現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

スケーラブルな共有データベースは、SQL Server 2005 でサポートされています。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:910378
はじめに
スケーラブルな共有データベースは、Microsoft SQL Server 2005年およびそれ以降のエディションでサポートされます。この資料は、SQL Server Books online には、次のトピックで現在発行されている「スケーラブルな共有データベース」トピックのプレビュー

スケーラブルな共有データベースの概要
詳細

スケーラブルな共有データベース

スケーラブルな共有データベースでは、ストレージ エリア ネットワーク (SAN) 経由で複数のサーバ インスタンスを読み取り専用のレポート データベースをアタッチできます。レポート データベースは、読み取り専用のデータベース レポートの目的のためだけに使用される 1 つまたは複数の運用データベースからに組み込まれています。する、スケーラブルな共有データベースに、レポート データベースは 1 つ以上専用読み取り専用ボリューム上になければなりません。これらの読み取り専用のボリュームの主な目的は、レポート データベースまたはコーディネートされた一連のレポート データベースをホストすることです。これらのボリュームは、ボリュームのレポートと呼ばれます。

メリット

スケーラブルな共有データベースには、次の利点があります。
  • Usingcommodity サーバーでレポート データベースのワークロードのスケール ・ アウトを提供します。スケーラブルな共有データベースは、レポート用のクエリを実行したり、SQL Server 2005Reporting サービスを使用して、複数のサーバー instancesfor に makingread 専用データ マートまたはデータ ウェアハウスを利用できるのコスト効果の高い方法です。
  • 作業負荷の分離を提供します。各サーバーは、ownmemory、CPU、およびtempdbデータベースを使用します。
  • 同じビューのすべてのサーバー インスタンスが同じように構成されているすべての serversif からのデータを報告することを保証します。たとえば、allservers は、単一の照合順序を使用します。

    注: <b>Secondreporting ボリューム上にレポート データベースを更新できます。詳細については、「ascalable 共有データベースの可用性を最大化」を参照してください。

制限

スケーラブルな共有データベースの次の制限があります。
  • データベースは読み取り専用ボリューム上になければなりません。
  • データ ファイルは、SAN を介してアクセスできます。
  • スケーラブルな共有データベースは MicrosoftWindows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) または以降のバージョンの Windows server 2003 上でのみサポートされます。

レポート データベースの更新サイクル

レポート データベースをスケーラブルな共有データベースを使用するときに、3 つフェーズ更新サイクルが含まれます。
  • 構築フェーズ: レポート データベースの更新サイクル、buildphase から始まります。レポート データベースを構築することができます、前に管理者、本番システムで thereporting のボリュームをマウントし、読み取り/書き込みでは。Avolume は、読み取り/書き込みの状態では、のみ 1 つのシステムでボリュームをマウントできます。ボリュームはファイル システムの破損の mightoccur、2 つ以上のシステムにマウントされている場合。管理者は次のデータやデータベースをコピーするために SQL Server 2005 によって提供されるデータの copymethods のいずれかを使用してデータベースを構築します。データベースを作成すると、管理者は、ボリュームを設定します読み取り専用と thendismounts ことです。
  • アタッチ フェーズ: アタッチ フェーズは、ビルドのフェーズの後に来る。添付の phasemakes のデータベースがスケーラブルな共有データベースとして使用可能です。各サーバーを個別にレポートの実行、添付 phasemust。Thereporting データベースをスケーラブルな共有データベースとして構成するのには、管理者、SAN 経由でンタフェース専用のレポート ボリュームをレポート サーバーをマウントします。管理者が読み取り専用ボリュームごと設定されていることを確認すると、後に管理者は SQL Server のインスタンス上にレポート データベースをアタッチします。Thereporting データベースは、SQL Server のインスタンスには、reportingserver のインスタンスとも呼ばれます。各レポート ボリュームは読み取り専用であるため、データベースのアタッチに設定読み取り専用です。この時点で、レポート データベースには、reportingserver を使用して、クライアントがアクセスする共有データベースの ascalable になります。

