現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[MS06-025] ルーティングとリモート アクセスの脆弱性により、リモートでコードが実行される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

マイクロソフトは、セキュリティ情報 MS06-025 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

既知の問題

  • セキュリティ更新プログラム 911280 (MS06-025) の最初のバージョンがインストールされている場合、ターミナル ウィンドウを使用するダイヤルアップ接続、またはダイヤルアップ スクリプトに関する問題が発生することがあります。このセキュリティ更新プログラムの最初のバージョンは、2006 年 6 月 13 日にリリースされました。ダイヤルアップ スクリプトは旧式の技術であり、最近のダイヤルアップ接続ではごくまれに使用されているものです。ダイヤルアップ スクリプトが接続に使用されている場合、接続の応答が停止することがあります。この現象は、ダイヤルアップ スクリプトを使用していないダイヤルアップ接続には影響しません。この問題は、企業や大学のネットワークまたは一部のインターネット サービス プロバイダ (ISP) に対する直接のダイヤル接続で発生する可能性があります。この問題は、2006 年 6 月 27 日に提供されたセキュリティ更新プログラムで解決されています。この問題の影響を受けている場合は、セキュリティ更新プログラム 911280 (MS06-025) の古いバージョンをアンインストールし、最新のバージョンをインストールすることをお勧めします。ダイヤルアップ スクリプトの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。使用しているインフラストラクチャを確認済みで、接続後にターミナル ウィンドウやダイヤルアップ スクリプトを使用するダイヤルアップ接続を使用しない場合は、セキュリティ更新プログラム 911280 を引き続き展開する必要があります。セキュリティ更新プログラム 911280 のインストール後、問題が発生していることが確認されている場合は、Microsoft Product Support Services にご連絡のうえ、マイクロソフトの無償のセキュリティ更新プログラム関連サポートを受けてください。米国およびカナダの場合は、電話番号 +1 (866) 727-2338 にお問い合わせください。その他の地域については、次のページから各地域のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  • パリティ チェック、ストップ ビットなどのデバイスの構成パラメータを変更するスクリプトの使用に関連する問題を確認しました。この技術は、旧式のデバイスおよび接続に使用されます。set port parity コマンド、set port databits コマンド、または set port stopbits コマンドを使用してデバイスの構成を変更するスクリプトが接続プロセスの一部として使用されている場合、接続が正常に行われません。マイクロソフトはこの問題を解決する改訂版の更新プログラムの開発および検証を行っています。デバイスの構成変更を必要とする接続を使用する必要がある場合は、改訂版がリリースされるまで、セキュリティ更新プログラム 911280 (MS06-025) をインストールしないようにしてください。接続時のデバイス構成の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE WinNT Win2000
プロパティ

文書番号:911280 - 最終更新日: 12/03/2007 07:52:48 - リビジョン: 5.5

  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Service Pack 1
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003, Standard Edition Service Pack 1 (SP1)
  • kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbsecvulnerability kbbug kbfix kbwinserv2003presp1fix kbwin2000presp5fix kbwinnt400presp7fix kbpubtypekc KB911280
フィードバック
>