現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[MS06-005] Windows Media Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS06-005 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかにアクセスしてください。

既知の問題

Microsoft Windows Media Player 10 に関する既知の問題に対処するために、4 月に MS06-005 が再リリースされました。元の MS06-005 では、元の脆弱性が修正されます。MS06-005 の再リリース版では、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 912226 に記載されている Windows Media Player 10 の問題のみが解決されます。再リリース版の Wmp.dll のバージョンは 10.0.0.4019 です。Windows Media Player 10 に特定の更新プログラムを適用した後に、シーク、巻き戻し、または早送りを行うと発生する問題についての関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
912226 Windows Media Player 10 に特定の更新プログラムを適用した後にシーク、巻き戻し、または早送りを行うと、問題が発生することがある
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit unauthenticated
プロパティ

文書番号:911565 - 最終更新日: 12/03/2007 06:52:58 - リビジョン: 4.6

  • Microsoft Windows Media Player 9 Series
  • Microsoft Windows Media Player 10
  • Microsoft Windows Media Player 7.1
  • Microsoft Windows Media Player for Windows XP
  • kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbsecvulnerability kbwinxppresp2fix kbbug kbfix kbwinserv2003presp1fix kbwin2000presp5fix kbwinnt400presp7fix kbpubtypekc kbhotfixserver KB911565
フィードバック