Entourage 2004 Mac クライアントが Exchange Server を実行しているフロントエンド サーバーに接続を使用している場合は、メールボックスの代理人を割り当てることはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

909269
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
以下のシナリオを考えます。 Mac クライアント コンピューターを Microsoft Entourage 2004 使用しています。 クライアント コンピューターが Microsoft Exchange Server を実行しているフロントエンド サーバーに接続します。 このシナリオには、メールボックスのデリゲートを割り当てますことはできません。
原因
この現象は Entourage で、代理人アクセスのセットアップ プロセスがユーザーのメールボックスを含むバックエンド Exchange サーバーを指すために発生します。 この動作は、既定の動作です。 したがって、委任ルールは、バックエンド Exchange サーバーで設定する必要があります。

自分のメールボックスの代理人を割り当てる場合は、Entourage バックエンド Exchange サーバーに MAPI アクセスを直接があります。 Entourage は、パッケージの MAPI ライブラリを使用して、バックエンドの Exchange サーバーへの直接の MAPI アクセスを取得します。 Entourage では、これらの MAPI ライブラリを使用して、次タスクを実行します。
  • 代理人をミーティング関連の項目を送信する転送ルール有効にします。 転送ルールを有効にすると [ 代理アクセス権 ] ダイアログ ボックスの [ 自分に送信された会議関連メッセージの代理人 </a0>] チェック ボックスがオンです。

    メモ このチェック ボックスは、編集者アクセス権を代理人に割り当てるときに、予定表フォルダーにのみ適用されます。
  • サーバー側「の代理送信」アクセス許可を有効にします。 このアクセス許可は自動的に、メールボックスの代理人を割り当てると有効になります。 Entourage UI には、この設定のチェック ボックスはありません。
回避策
この現象を回避するには記載されているメソッドのいずれかをここで使用します。

方法 1: バック エンド サーバーに Entourage をポイントします。

参照できます Entourage バックエンド Exchange サーバーに、次の条件に該当する場合。
  • Entourage クライアントは、企業ネットワーク内にあります。
  • Entourage は、バックエンド Exchange サーバーへの直接アクセスをします。
メモ これらの手順は、Entourage クライアントが企業ネットワークの外部にある場合動作しません。

バックエンド Exchange サーバーに、ポイント Entourage に次の手順に従います。
  1. Entourage を起動します。
  2. [ ツール ] メニューの [ アカウント ] をクリックします。
  3. [ Exchange ] タブで、Exchange アカウント] をクリックし、 編集 します。
  4. [ 代理人 ] タブでは [代理人 ] の [詳細設定] をクリックします。
  5. 委任サーバー ] ボックスに、[バックエンド Exchange サーバーの名前を入力します。
  6. [ OK] をクリックします。
や、メールボックス内にあるフォルダー、メールボックスの代理人としてには、ユーザーを指定するには 代理人 ] タブの 追加 [代理人 でクリックします。

方法 2: デリゲートを割り当てるフォルダーに直接アクセス権を割り当てる

Entourage クライアントが企業ネットワークの外部にある、いる場合は、デリゲートを割り当てるフォルダーに直接アクセス権を割り当てることができます。 受信トレイ] フォルダーを予定表フォルダーと [連絡先] フォルダーの共有アクセス許可割り当てることができます。 これらのフォルダーの共有アクセス許可の割り当て、次の手順に従います。
  1. Entourage を起動します。
  2. [ フォルダー の一覧で 受信トレイ フォルダーを Exchange メールボックスを右クリックを 共有 をクリックします。
  3. [ アクセス許可 ] タブの [ ユーザーの追加 ] をクリックします。
  4. ユーザー名または共有のアクセス許可を割り当てるユーザーの表示名を入力し、 [検索 します。
  5. 適切なユーザーをクリックし、 [OK] を実行します。
  6. [ アクセス許可 ] タブはして、 アクセス許可レベル のボックスの適切な設定を [手順 5 で、追加したユーザーをクリックします。 また、アクセス許可レベルを個々 の適切なアクセス許可を選択してカスタマイズできます。
  7. [ OK] をクリックします。
  8. 予定表フォルダーや [連絡先] フォルダー、手順 1 7 ~ を繰り返します。
共有アクセス許可を割り当て、担当者にユーザー Outlook または Entourage 電子メール クライアント上で自分のフォルダーにアクセス今すぐことができます。 ユーザーは、「の代理送信」アクセス許可を持ちませんことに注意ください。 したがって、ユーザーことはできませんまたはメールの送信にあなたの代わりに会議をスケジュールします。
状況
これは仕様によるものです。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:909269 - 最終更新日: 01/16/2015 09:11:32 - リビジョン: 1.4

  • Microsoft Entourage 2004 for Mac
  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB909269 KbMtja
フィードバック