/integrate スイッチを使用して修正プログラム 900725 を Windows XP Service Pack 2 インストール ソース ファイルに統合するときに、アクセス違反エラーが表示される

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows XP Service Pack 2 (SP2) と統合されている Microsoft Windows XP インストール ソース ファイルに、/integrate スイッチを使用して修正プログラム 900725 を統合すると、アクセス違反エラーが表示されます。このエラーは、そのインストール ソース ファイルに他の修正プログラムが既に統合されている場合に発生します。
解決方法

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次の Windows XP Service Pack がリリースされるまで待つことを推奨します。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 : Microsoft Support 担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Windows XP SP2 と統合されている Windows XP インストール ソースが必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

ファイル名バージョンサイズ日付時刻プラットフォームSP の必要性区分
Linkinfo.dll5.1.2600.283919,9682006/02/0212:06x86SP2SP2QFE
Shell32.dll6.0.2900.28398,358,9122006/02/0212:06x86SP2SP2QFE
Shlwapi.dll6.0.2900.2839473,6002006/02/0212:06x86SP2SP2QFE
Winsrv.dll5.1.2600.2839329,2162006/02/0212:06x86SP2SP2QFE
Xpsp3res.dll5.1.2600.283938,9122006/02/0117:19x86SP2SP2QFE

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
プロパティ

文書番号:909608 - 最終更新日: 01/15/2015 17:41:30 - リビジョン: 1.6

  • Microsoft Windows XP Service Pack 2
  • kbnosurvey kbarchive kbwinserv2003presp2fix kbqfe kbhotfixserver kbwinxpsp2fix kbbug kbfix kbpubtypekc KB909608
フィードバック