Outlook 2003 でサイズの大きな添付ファイルをメッセージに 1 つまたは複数追加すると、Exchange Server 2003 または Exchange 2000 Server を実行しているサーバーでパフォーマンスの問題およびデータベースの極端な肥大化が発生する

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
次の事例で説明します。ユーザーが Microsoft Office Outlook 2003 でサイズの大きなファイルをメッセージに 1 つまたは複数添付します。Outlook 2003 はオンライン モードで実行されています。これらの添付ファイルのサイズが原因で、そのメッセージは Microsoft Exchange Server 2003 または Microsoft Exchange 2000 Server で構成されているサイズ制限を超えます。ユーザーがこれらの添付ファイルを 1 つまたは複数追加した場合に、次のいずれかまたは両方の現象が発生します。
  • Exchange Server 2003 または Exchange 2000 Server を実行しているサーバーでパフォーマンスの問題が発生します。
  • Exchange Server 2003 または Exchange 2000 Server を実行しているサーバーでデータベースの極端な肥大化が発生します。
原因
この問題は、メッセージの最大サイズの制限を超える要因となる可能性のあるファイルをメッセージに添付する場合に、ファイルが添付されないようにする機能が Outlook 2003 にはないことが原因で発生します。Outlook 2003 がオンライン モードで実行されている場合、添付ファイルがサーバーで構成されているメッセージのサイズ制限を超えていても、Outlook 2003 では添付ファイルのデータが Exchange Server 2003 サーバーまたは Exchange 2000 Server サーバーに送信されます。
解決方法
この問題は、当初、修正プログラムで修正されましたが、その修正内容は現在 Service Pack に含まれています。Office 2003 の最新の Service Pack をインストールした場合、この修正プログラムをインストールする必要はありません。

Service Pack の情報

この問題は、Office 2003 Service Pack 3 で修正されています。この問題を解決するには、Office 2003 の最新の Service Pack を入手します。詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
870924 最新の Office 2003 Service Pack を入手する方法

修正プログラムの情報

修正プログラムの入手方法

この問題は、Outlook 2003 Service Pack 2 以降の修正プログラム パッケージ (2005 年 11 月 7 日) で修正されています。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
898457 Outlook 2003 Service Pack 2 以降の修正プログラム パッケージ (2005 年 11 月 7 日) について
: この修正プログラムは、以下のすべての条件に該当する場合にのみ適用されます。
  • Outlook 2003 をオンライン モードで使用している。
  • Outlook 2003 を Exchange Server 2003 または Exchange 2000 Server と共に使用している。
  • Exchange Server 2003 を実行している場合は、Exchange Server 2003 Service Pack 2 (SP2) または次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている修正プログラムのいずれかがサーバーにインストールされている。
    894795 構成されたサイズ制限を超えるメッセージが、Exchange Server 2003 を実行しているサーバーに送信される
  • Exchange 2000 Server を実行している場合は、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている修正プログラムがサーバーにインストールされている。
    885917 構成されたサイズ制限を超えるメッセージが、Exchange 2000 Server を実行しているサーバーに送信される
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題は、Office 2003 Service Pack 3 で最初に修正されました。
詳細
この修正プログラムによって、ユーザーがメッセージに添付ファイルを追加するときに、Outlook 2003 で添付ファイルのサイズをチェックできる機能が追加されます。この機能は、Outlook 2003 でメッセージに追加される添付ファイルの合計サイズを追跡するカウンタを使用して実装されています。

ユーザーがメッセージに添付ファイルを追加すると、Outlook 2003 では、カウンタの現在の値に追加された添付ファイルのサイズがメッセージの最大サイズの制限を超えているかどうかがチェックされます。カウンタの現在の値に追加された添付ファイルのサイズが最大サイズの制限を超えている場合、添付ファイルはメッセージに追加されません。また、ユーザーには添付ファイルがメッセージに追加されないことを通知するメッセージが表示されます。

  • メッセージから添付ファイルが削除されると、カウンタはリセットされます。
  • このカウンタでは、添付ファイルのサイズだけが追跡されます。埋め込みメッセージのサイズは変わる可能性があるので、埋め込みメッセージは追跡されません。
プロパティ

文書番号:908507 - 最終更新日: 01/16/2015 09:08:01 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kboffice2003sp3fix kbemail kbattachments kbqfe kbbug kbfix KB908507
フィードバック