現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SQL Server 2005 のインスタンスを手動でアンインストールする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:909967
概要
この資料では Microsoft SQL Server 2005年のスタンドアロン インスタンスを手動でアンインストールする方法について説明します。追加または削除するプログラムを使用して、SQL Server 2005 をアンインストールできない場合にのみ、この資料の手順を完了します。SQL Server 2005 をアンインストールするプログラム追加と削除を使用する方法の詳細についてを参照してください。 方法: SQL Server 2005 (セットアップ) の既存のインスタンスをアンインストールします。

この資料の手順を実行するときにもを準備する、システムを SQL Server 2008 を再インストールすることができます。

注: <b>維持するためにまたは SQL Server 2008 のインスタンスを更新するには、サービスとしてログオンする権限を持つローカル管理者をする必要があります。

SQL Server 2005 のスタンドアロンのインスタンスをアンインストールする前に、の考慮事項

  • SQL Server 2005 をアンインストールするプログラムを使用することをお勧めします。ただし、インストールが失敗した場合、またはプログラムは SQL Server 2005 のインスタンスをアンインストールできない場合は、インスタンスを手動でアンインストールするには、この資料の手順に従います。
  • 以前のバージョンの SQL Server と SQL Server 2008 を実行しているコンピューターで Enterprise Manager および SQL DMO の依存している他のプログラムが無効になります。次の状況では、この問題が発生します。
    • SQL Server 2008、SQL Server 2000、および Microsoft SQL Server 7.0 は 1 つ以上のこれらのインスタンスがアンインストールされるの任意の組み合わせのサイド バイ サイド インストール
    • SQL Server 2000年と SQL Server 2008 の後に SQL Server 2000年がインストールされている、SQL Server 2008 のサイド バイ サイド インストール
    この問題は、SQL Server の SQL DMO の COM ライブラリの登録を削除すると発生します。

    Enterprise Manager および SQL DMO の依存関係を持つ他のプログラムを再度有効にするには、SQL DMO を登録します。コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力、ENTER キーを押します。
    regsvr32.exe sqldmo.dll
  • 必要最小限の物理メモリを持つコンピューターから SQL Server コンポーネントを削除する前に、ページファイルのサイズが十分なことを確認します。ページファイルのサイズは物理メモリの 2 倍に等しいことがあります。仮想メモリの不足のためには、不完全な SQL Server の削除を可能性があります。

SQL Server 2008 のインスタンスをアンインストールする前に

  • データをバックアップしてください。

    データベースの現在の状態を保存するがあります。システム データベースに対して行った変更を保存することも。どちらの場合も、SQL Server をアンインストールする前に、データをバックアップすることになっていることを確認します。または、MSSQL フォルダー以外のフォルダー内のすべてのデータとログ ファイルのコピーを保存します。(MSSQL フォルダーは、アンインストール処理中に削除します)。

    ファイル保存する必要がありますにはには、次のデータベース ファイルが含まれます。
    注: <b>これらのファイルは、SQL Server 2005 の一部としてインストールされます。
    • Distmdl.*
    • Master.*
    • Mastlog.*
    • Model.*
    • Modellog.*
    • Msdbdata.*
    • Msdblog.*
    • Mssqlsystemresource.*
    • Northwind.* の (このデータベースは、オプションのインストールです)。
    • Pubs.*
    • Pubs_log.*
    • Tempdb.*
    • Templog.*
    • ReportServer [$インスタンス名(このファイルは、Reporting Services の既定のデータベース)。
    • ReportServer [$インスタンス名TempDB (このファイルは、Reporting Services の既定の一時データベースです)。
  • ローカル セキュリティ グループを削除します。

    SQL Server をアンインストールする前に SQL Server コンポーネントのローカル セキュリティ グループを削除します。詳細については、Windows サービスのアカウントとアクセス許可を構成します。.
  • 保存またはレポート サービスのフォルダー名を変更します。