    注: <b>Thereporting データベースを更新するときに、2 番目のレポート ボリュームを使用する場合は、ローリング アップグレードと非同期との間の間で選択してください。詳細については、「スケーラブルな共有データベース性能を最大化] を参照してください。
  • デタッチ フェーズ: 3 つ目のフェーズがデタッチ フェーズです。通常、reportingdatabase は、最終的に古くなった。データベースは、thereporting データを最新に保つ更新する必要があります。デタッチ フェーズは、stalereporting データベースをスケーラブルな共有データベースとしてサービスから削除するプロセスです。特定のレポート サーバーで使用可能な更新されたレポート データベースを表示する前にそのサーバーでデタッチ フェーズは必須です。レポートは databasemust を更新するときにすべてのサーバー インスタンスからデタッチする必要があります。開始する段階で、クエリの作業 loadthat から送信されて、データベースにすべてのサーバー インスタンス、データベース管理者の最初停止をデタッチします。データベース管理者は、各サーバ上で、データベースへの排他アクセスを取得およびアタッチを解除し。データベース管理者は、ボリュームの文字のホスト システムにマウントを解除します。デタッチ フェーズが完了すると、SAN からのレポートのボリューム isdisconnected。
注: <b>レポート データの可用性を最大化するには、ベスト プラクティスとして、2 つのレポート ボリュームの間の更新サイクルを代替することをお勧めします。最初のレポート ボリュームをレポート サーバーにマウントされているときに、運用サーバーに 2 つ目のボリュームをマウントし、最新バージョンのレポート データベースを構築し、できます。詳細については、「スケーラブルな共有データベースの可用性最大化」を参照してください。

注: <b>一連のデータベースの管理者権限を持つユーザーが実行する必要がある手順の各段階で構成されます。この記事でそのユーザーは参照されますをデータベース管理者。

重要: スケーラブルな共有データベースを構成するには、SAN 環境には、既に作業する必要が正しく。

スケーラブルな共有データベースの例

その後の更新サイクルでは、データベースは更新または再構築できます。推奨される方法は、ビジネス要件によって異なります。スケーラブルな共有データベースを使用するには、次の 2 つの方法で。
  • データ マート データベース: スケーラブルな共有データベースの単純な使用方法は、データの martdatabase です。データ マート データベースは、定期的にデータ ウェアハウスの内容を抽出し、報告に使用します。データ マート データベースの更新、データベースを削除し、新しいバージョンで置き換えます。
  • 更新可能なデータベースからのレポート: データベースから報告されるデータベースがある元のデータベースの変換が、ときに periodicallyupdated をすることができます。データベースを定期的に更新するには、されているデータベースの完全バックアップを作成し、reportingvolume またはボリュームでは、データベースのバックアップを復元します。

環境がスケーラブルな共有データベースの正しいかどうかを確認します。

読み取り専用ボリューム上に、SAN 経由でアクセスできる、スケーラブルな共有データベースがあります。次のレポート サーバーを実行する必要があります。
  • Windows Server 2003 SP1 または後のバージョンの WindowsServer 2003
  • SQL Server 2005 の Enterprise Edition またはそれ以降のバージョンの ofSQL Server 2005
保守性、8 つのサーバー インスタンスには、スケーラブルな共有データベース構成を制限することをお勧めします。ただし、SQL Server 2005 では、スケーラブルな共有データベースにアクセス可能な同時実行のインスタンスの数は制限されません。通常、各サーバー インスタンスは、別のレポート サーバーで実行されます。ただし、レポート サーバー上の複数のレポート サーバー インスタンスの実行はサポートします。

