現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Media Player 10 に特定の更新プログラムを適用した後にシーク、巻き戻し、または早送りを行うと、問題が発生することがある

はじめに
Microsoft Windows Media Player 10 に特定の更新プログラムを適用した後、シーク ([位置] スライダの操作)、巻き戻し、または早送りを行うと、以下の問題が発生することがあります。
  • [位置] スライダのつまみがメディア ファイルの先頭に戻される。
  • 状態が再生中と表示されているにもかかわらず、コンテンツの再生が中断される。
これらの問題は、以下の更新プログラムのいずれかを適用した後に発生することがあります。
911565 [MS06-005] Windows Media Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される
888656 [FIX] Windows Media ビデオ コンテンツの DXVA を Windows Media Player 10 で有効にするための更新プログラム
900325 Windows XP Media Center Edition 2005 用の更新プログラムのロールアップ 2
原因
特定の状況でストリーミングを使用していると、現在位置が正しく計算されないことがあります。
回避策
これらの問題を回避するには、Microsoft Windows Media サービス 9 シリーズを実行しているサーバー上で、以下のいずれかの方法を使用します。
  • サーバーで Microsoft Windows Server 2003 (Enterprise Edition もしくは Detacenter Edition) Service Pack 1 (SP1) を実行している場合は、公開ポイントでアドバンスト ファスト スタート機能を無効にします。
  • サーバー側の再生リストで clipBegin 要素が使用されていないことを確認します。
詳細
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
WMP DXVA seek Advanced Fast Start
プロパティ

文書番号:912226 - 最終更新日: 03/08/2006 09:19:15 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Windows Media Player 10
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
  • kbinfo KB912226
フィードバック