現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

うるう秒に関する Windows タイム サービスの処理

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
この資料では、うるう秒に関する Windows タイム サービスの処理について説明します。
詳細

Windows タイム サービスがネットワーク タイム プロトコル (NTP) クライアントとして機能している場合

Windows タイム サービスは、うるう秒を含むパケットを受信したとき、Leap Indicator 値を反映しません (Leap Indicator 値は、これから発生するうるう秒が現在の日付の最後の分に挿入するものか、最後の分から削除するものかを示します)。このため、うるう秒が発生すると、Windows タイム サービスを実行している NTP クライアントが、実際の時刻より 1 秒進むことになります。この時間の差は、次の同期のときに解決されます。

Windows での時間の同期の詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。

Windows タイム サービスが NTP サーバーとして機能している場合

Windows タイム サービスが NTP サーバーとして機能している場合、Windows タイム サービスには、うるう秒を明示的に反映する方法はありません。

ただし、外部の NTP サーバーが、値が 01 である Leap Indicator を Windows タイム サービスの NTP サーバーに送信すると、Windows NTP サーバーは次の NTP クライアントに同じ値を送信します。

プロパティ

文書番号:909614 - 最終更新日: 06/19/2012 13:50:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Web Server 2008, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Business, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Starter, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems

  • kbinfo KB909614
フィードバック