環境を構成します。

環境がスケーラブルな共有データベースをサポートしているを確認するには、これらのガイドラインに従うことをお勧めします。
  • Particularreporting データベースは、レポート サーバーは、同一のオペレーティング システムで実行されているかどうかを確認します。ときに youupgrade は、レポート サーバーは、同じスケーラブルな共有データベースまたはデータベースで使用されるその他のレポート サーバーをアップグレードします。たとえば、ソフトウェア更新プログラムを適用するか、サービス パックの Windows、または、レポート サーバーの 1 つに、SQL Server 2005、同じソフトウェア更新プログラムまたはサービス パックすべてのレポート サーバーを適用します。

    注: <b>多くの場合、適切なタイミングでローリング アップグレードを完了する場合に限り、reportingservers のローリング アップグレードを実行できます。
  • スケーラブルな共有データベースは、最大 8 台のサーバー インスタンスの SQL Server 2005 の EnterpriseEdition によって concurrentaccess 負荷の下でテストされます。SQL Server 2005 では、インスタンスの制限は適用されません。ただし、werecommend は、拡張性を制限することを eightserver インスタンスを共有データベースごとにデータベースの構成を共有します。
  • Multiplevolumes、データ ファイルを運用データベースの場合、ボリュームのレポートの数が同じを使用する必要があります。対照的に、レポート データベースは読み取り専用設定されて、いるため、ログ ファイルに、レポート ボリューム上のデータ ファイルの co ついてまわることができます。
  • ビルドまたは areporting データベースの更新のプロセスを簡単に行うには、レポート データベースのパスである運用データベースと同じお勧めします。たとえば、両方、同じドライブ letterfor を使用してレポート ボリューム データベースに対して同じディレクトリ パスです。たとえば、実稼働データベースが E:\SQLdata、可能な場合は、レポート ボリュームのドライブ letterof として E を使用します。また、可能な場合は、レポート データベースのディレクトリとして \SQLdata を使用してください。ただし、スクリプトが別の明示的なパスは任意の違いを処理できます。レポート ボリュームは、本番ボリュームよりも別のドライブ文字を使用する場合は次の変更を加える必要があります。
    • データベースのバックアップを復元することで、レポート データベースを構築する場合、RESTORE DATABASE ステートメントは、復元されたデータ ファイルの完全パスを指定する WITH MOVE 句が必要です。
    • 場合は、レポート データベースは、運用データベースのコピーは、CREATE DATABASE ステートメントの句は、接続する必要がありますすべてのファイルを一覧表示します。句の接続は、レポート データベースをアタッチするときに、完全なパスを指定することもあります。これは、常に最適な方法です。

      注: <b>ベスト プラクティスとして、レポート サーバーにレポート ボリュームをマウントするときに、同じドライブ文字のすべてのサーバーに使用します。これにより、複数のサーバーのボリュームを管理します。
  • レポート データベースは、アクセスする必要が、読み取り専用ボリュームのことをするすべてのレポート サーバーから、SAN 経由で。
    • レポート サーバーのレポート ボリュームをマウントした後、レポート ボリュームが正しくマウントされていると、データ ファイルにアクセスできることを確認します。これには、次のように入力します。 DIR <drive-letter></drive-letter>:\<database-directory></database-directory> コマンド プロンプトで <drive-letter></drive-letter> レポート ボリュームに割り当てられた文字と <database-directory></database-directory> ボリューム上のデータベースのデータ ファイルの場所を指定します。すべてのそれらの同じ結果が表示されるかどうかを確認する各レポート サーバーからこのテストを実行します。
    • レポート データベースが読み取り専用に設定されているを確認するには、ボリューム上のファイルを作成してください。最も簡単な方法は、コピーまたはボリューム上のプレーン テキスト ファイルを保存しようとします。ボリュームは読み取り専用であるため、失敗する必要があります。

      注: <b>手動で、次の手順を実行する場合は、更新サイクルごとに各レポート サーバーでレポート ボリュームを再マウントするときにこれらのテストを繰り返すことをお勧めします。レポート ボリュームを本番サーバと、レポート サーバーの間で前後移動する手順は、スクリプトを作成する場合は、テストが不要になった、スクリプトが正しく動作していることを確認した後。

