FIX: SQL Server 2005 で SQL 管理 オブジェクト を使って、転送先データベースに転送元データベースからにオブジェクトを転送しようとすると、転送先データベースに転送元データベースの ID 列を示すスキーマが移ってない。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。

英語版 KB:911937
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
#をバグ: 412568(SQLBUDT)
Microsoft は、 1 つのダウンロード可能なファイルで Microsoft SQL Server 2005 修正プログラムを配布します。 修正プログラムが累積されるので、以前の SQL Server 2005 に付属したすべてのセキュリティ修正プログラムがすべての修正プログラムが新しい各リリースに含まれて、リリースを修正します。
概要
この資料では、このホットフィックス リリースに関する次について説明します。
  • ホットフィックス パッケージで修正される問題
  • ホットフィックス パッケージをインストールするための前提条件
  • またホットフィックス パッケージのインストール後にコンピュータを再起動する必要がありますか。
  • この修正プログラム パッケージが他の修正プログラム パッケージによって置き換えられるかどう
  • レジストリの変更が必要かどう
  • これによりホットフィックス パッケージに存在するファイル
現象
Microsoft SQL Server 2005 で、SQL 管理 オブジェクト(SMO)を使って、転送先データベースに転送元データベースからにオブジェクトを転送しようとします。 これを試行するとき、転送元データベースの 列を示すスキーマが転送先データベースに移ってない。

注意:列のデータは、正しく転送されます。
解決方法

Service Pack の情報

この問題を解決するために、 Microsoft SQL Server 2005 の最新の Service Pack を入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の Service Pack を入手する方法。

修正プログラム情報

サポートされたホットフィックスは、 Microsoft から入手できます。 ただし、このホットフィックスは、この資料に記載される問題のみを修正するよう設計されます。 この特定の問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。 このホットフィックスは、追加のテストを受信することがあります。 したがって、このホットフィックスを含む次のソフトウェアの更新を待つようにこの問題で深刻の影響を受けてない場合、勧めます。

ダウンロードのホットフィックスが利用できる場合、この Knowledge Base の資料の冒頭の「修正利用可能なダウンロード」セクションがあります。 このセクションが表示されない場合、修正プログラムを入手する Microsoft オンライン顧客 サービス の要求を送信します。 修正プログラムを入手するオンライン要求を送信するために、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注意:すべてのトラブルシューティングを指定する必要がある、他の問題が発生する場合、別のサービス要求を作成しなければならない可能性があります。 通常のサポート コストは、この特定のホットフィックスに正規でない追加サポート質問と正規でない問題に適用されます。 別のサービス要求を作成するために、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注意: ホットフィックスを使用できる言語が「修正利用可能なダウンロード」セクションとオンライン要求フォームに表示されます。 言語を参照しないならば、その言語のホットフィックスが利用できないためです。

前提条件

このホットフィックスの必要条件はありません。

情報を再起動します。

このホットフィックスの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

レジストリ情報

レジストリを変更する必要はありません。

修正プログラム ファイル情

この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。 この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。

次の表がそれを示してありますこのホットフィックスの英語版がファイル属性または(それ以降のファイル属性)を持っています。 Coordinated Universal Time(UTC)が日付とこれらのファイルの時間の一覧です。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時間の違いを探すために、コントロール パネルの Date と Time ツールで タブを使用します。
SQL Server 2005 32-bit バージョン
File nameファイルのバージョン ファイル サイズ日付時間プラットフォー
Microsoft.sqlserver.dtstransferprovider.dll9.0.1504.0113,368の07-Dec-200504:48x86
Microsoft.sqlserver.smo.dll9.0.1504.01,559,256の07-Dec-200504:48x86
Microsoft.sqlserver.tabletransfergeneratortask.dll9.0.1504.043,736の07-Dec-200504:48x86
SQL Server 2005 64-bit バージョン
File nameファイルのバージョン ファイル サイズ日付時間プラットフォー
Microsoft.sqlserver.dtstransferprovider.dll9.0.1504.0113,368の07-Dec-200509:01x86
Microsoft.sqlserver.smo.dll9.0.1504.01,551,064の07-Dec-200509:01x86
Microsoft.sqlserver.tabletransfergeneratortask.dll9.0.1504.043,736の07-Dec-200509:01x86
SQL Server 2005 Itanium アーキテクチャ バージョン
File nameファイルのバージョン ファイル サイズ日付時間プラットフォー
Microsoft.sqlserver.dtstransferprovider.dll9.0.1504.0113,368の07-Dec-200508:17x86
Microsoft.sqlserver.smo.dll9.0.1504.01,551,064の07-Dec-200508:17x86
Microsoft.sqlserver.tabletransfergeneratortask.dll9.0.1504.043,736の07-Dec-200508:17x86
状況
マイクロソフトでは、これが問題として「適用」される欄に記載されたマイクロソフト製品の問題を認識しました。 この問題は、 Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 1 に最初に修正されました。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:911937 - 最終更新日: 01/17/2015 12:43:43 - リビジョン: 2.3

Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbautohotfix kbsql2005sp1fix kbsql2005tool kbprb kbqfe kbhotfixserver kbsql2005presp1fix KB911937 KbMtja kbmt
フィードバック