セーフ HTML フィルター機能のソフトウェア アップデートが、POST メソッドを Exchange Server 2003 の Outlook Web Access で HTML フォームで使用するために使用できます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:912939
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ここでは、セーフ HTML フィルタリング機能では、Microsoft Exchange Server 2003 ではソフトウェア更新プログラムについて説明します。 この更新プログラムでは、Exchange Server 2003 で Outlook Web Access を使用すると、HTML フォームで POST メソッドを使用できます。
詳細
セーフ HTML フィルター機能では、Exchange Server 2003 結果電子メール メッセージング安全になります。 Microsoft Outlook Web Access を Exchange で使用すると Server 2003 をセーフ HTML フィルター機能で HTML 形式の電子メール メッセージや添付ファイルに含めることができる悪意のあるスクリプトから保護します。 以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 説明ファイルを共有する必要がありますこのフィルターの機能の回避方法します。

899394"HTML セーフ"の Exchange Server 2003 で Outlook Web Access の機能をフィルターによって削除されているファイルを共有する方法
Outlook Web Access で電子メールのソリューションを電子メール メッセージ内のコードを含める必要がありますを展開することがあります。 セーフ HTML フィルター機能によって課せられた制約内でこれらの電子メール ソリューションを展開するには、この資料に記載されているソフトウェア更新プログラムをインストールします。 このソフトウェア更新プログラムはフィルタリング機能を HTML フォームで、POST メソッドを使用できるように、セーフ HTML 更新します。

このソフトウェア更新プログラムをインストールすると、とおり対処パラメーター内の URL をカスタマイズする必要があります。
https://<server FQDN >/formpostdir/safeformpost.aspx
ここでは、ディレクトリと aspx ページの名前する必要があります。 URL がこの形式に制限すると、不明な外部ソースによって POST メソッドの悪意のある使用の少ないリスクがあります。

ダウンロード情報

下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます:
DownloadDownload the Exchange2003-KB912939-x86-ENU.exe package now.
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

前提条件

更新プログラムをインストールする前に、Microsoft Exchange Server 2003 Service Pack 2 (SP2) をインストールする必要があります。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
836993Exchange Server 2003 の最新の Service Pack の入手方法

再起動の要件

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。 ただし、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスとすべての依存サービスが再起動されます。

ファイル情報

グローバルこの更新プログラムのバージョンにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Exosal.dll6.5.7651.1270,1442006 年 3 月 23 日21: 58x86
Mdbmsg.dll6.5.7651.123,357,1842006 年 3 月 23 日20: 57x86
Store.exe6.5.7651.125,253,1202006 年 3 月 23 日22: 00x86
Microsoft がリリース後に修正するソフトウェアを使用する用語の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
Exchange ソフトウェア更新プログラムの名前付けスキーマの詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
817903Exchange Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマ
XCCC owa

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:912939 - 最終更新日: 12/09/2015 04:18:48 - リビジョン: 2.1

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbscript kbhtml kbexchangeowa kbpubtypekc atdownload kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt KB912939 KbMtja
フィードバック