フェーズ 1: ビルド フェーズ

ビルドまたはスケーラブル共有データベースを更新します。

レポート データベースのビルドおよび手動で更新する必要があります。このプロセスは、レポート データベースの更新サイクルの最初の段階でしは、ビルド フェーズと呼ばれます。構築フェーズは、古いデータベースの更新または新しいバージョンを作成する必要があります。

通常は、レポート データベースの現在のバージョンは、最終的に古くなった。レポート データベースは、レポートのデータを常に最新の状態に保つには定期的に更新する必要があります。

ビルド フェーズを完了します。

既存のデータベースの古いデータの更新またはデータベースを再構築して、古いレポート データベースを更新できます。

注: <b>既存のレポート データベースを更新する前に各レポート サーバー インスタンスからデータベースをデタッチする必要があります。さらに、各レポート サーバーからレポート ボリュームのマウントを解除する必要があります。詳細については、「スケーラブルな共有データベースのデタッチ」を参照してください。

古いレポート データベースを更新するには、運用サーバーで次の手順を実行。
  1. レポート ボリュームに対応する logicalunit 番号 (Lun) のマスクを解除するには、ハードウェア ベンダーのユーティリティを使用します。このアクションのためのボリュームを運用サーバーにアクセスできます。
  2. レポート ボリュームをマウントし、asread/書き込みし、マークします。次のコマンドは、コマンド プロンプトで、ボリュームをマウントするには、Diskpart コマンド ライン ユーティリティを使用します。DiskPart
    DISKPART > selectvolume =<drive-number></drive-number>
    DISKPART > assignletter =<drive-letter></drive-letter>
    DISKPART > クリアの読み取り専用の属性
    DISKPART > 終了

    この手順では、<drive-number></drive-number> ボリュームの番号をその isassigned を windows では、 <drive-letter></drive-letter> レポート ボリュームに割り当てられているみなさです。
  3. 既存のレポート データベースを更新するは、次の手順を実行します。
    1. サーバー インスタンスにデータベースをアタッチします。通常、これは、実稼働サーバーのインスタンスになります。
      CREATE DATABASE <database_name> ON <filespec_list>   FOR ATTACH
    2. データベースに以下の Transact SQL ステートメントを使用して読み取り/書き込みアクセス権を設定します。
      ALTER DATABASE <database_name> SET READ_WRITE
      詳細については、SQL Server 2005 Books Online を参照してください。
  4. データベースを作成します。

    Reportingdatabase を更新することができます、古いデータの更新、データベースを再構築するかと思われる dowhatever の他のデータを更新する必要が。掲載 SQL Server 2005 のデータやデータベースをコピーするのには、データのコピーの方法のいずれかを使用して、データベースの administratorbuilds。詳細については、「を作成またはデータベースを更新する方法」を参照してください。

    注: <b>レポート データベースでは、そのpageverifyチェックサムを既定値に設定するお勧めします。設定の変更には ALTER DATABASE を使用します。
  5. FollowingTransact SQL ステートメントを使用して、読み取り専用データベースを設定します。
    ALTER DATABASE <database_name> SET READ_ONLY
  6. 次の Transact の連結を使用して、データベースをデタッチします。
    sp_detach_db @dbname='<database_name>'
    この手順では、 <database_name></database_name> データベースの名前です。
  7. ボリュームを読み取り専用としてマークし、volumefrom、本番サーバのマウントを解除します。Diskpart コマンド ライン ユーティリティの todismount ボリュームを使用するのには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    DiskPartDISKPART> select volume=<drive-number>DISKPART> attribute set readonlyDISKPART> remove
    この手順では、 <drive-number></drive-number> Windows によって割り当てられている番号の thevolume と<drive-letter></drive-letter> レポート ボリュームの担当者である文字です。
  8. レポート ボリュームに、Lun の thatcorrespond をマスクするのに、ハードウェア ベンダーのユーティリティを使用します。これにより、ボリューム inaccessibleto 運用サーバーです。
これで、レポート データベースできる、スケーラブルな共有データベースとして使用可能です。詳細については、「スケーラブルな共有データベースをアタッチする」を参照してください。