    レポート サービスと SQL Server のインストールを使用する場合は、保存または、次のフォルダーとサブフォルダーの名前を変更します。
    • \Reporting サービスの既定のパス
    • \MSSQL\Reporting サービスの既定のパス
    • 既定のパス\ \Reporting サービスのSQL Server インスタンス名
    • \90\Tools\Reporting サービスの既定のパス
    注: <b>既定のパスのプレース ホルダーは、%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server を表します。インストールを構成するには、Reporting Services 構成ツールを使用する場合は、名前、このリスト内の名前と異なる場合があります。また、SQL Server を実行しているリモート コンピューター上のデータベースを置くことが。
  • すべての SQL Server サービスを停止します。

    SQL Server 2005 のコンポーネントをアンインストールする前に、すべての SQL Server サービスを停止することをお勧めします。アクティブな接続は正常にアンインストールを防ぐことができます。
  • 適切なアクセス許可を持つアカウントを使用します。

    SQL Server のサービス アカウントを使用して、または同等のアクセス許可を持つアカウントを使用して、サーバーにログオンします。たとえば、ローカル Administrators グループのメンバーであるアカウントを使用するとサーバーにログオンできます。

SQL Server 2005 のスタンドアロン インスタンスを手動でアンインストールする方法

注: <b>SQL Server セットアップは、複雑なプロセスです。SQL Server セットアップは、多くの DLL ファイルのレジストリ キーを変更します。SQL Server のセットアップもインストールし、アクセス許可エントリとサービスの登録を更新します。

SQL Server のセットアップ手順、インストールとアンインストール、さまざまな構成でテストします。ただし、数多くのサード ・ パーティ製品と顧客特定の変更、オペレーティング システム レベルで発生するため、すべての構成テストできません。このため、まれに正常にインストールまたはセットアップ プログラムを使用して SQL Server をアンインストールするようにすることがあります。

これらの複雑さのため、SQL Server のサポート チームがこの資料に記載されている手順をクリーンにアンインストール SQL Server プログラムの実行が解決しない場合は、オペレーティング システムを再インストールすることを推奨します。これは、クリーンなシステムに SQL server を再インストールするプラットフォームを提供します。

SQL Server 2005 のセットアップ処理中に、次のエラー メッセージを受信する場合、SQL Server 2005 コンポーネントがコンピューターからアンインストールされませんでした。
ADD_LOCAL プロパティに指定したコンポーネントが既にインストールされています。既存のコンポーネントをアップグレードするには、template.ini を参照してくださいプロパティを設定、アップグレード、コンポーネントの名前を。

手順 1: Microsoft SQL Server のセットアップ サポート ファイル コンポーネントがインストールされていることを確認します。

削除プログラムの追加とのMicrosoft SQL Server のセットアップ サポート ファイルがインストールされているプログラムの一覧に表示されることになっていることを確認します。Microsoft SQL Server のセットアップ サポート ファイルのリストが表示されたら、この手順をスキップします。

Microsoft SQL Server のセットアップ サポート ファイルが一覧に表示されない場合は、続行する前にこのコンポーネントをインストールします。このコンポーネントをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 元の SQL Server 2005 の installationmedia を見つけます。
  2. サポート ファイルをインストールするには、Servers\setup\sqlsupport.msiファイルをダブルクリックします。
注: <b>「手順 5: Microsoft SQL Server セットアップ サポート ファイル コンポーネントをアンインストールする」] セクションで、このコンポーネントがアンインストールされます。

手順 2: SQL Server コンポーネントをアンインストールするコマンドを実行します。

コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
"%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\90\Setup Bootstrap\ARPWrapper.exe/Remove"
一度にすべての SQL Server コンポーネントがアンインストールされるまで、SQL Server コンポーネントを 1 つをアンインストールします。

注: <b>追加または削除するオプションを使用してプログラムの削除がも ARPWrapper.exe プログラムを実行します。ただし、ARPWrapper.exe、プログラムへの参照が削除されている可能性があります。

さらに、SQL Server Reporting Services をアンインストールすると、次のことを行う必要があります。
  • レポート サービスの仮想ディレクトリを削除します。
    次の仮想ディレクトリを削除するのにには、Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャーを使用します。
    • ReportServer [$インスタンス名
    • レポート [$インスタンス名
  • ReportServer アプリケーション プールを削除します。
    ReportServer アプリケーション プールを削除するには、IIS マネージャーを使用します。
この手順では、発生する可能性があるエラー
エラー メッセージ 1: レジストリの列挙に失敗しました

