] ボックスの一覧で次のフッターには、手順 7 を繰り返します。
    • コメント 2 のフッター
    • 3 のコメントのフッター
    • 4 のコメントのフッター

集計フィールドを変更します。

  1. リソース一覧で、[ツールボックス] ウィンドウで、フィールドの計算をクリックします。
  2. SSuppressComment1をクリックし、計算フィールドの定義] ダイアログ ボックスを開きます開くをクリックします。
  3. 式の種類] セクションでは、条件付きの] をクリックします。

    現在の式を破棄するのにはメッセージが表示されたら、[続行を] をクリックします。
  4. 式の種類] セクションで[計算を] をクリックします。
  5. 結果の種類] ボックスの一覧で、[整数] をクリックします。
  6. [定数] をクリックします。
  7. 種類] ボックスの一覧で、[整数] をクリックします。
  8. [定数] フィールドで次のように入力します。0追加] をクリックし、[OK] をクリックします。
  9. Calculatedfields を次の手順 1 から手順 8 を繰り返します。
    • sSuppressComment2
    • sSuppressComment3
    • sSuppressComment4

レポートのレイアウトを調整します。

  1. リソース一覧で、[ツールボックス] ウィンドウで、購入のコメントをクリックします。
  2. [コメント] フィールドをレポートのレイアウト] ダイアログ ボックスの [F3 ] セクションにドラッグします。レポートのフィールドのオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。入力してください。1配列のインデックスのフィールドです。
  3. 合計で 4 つのコメントフィールドを追加するように、ステップ 1 とステップ 2 を繰り返します。
    各フィールド、配列 indexfor の入力の表示が出たら 2 2 番目のフィールドでは、次のように入力します。3 3 番目のフィールドと入力し、4 4 番目のフィールドです。
  4. [ F3 ] セクションでは、レポートの横に、Comment4フィールドを移動します。

    注: <b>このコメント フィールドは、レポートの印刷では表示されません。ただし、このコメント フィールドは、計算された fieldwill が動作するようマージンにする必要があります。
  5. コメント テキストフィールドをレポートのレイアウト] ダイアログ ボックスの [B ] セクションにドラッグします。
  6. レポートの余白の外側には、次のフィールドを移動します。
    • 製造元の項目数
    • 製造元
    • 項目の説明
  7. コメントの linesthat のように入力の最大数に収まるように、レポートの本文に sufficientspace を作成するのには [ B ] セクションにドラッグします。

    など 10 行ぢを印刷する場合は、 Bセクションは、10 行をはずです。
  8. Occupythe 全体のBセクションにコメント テキストフィールドのサイズを変更します。
  9. H7 」セクションから、次のテキスト フィールドを削除します。
    • 製造元の項目数
    • 製造元
    • 説明

最初の新しい集計フィールドを作成します。

  1. リソース一覧で、[ツールボックス] ウィンドウで、フィールドの計算] をクリックし、[新規] をクリックします。
  2. 計算フィールドの定義] ダイアログのボックスで、次の設定を指定します。
    • 名前: コメント
    • 式の型:条件付き
    • 結果の型:整数
  3. 条件付き書式のフィールドをクリックします。
  4. フィールド] ボックスの一覧でをクリックしてF3_LASTComment [1]、し、[追加] をクリックします。
  5. [演算子] セクションをクリックして<>
  6. [定数] タブをクリックします。種類] ボックスの一覧で [文字列] をクリックし、[追加] をクリックします。
  7. [演算子] セクションで [ANDを] をクリックします。
  8. F3_LAST コメント [4]をクリックして、[フィールド] ボックスの一覧で、[フィールド] タブで、追加] をクリックします。
  9. [演算子] セクションでは、=をクリックします。
  10. [定数] タブをクリックします。種類] ボックスの一覧で [文字列] をクリックし、[追加] をクリックします。
  11. True の場合] フィールドをクリックします。
  12. 定数] タブ、[種類] ボックスの一覧で、[整数] をクリックします。[定数] フィールドで次のように入力します。 1、し、[追加] をクリックします。
  13. False の場合のフィールドをクリックします。
  14. [定数] フィールドに [定数] タブで次のように入力します。 0、し、[追加] をクリックします。

    集計フィールドは、次のようになります。
    式の条件: F3_LAST コメント [1] <> </>'' と F3_LAST コメント [4] = ' '
    TRUE の場合: 1
    FALSE の場合: 0
  15. [OK] をクリックします。

2 番目の新しい集計フィールドを作成します。

  1. [新規] をクリックします。
  2. 計算フィールドの定義] ダイアログのボックスで、次の設定を指定します。
    • 名前: Comment2
    • 式の型:条件付き
    • 結果の型:整数
  3. 条件付き書式のフィールドをクリックします。
  4. リソース] ボックスの一覧では、購入のコメントをクリックします。フィールド] ボックスの一覧で [コメント] をクリックし、し、[追加] をクリックします。タイプ4 場合、arrayindex の入力を求められます。
  5. [演算子] セクションをクリックして<>
  6. [定数] タブをクリックします。種類] ボックスの一覧で [文字列] をクリックし、[追加] をクリックします。
  7. True の場合] フィールドをクリックします。
  8. 定数] タブ、[種類] ボックスの一覧で、[整数] をクリックします。[定数] フィールドで次のように入力します。 1、し、[追加] をクリックします。
  9. False の場合のフィールドをクリックします。
  10. [定数] フィールドに [定数] タブで次のように入力します。 0、し、[追加] をクリックします。