作成またはデータベースを更新するためのメソッド

注: <b>レポート データベースを構築するときに、運用データベースとレポート データベースには常に同じパスを使用することをお勧めします。さらに、生産および可能な場合は、レポート サーバーでボリュームがマウントされている場合は、ボリュームを報告は、同じドライブ文字を使用することをお勧めします。

SQL Server 2005 データベースにデータを移植するため、またはデータベース全体を移植する現在、次の方法をサポートします。
  • SQL Server の統合サービス: 作成または、IntegrationServices パッケージを実行して [SQL の実行タスクであるか、または、転送 Databasetask を使用して、データベースをコピーできます。
    • [SQL の実行タスクは、パッケージから SQL ステートメントまたはストアド プロシージャを実行します。[SQL の実行タスクを使用すると、CREATE DATABASE ステートメントを実行してデータベースを作成できます。1 つまたは複数のテーブルまたはビューにコピーすることによって、データベースに追加できます。
    • データベース転送タスクは、同じサーバー インスタンスまたはインスタンス間でデータベースをコピーできます。

      注: <b>SQL Server のインポートとエクスポート ウィザードを使用してデータベースを作成することもできますが、少なくとも 1 つのテーブルまたはビューにコピーする必要があります。
  • バックアップと復元: thereporting ボリューム上に実稼働データベースのバックアップを復元することができます。これを行うに復元し、データベースの完全バックアップをレポート ボリュームを回復します。
    • 同じドライブ文字を使用している場合は、別のホストには、レポート ボリュームをマウントしてがあります、データベースを復元するサーバー インスタンスに接続します。
    • レポート ボリュームが本番ボリュームよりも別のドライブ文字を使用する場合、RESTORE DATABASE ステートメントは、復元されたデータベースのパスに、レポート ボリュームのドライブ文字を指定する WITH MOVE 句が必要です。
  • レポート ボリューム上には、運用データベースのコピー: データベースをオフラインにする必要があります手動でデータベースをコピーまたは、データベース コピー ウィザードのデタッチ andAttach メソッドを使用できます、前にします。データベースをコピーした後、データベースをオンラインに戻すをもたらします。ただし、CopyDatabase ウィザードは、別の方法を提供します。データベースはオンラインのままですが、SMO 転送メソッド copiesthe のデータベースします。SMO の Transfermethod は、デタッチとアタッチのメソッドを SMO 転送 methodpreserves アクティブ データベースへの接続よりも遅くなります。
これらのデータのコピー方法の詳細については、SQL Server 2005 Books Online を参照してください。

レポート データベースが準備ができて、ビルド フェーズを完了してください。詳細についてを参照してください、"フェーズ 1: ビルド フェーズ」セクション。

フェーズ 2: アタッチ フェーズ

スケーラブルな共有データベースをアタッチします。

ビルドまたはレポート データベースを更新すると、運用サーバーからレポート ボリュームのマウントを解除する、管理者行う必要がありますデータベースをスケーラブルな共有データベースとして使用可能です。このプロセスは、アタッチ フェーズとして呼ばれます。

アタッチ フェーズを完了します。

この段階で、管理者は次の手順を実行する必要があります。
  1. レポート ボリュームに対応して、LUNsthat のマスクを解除するには、ハードウェア ベンダーのユーティリティを使用します。この操作により、各レポート サーバーからクライアントに、volumesaccessible。
  2. 各レポート サーバー上の LUN へのボリューム対応をマウントします。

    注: <b>簡単に作成または更新、reportingdatabase、常に実稼働ボリュームと同じドライブ文字を使用してレポート ボリュームをマウントすることをお勧めします。などの場合、productiondatabase は、運用サーバーではドライブ E、レポートのボリュームもマウントする各レポート サーバーのドライブ E として可能である場合。