「レジストリの列挙に失敗しました」エラーが発生した場合、SQL Server の再配布ファイルと SQL Server のサポート ファイルをアンインストールするこれらの手順に従います。
  1. レジストリ エディターを起動し、次のレジストリ キーを探します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall
  2. 左側のウィンドウで、各 GUID をクリックします。各 GUID をクリックすると、「Microsoft SQLServer 2005.」が含まれている右側のウィンドウで displayname 値の参照します。たとえば、次の名前を探します。
    • Microsoft SQL Server 2005
    • Microsoft SQL Server 2005年の分析サービス
    • Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services
    • Microsoft SQL Server 2005 Notification Services
    • Microsoft SQL Server 2005年の統合サービス
    • Microsoft SQL Server 2005年ツール
    • Microsoft SQL Server 2005年の Books Online
    「Microsoft sql Server 2005」を含む表示名が表示されたら、左側のウィンドウでクリックした GUID を注意してください。
  3. 手順 2 で書き留めた各 GUID に対して、コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
    /wait msiexec/x {開始します。GUID}/l * v c:\sql_uninstall.log
    • このコマンドで、次のように置換します。 GUID 手順 2 でメモした GUID。
    • 場合は、次のエラー メッセージが表示されたら、お問い合わせください。マイクロソフト カスタマー サポート サービス:
      データ ストアで予期しないエラーがしました。
  4. 次のファイルを開きます。
    C:\Sql_uninstall.log
    15 行目あたり、ファイルの下部からでは、次のような行を探します。
    MSI (s) (EC:F8) [12:52:18:007]: Product: Microsoft SQL Server 2005 Tools -- Removal completed successfully.
    プロセスが正常に完了しませんでしたと、コンポーネント名および GUID をメモし、Sql_uninstall.log ファイルを保存します。
エラー メッセージ 2: のデータ ストアで予期しないエラーが発生しました

持つ 2 つ以上のサーバー インスタンスがある場合、セットアップ プログラムが失敗した場合、および、次のエラー メッセージが表示されます。
データ ストアで予期しないエラーがしました。アクションは、RestoreSetupParams です。
たとえば、ある SQL Server 2005 データベース エンジンは、SQL Server 2005 Analysis Services、および SQL Server 2005 のレポート サービス インスタンスがあります。

このエラーは、カウントが必要です。同じ .dll ファイルまたは .msi ファイルを使用するプログラムの数を追跡するには、参照カウントが使用されます。プログラムがアンインストールされると、プログラム、デクリメント refcount の .msi ファイルを 1 つです。最後のプログラムがアンインストールされると、.msi ファイルは削除されます。この場合は、.msi ファイルには、Microsoft SQL Server のセットアップ サポート ファイル コンポーネント (SqlSupport.msi) です。このエラー メッセージが表示されたら、する場合はこのエラーを解決するのには、次の方法のいずれかを使用します。
  • インスタンス内の各コンポーネントをアンインストールする前に、Microsoft SQL Server セットアップ サポート Filescomponent (SqlSupport.msi) を再インストールします。
  • 一時的に参照カウントの SqlSupport.msi ファイル自体に。Todo、これらの手順に従います。
    1. Microsoft SQL Server のセットアップ サポート ファイル コンポーネントの GUID を取得します。GUID を取得するには、手順 1 と 2 以下の"問題が発生した場合」セクションから。
    2. レジストリ エディターを使用して作成するか、これらの値を持つ次のレジストリ キーを変更します。
      キー名:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\90\Bootstrap\MSIRefCount

      値: アンインストール
      型: REG_SZ
      データ: 111111111111, {GUID}
      メモGUID SQL Server サポート ファイルの GUID のプレース ホルダーです。たとえば、x86 の英語版の SQL Server サポート ファイルの GUID はとおりです。
      データ: {11111111-1111-1111-1111-111111111111},{53F5C3EE-05ED-4830-994B-50B2F0D50FCE}

