現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2003 または Windows XP を実行しているコンピュータで RPC エンジンの問題が原因で Office Outlook 2003 が応答を停止することがある

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
次の製品を同時に使用しています。
  • Microsoft Office Outlook 2003 またはそれ以降のバージョンの Outlook
  • Microsoft Exchange
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) または Microsoft Windows Server 2003
この構成で、次のいずれかまたは複数の現象が発生することがあります。
  • ネットワーク障害や接続の問題が原因で、Outlook クライアントが応答を停止します。必要な機能をすべて回復するには、Outlook クライアントの再起動が必要になることがあります。

    : ネットワーク障害や接続の問題は、ワイヤレス環境で発生することがある問題と似ています。
  • [HTTP を使用して Exchange のメールボックスに接続する] の機能を使用して Exchange サーバーに接続しようとした場合に、Outlook クライアントが応答を停止します。この状況は、インターネット経由で Exchange サーバーに接続する場合に多く発生します。
  • Exchange サーバーが、Outlook 2003 またはそれ以降のバージョンの Outlook からのクライアント要求を処理するときに、Exchange サーバーが応答を停止します。必要な機能をすべて回復するには、Exchange サーバーの再起動が必要になることがあります。
Windows XP SP2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) では、非同期のリモート プロシージャ コール (RPC) や RPC over HTTP 機能を使用するアプリケーションで、RPC エンジンの信頼性の問題が発生することもあります。RPC エンジンの信頼性の問題を示す現象には、以下の現象などがあります。
  • クライアント アプリケーションで、処理不能なアクセス違反の例外を報告するエラー メッセージが表示されます。
  • RPC を使用するクライアント アプリケーションが応答を停止します。
また、Microsoft Windows Server 2003 R2 で DSFR サービスを使用すると、以下のいずれかの現象が発生することがあります。
  • DFSR サービスが応答を停止します。必要な機能をすべて回復するには、DFSR サービスの再起動が必要になることがあります。
  • DFSR サービスで DFS のルート データがレプリケートされません。必要な機能をすべて回復するには、DFSR サービスの再起動が必要になることがあります。
原因
これらの問題は、RPC エンジン (Rpcrt4.dll) の問題が原因で発生します。
解決方法

Windows Server 2003

更新プログラムの情報

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


Windows Server 2003 (x86 ベース)
ダウンロード908521 パッケージ

Windows Server 2003 (Itanium ベース)
ダウンロード908521 パッケージ

Windows Server 2003 (x64 ベース)
ダウンロード908521 パッケージ

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。
必要条件
この更新プログラムを x86 ベースおよび Itanium ベースのバージョンの Windows Server 2003 に適用するには、Windows Server 2003 SP1 がコンピュータにインストールされている必要があります。
再起動の必要性
この更新プログラムの適用後に、コンピュータを再起動する必要があります。
更新プログラムの置き換えに関する情報
この更新プログラムを適用しても、他の更新プログラムが置き換えられることはありません。
ファイル情報
Windows Server 2003 (x86 ベース)
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の必要性区分
Rpcrt4.dll5.2.3790.2568642,5602005/11/1019:52x86SP1SP1GDR
Rpcrt4.dll5.2.3790.2568642,5602005/11/1020:01x86SP1SP1QFE

Windows Server 2003 (Itanium ベース)
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の必要性区分
Rpcrt4.dll5.2.3790.25682,459,1362005/11/1020:22IA-64SP1SP1GDR
Wrpcrt4.dll5.2.3790.2568626,1762005/11/1020:22x86SP1WOW
Rpcrt4.dll5.2.3790.25682,459,6482005/11/1020:22IA-64SP1SP1QFE
Wrpcrt4.dll5.2.3790.2568626,1762005/11/1020:22x86SP1WOW

Windows Server 2003 (x64 ベース)
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の必要性区分
Rpcrt4.dll5.2.3790.25681,716,7362005/11/1020:01x64SP1SP1GDR
Wrpcrt4.dll5.2.3790.2568626,1762005/11/1020:22x86SP1WOW
Rpcrt4.dll5.2.3790.25681,717,2482005/11/1020:22x64SP1SP1QFE
Wrpcrt4.dll5.2.3790.2568626,1762005/11/1020:22x86SP1WOW

Windows XP

更新プログラムの情報

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


Windows XP SP2
ダウンロード908521 パッケージ

Windows XP Professional x64 Edition
ダウンロード908521 パッケージ

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。
必要条件
この更新プログラムを x86 ベースのバージョンの Windows XP に適用するには、Windows XP SP2 がコンピュータにインストールされている必要があります。
再起動の必要性
この更新プログラムの適用後に、コンピュータを再起動する必要があります。
更新プログラムの置き換えに関する情報
この更新プログラムを適用しても、他の更新プログラムが置き換えられることはありません。
ファイル情報
Windows XP SP2
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の必要性区分
Rpcrt4.dll5.1.2600.2794581,6322005/11/1019:22x86SP2SP2GDR
Rpcrt4.dll5.1.2600.2794582,1442005/11/1019:20x86SP2SP2QFE

Windows XP Professional x64 Edition
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の必要性区分
Rpcrt4.dll5.2.3790.25681,716,7362005/11/1020:01x64SP1SP1GDR
Wrpcrt4.dll5.2.3790.2568626,1762005/11/1020:22x86SP1WOW
Rpcrt4.dll5.2.3790.25681,717,2482005/11/1020:22x64SP1SP1QFE
Wrpcrt4.dll5.2.3790.2568626,1762005/11/1020:22x86SP1WOW
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
プロパティ

文書番号:908521 - 最終更新日: 08/24/2007 20:01:57 - リビジョン: 3.5

Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows XP Service Pack 2

  • atdownload kbqfe kbhotfixserver kbwinserv2003sp1fix kbwinxppresp3fix kbbug kbfix kbpubtypekc KB908521
フィードバック