    入力次のコマンドをコマンド プロンプトで、ボリュームをマウントするには、Diskpart コマンド ライン ユーティリティを使用します。
    DiskPartDISKPART> select volume=<drive-number>DISKPART> assign letter=<drive-letter>DISKPART> exit
    この手順では、 <drive-number></drive-number> Windows によって割り当てられている番号の thevolume と<drive-letter></drive-letter> レポート サーバーのレポート ボリュームを使用することが。

    注: <b>レポート ボリュームは読み取り専用する必要があります。お勧めします bemarked、ボリュームの前に読み取り専用での本番サーバからマウントを解除します。ボリュームが、読み取り専用としてマークされていない場合、プロセスアクティビの読み取り専用でマウント ボリュームに音量を設定最初のレポート サーバーにします。詳細についてを参照してください"フェーズ 1: ビルド フェーズ"セクション。

    ベスト プラクティスとして、ボリュームが読み取り専用ボリュームとしてアクセスできることを確認、SANafter 上でレポート ボリュームを各レポート サーバーをマウントします。詳細については、「環境が scalableshared データベースの正しいことを確認します」セクションを参照してください。
  3. 各レポート サーバー上のレポート サーバー インスタンス orinstances にデータベースをアタッチします。詳細については、SQL Server 2005Books オンラインを参照してください。
レポート データベースがスケーラブルな共有データベースとして使用可能になりましたし、クエリを続行できます。

フェーズ 3: デタッチ フェーズ

スケーラブルな共有データベースをデタッチします。

一般に、レポート データベースの現在のバージョンは、最終的に古くなったし、レポート データを最新に更新する必要があります。スケーラブルな共有データベースとしてサービスから古いレポート データベースを削除するのプロセスは、デタッチ フェーズと呼ばれます。このフェーズは、レポート データベースの更新の 3 番目と最後のフェーズのサイクルです。最新のレポート データベースを使用できるようにするには、特定のレポート サーバー上で、そのサーバーでデタッチ フェーズは、必要があります完了します。

デタッチ フェーズを完了します。

この段階で管理者は各レポート サーバー上で次の手順を実行する必要があります。
  1. 可能な場合 currentqueries を正常に完了しことができる、データベースの新しいクエリを無効にします。
  2. 各レポート サーバー インスタンスの使用からデータベースをデタッチします sp_detach_db @dbname ='<database_name>'</database_name>コマンドです。

    この手順では、<database_name></database_name> データベースの名前です。Sp_detach_dbコマンドの詳細については、SQL Server 2005 Books Online を参照してください。
  3. 各レポート サーバーでレポート ボリュームのマウントを解除します。Diskpart コマンド ライン ユーティリティを使用して、ボリュームのマウントを解除するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    DiskPartDISKPART> select volume <drive-number>DISKPART> remove
    この手順では、 <drive-letter></drive-letter> レポート ボリュームに割り当てられているみなさです。
  4. レポート ボリュームに、Lun の thatcorrespond をマスクするのに、ハードウェア ベンダーのユーティリティを使用します。この操作によって、ボリュームを各レポート サーバーからクライアントを inaccessibleto。

