現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ソフトウェアの更新は IBM RACF ユーザー アカウント、パスワードの Set 操作後に自動的に再開できる HAMA 機能パック 1

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:912900
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ここでは、ホスト アクセスの管理エージェント (HAMA) の Microsoft ユーザー統合サーバー (MIIS) 2003年パスワード Set 操作後に自動的に、IBM のリソース アクセスの管理機能 (RACF) のユーザー アカウントを再開するようにするソフトウェアの更新について説明します。
詳細
このソフトウェア更新プログラムで、パスワードの Set 操作後 IBM RACF ユーザー アカウントを自動的に再開のサポートが追加されます。

この機能は MIIS と、HAMA を集中 RACF ユーザー アカウントのパスワードを管理する使用する顧客環境で役立ちます。 RACF ユーザー アカウントは、パスワードの Set 操作後 RACF で間、取り消された状態になる可能性があります。 エンドユーザー RACF ユーザー アカウントを使用する前に取り消された状態である RACF アカウントする必要があります RACF で再開されます。

ソフトウェア更新プログラムの情報

マイクロソフトの ID の統合 Server 2003 のホスト アクセスの管理エージェントの Feature Pack 1

製品の既定動作を変更するサポート機能は Microsoft できます。 ただし、この機能はことを目的としていますこの資料に記載されている動作のみを変更します。 この機能だけシステムに適用特に必要とします。 この機能テストを受ける可能性があります。 したがって、システムがこの機能の不足により深刻な影響ない場合、推奨するにはこの機能を含む、次回ソフトウェアの更新を待機するします。

機能をダウンロード可能な場合はこのサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合、は、マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの機能を取得するを問い合わせてください。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 追加の質問および問題がこの特定の機能は限定されていない、通常のサポート料金が適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、言語機能利用が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、機能がその言語に対応しないのでは。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語版にファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Racfma.dll1.0.213.0118,7842006 年 2 月 10 日23: 15x86
メモ ファイルの依存関係のためこのファイルが格納されている最新の修正プログラムが追加ファイルされていること。

マイクロソフトの ID の統合 Server 2003 のホスト アクセスの管理エージェントの Feature Pack 2

この機能が含まれており MIIS 2003 HAMA 機能パック 2年。 このリリースの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

構成情報

ソフトウェア アップデートを適用する後は Miiserver.exe.config 構成ファイルに、 ResumeAcctOnPwSet キーを追加して、機能を有効にする必要があります。 Miiserver.exe.config ファイルは、通常は、次のパスに存在します。
Files\Microsoft アイデンティティ統合の Server\Bin
次の情報は、Miiserver.exe.config ファイルを更新する必要がありますあります:
<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?><configuration>    <configSections>        <sectionGroup name="managementAgents">            <section name="RACFMA" type="System.Configuration.NameValueSectionHandler" />         </sectionGroup>    </configSections>    <managementAgents>        <RACFMA>            <add key="ResumeAcctOnPwSet" value="False" />        </RACFMA>    </managementAgents></configuration>
RACF ユーザー アカウント、パスワードの Set 操作後に自動的に再開したい場合 ResumeAcctOnPwSet キーする必要があります True に設定されます。 した後、 ResumeAcctOnPwSet キーが False に設定されて、いる場合、影響を受ける RACF ユーザー アカウント RACF の失効状態ものままパスワード設定操作に。
RACF 合併/買収パスワード失効の再開

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:912900 - 最終更新日: 01/17/2015 12:59:01 - リビジョン: 1.2

Host Access Management Agent for Microsoft Identity Integration Server 2003

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbqfe kbpubtypekc kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB912900 KbMtja
フィードバック