手順 3: サポート コンポーネントをアンインストールします。

次の順序でサポート コンポーネントをアンインストールするのにプログラム追加と削除を使用します。
  • MSXML 6.0 パーサー
  • SQLXML4
  • Microsoft SQL Server VSS Writer
  • Microsoft SQL Server 2005年の下位互換性
  • Microsoft SQL Server のネイティブ クライアント コンポーネントと、Microsoft SQL Server のセットアップ サポート ファイル コンポーネントを除いて、SQL Server 2005 に関連するもの
サポート コンポーネントのいずれかの処理が失敗した場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
不足している前提条件のため、セットアップに失敗しました。

手動でこの問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動し、以下のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall
  2. 左側のウィンドウで、各 GUID をクリックします。各 GUID をクリックすると、theredistributable ファイルの名前と一致する右側のウィンドウでの表示名を探します。Theredistributable ファイルの名前と一致する表示名を表示するときに、左側でクリックした GUID を注意してください。
  3. 手順 2 で書き留めた各 GUID に対して、コマンド プロンプトでいますを実行します。
    /wait msiexec/x {開始します。GUID} SKIPREDISTPREREQS = 1/l * v c:\sqlredist_uninstall.log
    注: <b>このコマンドで、次のように置換します。 GUID で手順 2 でメモした theGUID。
  4. 次のファイルを開きます。
    C:\Sqlredist_uninstall.log
    ファイルの下部には、次のような行を探します。
    MSI (s) (EC:F8) [12:52:18:007]: Product: Microsoft SQL Server 2005 Backward compatibility -- Removal completed successfully.
    プロセスが正常に完了しませんでしたと、コンポーネント名および GUID をメモし、Sqlredist_uninstall.log ファイルを保存します。

手順 4: Microsoft SQL Server のネイティブ クライアント コンポーネントをアンインストールします。

他のすべてのステップが成功した場合は、追加または削除するプログラムを使用して、Microsoft SQL Server のネイティブ クライアント コンポーネントをアンインストールします。

注: <b>インストールされている SQL Server 2000年のコンポーネントがある場合は、Microsoft SQL Server のネイティブ クライアント コンポーネントをアンインストールしないでください。

手順 5: Microsoft SQL Server のセットアップ サポート ファイル コンポーネントをアンインストールします。

他のすべてのステップが成功した場合は、追加または削除するプログラムを使用して、Microsoft SQL Server のセットアップ サポート ファイル コンポーネントをアンインストールします。

これらの手順は、すべてのコンポーネントをアンインストールできなかった場合

前の手順では、すべてのコンポーネントをアンインストールできなかった、次の手順を実行します。
  1. 「SQL Server 2005 のスタンドアロン インスタンスを手動でアンインストールする方法」セクションで手順 1 ですべての手順に従います: Microsoft SQL Server のセットアップ サポート ファイル コンポーネントがインストールされているどうかを確認します。
  2. 追加とプログラムの削除] で、次の順序ですべての SQL Server 2005 コンポーネントをアンインストールします。
    • SQL Server 2005
    • SQL Server 2005 の分析サービスします。
    • SQL Server 2005 のレポート サービス
    • SQL Server 2005 Notification Services
    • SQL Server 2005 の統合サービスします。
    • SQL Server 2005 ツール
    • SQL Server 2005 Books Online
    • MSXML 6.0 パーサー
    • SQLXML4
    • SQL Server VSS Writer
    • SQL Server 2005 旧バージョンとの互換性
    • SQL Server 2005 に関連するもの
    • SQL Server のネイティブ クライアント
    • SQL Server セットアップ サポート ファイル
場合は、次の手順は、すべてのコンポーネントおよび SQL Server 2005 のインスタンスに関連付けられているすべてのファイルをアンインストールできなかった、お問い合わせください。 マイクロソフトのサポート.
その他のリソース
SQL Server 2005 フェールオーバー クラスターを手動でアンインストールする方法の詳細についてを参照してください。 SQL Server 2005 フェールオーバー クラスターを手動でアンインストールする方法.
SQL Server 2000年のインスタンスを手動でアンインストールする方法の詳細についてを参照してください。 SQL Server 2000年の既定で、または仮想インスタンスを手動で削除する方法.
手動の削除] をアンインストールします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:909967 - 最終更新日: 12/26/2014 01:42:00 - リビジョン: 10.0

Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition

  • kbsqlsetup kbinfo kbsql2005setup kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbtshoot kbcip kbmt KB909967 KbMtja
フィードバック
html>ndChild(m);