古いレポート データベースをデタッチするための代替方式

データベースの古いバージョンを交換すると、レポート環境のビジネス要件を考慮する必要があります。環境内での優先順位を次のビジネス要件を評価する必要があります。
  • 現在実行中のトランザクションを theyfinish するまで保持されます。
  • Limitedtimeframe 以内に、更新を完了します。
どの要件が優先に基づき、各レポート サーバーでデタッチ フェーズを管理する方法を決定できます。デタッチ フェーズを管理するには、次の方法で。
  • Reportingserver をデタッチする前に、トランザクションが完了するように: 進行中のすべてのトランザクションを保持するのにレポート ボリュームの受信 I/O アクティビティを停止して、detachphase を起動する必要があります。Eachreporting サーバー インスタンスで、待機をすべての currenttransactions が終了するまで、データベースをデタッチします。すべてのサーバー インスタンスからデータベースをデタッチするときにレポート ボリュームのマウントを解除することができます。
  • 限られた時間枠の中に、データベースを更新します。 この場合、終了時間を、時間枠のために、各サーバ上のデータベースへの排他アクセスを取得する必要があります。すべての queriesdo がその終了時間内に完了しない、する場合は、停止されます。それら querieswill を再起動するのには、更新プログラムが終了するまで待機する必要があります。クエリの arestopped 後から各サーバー インスタンス、および thendismount のレポート ボリュームを各レポート サーバーからデータベースをデタッチできます。
この時点では、ビルドの次の段階の準備が整いました。また、お勧めのように、別のレポート ボリューム上でデータベースを既に更新する場合するを実行できます、アタッチ フェーズ代替ボリュームの。詳細については、「スケーラブルな共有データベースの可用性最大化」を参照してください。

スケーラブルな共有データベースの可用性を最大化します。

レポート データの可用性を最大化するには、2 つのレポート ボリュームの間の更新サイクルを交互にすることをお勧めします。最初のレポート ボリュームをレポート サーバーにマウントされているときに、2 つ目のボリュームを本番サーバにマウントし、最新バージョンのレポート データベースを構築できます。

2 番目のレポート ボリューム上でレポート データベースを更新する場合は、次のオプションを検討してください。
  • Returnidentical の結果をクライアントにレポートのすべてのデータベースを使用する場合はそれらのいずれかに、新しいコピーを接続する前に、すべての serverinstances から古いコピーを切り離す必要があります。
  • 場合は、レポート データベース、レポート データベースのローリング アップグレードは、canperform を更新するときに異なる結果の間では異なったサーバーのインスタンスを受信するクライアントは許容できます。一度に 1 つのレポート サーバー上のサイクルを完了を。

レポート サーバーのすべての時間に依存した同期、更新します。

このセクションには、ビジネス要件に応じて、スケーラブルな共有データベースの内容を更新するためのいくつかの方法について説明します。
  • 必要があります保つすべてレポート サーバー同期します。
  • 限られた期間内に更新プログラムを実行する必要があります。このタイム フレームは、実行中のトランザクションを保持するよりも重要度の高いです。
すべてのレポート サーバー上のデータベースを同期するときに、レポート データベースは、古いバージョンのデータベースのデタッチ フェーズと新しいバージョンのアタッチ フェーズの間に使用できません。

すべてのレポート サーバー インスタンスと、限られた期間内に、更新プログラムのサイクルの終了には、更新サイクルを同期するには、次の手順に従います。
  1. コンテンツを同期をするには、いずれか、レポート サーバーは更新の前にすべてのレポート サーバー上の detachphase を終了しなければなりません。実行時間の長いクエリは、任意のサーバー上でアクティブに、stopthem する必要があります。
  2. すべてのサーバ インスタンスから最初のレポート ボリュームのマウントを解除した後、レポート サーバーの更新を開始できます。Eachreporting サーバーで、レポート データベースの最新バージョンが含まれている別のボリュームをマウントします。そのバージョンをローカルのレポートのサーバに接続します。データベースが特定のインスタンスに接続するとすぐに stoppedtransactions のインスタンスを再開できます。

レポート サーバーのローリング アップグレード

ローリング アップグレードでは、古いレポート データベースの情報が別のレポート サーバーで一時的に使用すると、1 つのレポート サーバーにレポート データベースを更新することができます。しばらくすると、古いバージョンと、データベースの更新されたバージョンの両方を使用同時にできます。ビジネスの要件によって、ローリング アップグレードは、限られた時間内で発生のローリング アップグレードを完了する現在のトランザクションを比較的自由にすることができます。

