Windows Server 2003 または Windows XP ベースのクライアント コンピュータで、列挙子オブジェクトの使用が終了する前に WMI 列挙子オブジェクトがキャンセルされる

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピュータまたは Microsoft Windows XP ベースのコンピュータで、列挙子オブジェクトを内部的に複製する WMI (Windows Management Instrumentation) 関数を使用すると、クライアント コンピュータで列挙子オブジェクトの使用が完了する前に列挙子オブジェクトがキャンセルされます。また、WMI 関数からエラー コードが返される場合もあります。
解決方法

Windows Server 2003

更新プログラムの情報

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
Windows Server 2003 (x64 ベース)
ダウンロード913538 パッケージ
Windows Server 2003 (Itanium ベース)
ダウンロード913538 パッケージ
Windows Server 2003 (x86 ベース)
ダウンロード913538 パッケージ

リリース日 : 2006 年 2 月 21 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後に、コンピュータを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、他の更新プログラムまたは修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

Windows Server 2003 (x64 ベース)
ファイル名バージョンサイズ日付時刻プラットフォーム
Wbemcore.dll5.2.3790.26191,282,5602006/01/1708:36x64
Windows Server 2003 (Itanium ベース)
ファイル名バージョンサイズ日付時刻プラットフォーム
Wbemcore.dll5.2.3790.26192,039,2962006/01/1708:06IA-64
Windows Server 2003 (x86 ベース)
ファイル名バージョンサイズ日付時刻プラットフォーム
Wbemcore.dll5.2.3790.2619509,4402006/01/1801:23x86

Windows XP

更新プログラムの情報

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
Windows XP Professional (x64 ベース)
ダウンロード913538 パッケージ
Windows XP (x86 ベース)
ダウンロード913538 パッケージ

リリース日 : 2006 年 2 月 22 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、他の更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

Windows XP Professional (x64 ベース)
ファイル名バージョンサイズ日付時刻プラットフォーム
Wbemcore.dll5.2.3790.26191,282,5602006/01/1708:36x64
Windows XP (x86 ベース)
ファイル名バージョンサイズ日付時刻プラットフォーム
Wbemcore.dll5.1.2600.2829530,9442006/01/1712:36x86
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
次のスクリプトを使用してこの問題を説明します。
Set objWMIServices = GetObject("winmgmts:root/cimv2")Set objWMIInstances = objWMIServices.InstancesOf ("Win32_Process")wscript.echo objWMIInstances.Item("Win32_Process.Handle=""0""").captionwscript.echo objWMIInstances.Item("Win32_Process.Handle=""4""").caption
InstancesOf メソッドを使用すると、列挙子オブジェクトが作成されます。Item メソッドは常にこの列挙子オブジェクトの複製を使用するため、元の列挙子オブジェクトは変更されません。列挙子オブジェクトが複製されると必ず、列挙子オブジェクトによって保守される内部のリストにエントリが追加されます。各 Item メソッドが列挙子オブジェクトの複製の操作を完了すると、Item メソッドは列挙子オブジェクトの複製を解放します。列挙子オブジェクトの複製の参照カウントが 0 (ゼロ) になると、列挙子オブジェクトの複製はリストから削除されます。本来、最後の列挙子オブジェクトの複製がリストから削除されたときに、列挙子オブジェクトはキャンセルされる必要があります。

しかしこの場合は、列挙子オブジェクトの複製がリストから削除されると毎回、列挙子オブジェクトがキャンセルされます。これは、最初の Item メソッドの呼び出しが完了した後で列挙子オブジェクトがキャンセルされることを意味します。

修正プログラム 913538 をインストールすると、最後の列挙子オブジェクトの複製がリストから削除されてから、列挙子オブジェクトがキャンセルされます。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

x64 ベースの Microsoft Windows のテクニカル サポート

x64 ベースの Windows はハードウェアにインストールされて提供されるため、その技術サポートと支援はハードウェアの製造元から提供されます。ハードウェアの製造元は、ハードウェアの性能を最大限に活用するために、固有のデバイス ドライバやオプション設定など、独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。x64 ベースの Windows に関する技術サポートが必要な場合、マイクロソフトではできる限りの支援を行います。しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。

Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。x64 ベースの Microsoft Windows Server 2003 の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Winx64 Windowsx64 64bit 64-bit
プロパティ

文書番号:913538 - 最終更新日: 01/16/2015 01:46:08 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • kbnosurvey kbarchive atdownload kbwinserv2003sp2fix kbqfe kbHotfixServer kbwinserv2003presp2fix kbwinxpsp3fix kbwinxppresp3fix kbfix kbbug KB913538
フィードバック