    集計フィールドは、次のようになります。
    式の条件: POP_Comment.Comment[4] <> </>' '
    TRUE の場合: 1
    FALSE の場合: 0
  11. [OK] をクリックします。

レポート セクションの設定を変更します。

  1. [ツール] メニューで、[ SectionOptionsを] をクリックします。
  2. フッターの追加] セクションでは、ORDをクリックし、し、[開く] をクリックします。
  3. 抑制するとフィールド IsEmpty ] チェック ボックスをオンにします。集計フィールド] ボックスの一覧で [コメント] をクリックします。
  4. [OK] をクリックします。
  5. コメント 2をクリックして、[集計フィールド] ボックスの一覧で [本文] セクションで、 [ok]をクリックします。

レポートを保存します。

  1. [レポートのレイアウト] ダイアログ ボックスを閉じます。

    変更を保存するメッセージが表示されたら、[保存] をクリックします。
  2. レポートの定義] ダイアログ ボックスで [ OKを] をクリックします。
  3. [ファイル] メニューには、 MicrosoftDynamics GPまたはMicrosoft ビジネス ソリューションの GreatPlainsをクリックします。

レポートへのアクセスを許可

Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯 8.0 および 9.0 の Microsoft Dynamics GP

方法 1: 高度なセキュリティ機能を使用して

  1. [ツール] をクリックしてセットアップ] をポイントし、ポイントシステムにして、セキュリティの詳細設定] をクリックします。システム パスワードを入力するプロンプトが表示されました。
  2. ビュー] をクリックし、 byAlternate、[更新日時] および [カスタム] をクリックします。
  3. 次のノードを展開します。
    • 大草原地帯
    • レポート
    • 購入
  4. 発注書フォームにその youmodified を展開します。
  5. 大草原地帯 (の変更)をクリックします。
  6. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。

    注: <b>既定では、セキュリティの詳細設定] ダイアログ ボックスを開くと現在のユーザーと現在の会社が選択されます。行う任意の changesthat は、現在のユーザーの現在の会社です。ただし、会社] 領域で、し、[ AdvancedSecurity ] ダイアログ ボックスの [ユーザー ] 領域では、他のユーザーや企業を選択できます。

方法 2: 標準的な Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯のセキュリティを使用して、

  1. [ツール] をクリックしてセットアップ] をポイントし、システム] をポイントし、し、[セキュリティ] をクリックします。

    ダイアログ ボックスが表示されたら、systempassword を入力します。
  2. ユーザー ID ] ボックスの一覧で、レポートにアクセスするユーザーのユーザー ID をクリックします。
  3. 種類] ボックスの一覧では、 ModifiedReportsをクリックします。
  4. 系列] ボックスの一覧で、[購入を] をクリックします。
  5. アクセス] ボックスの一覧ボックスで、変更すると、レポートをダブルクリックし、し、[ OK] をクリックします。

    レポート名の横にアスタリスク (*) が表示されます。

Microsoft Dynamics GP 10.0

  1. 変更後のレポートを印刷するのには ID を作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GPツール] をポイントし、設定] をポイントし、システムセキュリティ] をポイントを代替/変更フォームとレポート] をクリックします。

      システムのパスワードのプロンプトが表示されたら、システムのパスワードを入力します。
    2. ID ] ボックスに ID を入力し、 [説明] ボックスに説明を入力します。
    3. [製品] フィールドに、 Microsoft Dynamics GP ] をクリックし、レポートの [タイプ] フィールドをクリックします。
    4. シリーズを展開し、レポートの変更] をクリックします。
    5. [保存] をクリックします。
  2. 変更後のレポートを印刷するのにはセキュリティを割り当てます。、これを行うためには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GPツール設定] をポイントし、システムセキュリティ] をポイントをユーザーのセキュリティ] をクリックします。
    2. ユーザー ID には、会社のデータベースをクリックします。
    3. /更新日時の代替のフォームおよびレポートの ID ] フィールドの横にあるメニューをクリックし、手順 1 b で作成した ID] をクリックします。
    4. 変更を保存し、レポートを印刷します。
関連情報
用の Microsoft グレートプレーンズ 7.5 の行アイテムのコメントを追加する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
888409 Microsoft グレートプレーンズ 7.5 余分な空白を作成せずにグラフィカルな発注書に品目のコメントを追加する方法を報告します。
RW、POP

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:906709 - 最終更新日: 04/04/2016 22:21:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0, Purchase Order Processing, Report Writer

  • kbnosurvey kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbhowto kbmt KB906709 KbMtja
フィードバック