ローリング アップグレードの前に完了するトランザクションを使用します。

この戦略では、ローリング アップグレードを実行時間の長いトランザクションを別のレポート サーバー上のデータベースが更新されたときに 1 つのレポート サーバー上で完了するまで待機するには、データベース管理者ことができます。この戦略は、次のビジネス要件を解決します。
  • レポート サーバーへの同期を維持する必要はありません。ローリング Thispermits は、古いレポート データベースと updatedreporting データベースとアップグレードします。
  • 更新のために、無制限の時間枠があるか、期限は、現在の runningtransactions を保持するよりも重要度の低い。
この形式のローリング アップグレードを実行するのに、時に次の 1 つのサーバー インスタンスでこれらの手順を実行します。
  1. すべての進行中のトランザクションを保持する必要があります開始レポート ボリュームの受信 I/O アクティビティを停止するフェーズをデタッチします。操作の実行時間の長いクエリ遅延差し込むサーバー インスタンスをオフラインにする前に完了するを待つ、サーバー インスタンスにアップグレードします。
  2. このサーバ上のすべてのトランザクションが完了したら、レポート データベースをデタッチします。
  3. すべてのサーバー インスタンスは、特定のレポート データベースをデタッチした後に添付レポートの databaseto の最新のバージョンは、そのサーバー インスタンス。
  4. サーバー インスタンスで reportingqueries をもう一度使用できるようにするには、データベースの更新されたコピーに接続します。

限られた時間では、ローリング アップグレードを完了します。

この戦略でローリング アップグレードを簡単にいくつかのレポート サーバー上に新規のクエリに利用可能なままに、データベースの古いバージョンによってレポートの中断のないサービスを維持するためにデータベース管理者は、ことができます。別のレポート サーバー上のデータベースを更新すると、サービスは中断のままです。この戦略は、次のビジネス要件を解決します。
  • レポート サーバーへの同期を維持する必要はありません。ローリング Thispermits は、古いレポート データベースと updatedreporting データベースとアップグレードします。
  • 限られた時間内で更新プログラムを実行する必要があります。この期限は、実行中のトランザクションを保持するよりもより重要です。
この形式のローリング アップグレードを実行するには、手順は 1 つのレポート サーバー上で一度に。
  1. レポート ボリュームの受信 I/O アクティビティを停止し、待機するサーバー インスタンスの前に終了する短いトランザクションの必要に応じて、レポート データベースをデタッチします。
  2. そのサーバーでデタッチ フェーズを完了します。詳細については、「スケーラブルな共有データベースのデタッチ」セクションを参照してください。
  3. 更新されたバージョンのレポートの databaseavailable レポートのクエリをもう一度行います。詳細については、「添付 ashared 拡張性の高いデータベース」を参照してください。
この種類のローリング アップグレードは、全体的なレポート作成機能が中断しないことを保証します。この方法では、しばらくの間かなり長時間トランザクションの一部のサーバー インスタンスに対応することができます。ただし、実行時間の長いクエリは、サーバー インスタンスのアップグレードが大幅に遅延した場合、すべてのレポート データベースを更新するため、限られた時間枠を与え、する必要がそのクエリを中止します。クエリは、レポート データベースを更新すると、更新サーバー上でクエリを早く再起動後、同じサーバー インスタンスに再実行を待機できます。
関連情報
SQL Server 2005 Books Online をダウンロードするには、次のマイクロソフト ダウンロード センター Web サイトを参照してください。
SQL Server では、Microsoft SQL Server Always-On ストレージ ソリューションのレビュー プログラムの下で説明されているように、'安定したメディアへの保証された配信' をサポートするシステムが必要です。のSQL Server データベース エンジンでは、入力と出力の要件の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
967576 Microsoft SQL Server データベース エンジンの入力と出力の要件
kbsql2005addtobol の ssd

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:910378 - 最終更新日: 05/12/2015 03:46:00 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • kbsql2005engine kbtshoot kbinfo kbmt KB910378 KbMtja
フィードバック
amp;t=">tps://c.microsoft.com/ms.js"> >>ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");