現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook 2003 post-Service パック 2 の修正プログラム パッケージの説明: 2006 年 1 月 23 日

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:913696
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
マイクロソフトは Microsoft Office Outlook 2003 の Outlook 2003 Service Pack 2 以降の修正プログラム パッケージをリリースしました。
この資料では、この修正プログラム パッケージに関する以下の情報について説明します:
  • 修正プログラム パッケージで修正される問題。
  • 修正プログラム パッケージのインストールの前提条件です。
  • この修正プログラム パッケージのインストール後にコンピュータを再起動する必要があるかどうか。
  • この修正プログラム パッケージが他の修正プログラム パッケージによって置き換えられるかどうか。
  • レジストリの変更が必要かどうか。
  • この修正プログラム パッケージに含まれるファイル。
概要
この資料では、修正プログラム パッケージ (2006 年 1 月 23 日) で修正される Outlook 2003 問題について説明します。

修正プログラム パッケージで修正される問題

この修正プログラム パッケージに、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料に以前記載がないを次の問題によりが修正されます。
  • 以下のシナリオを考えます。 ユーザー B は A のユーザーのメールボックス] にフル メールボックス アクセスします。 ユーザー B は、ユーザー A のメールボックスにログオンしました。 ユーザー B はユーザー A のメールボックスに代理人を正常に追加します。 ただし、デリゲートを A のユーザーに代わって電子メール メッセージを送信しよう、代理人が、次のエラー メッセージを受信します。
    指定したユーザーの代わりにメッセージを送信するアクセス許可がありません。
    このシナリオでは、ユーザー B がユーザー A のメールボックスに代理人を追加できません。 また、ユーザー A のメールボックス (ユーザー B) に、デリゲートを追加したユーザーはこのデリゲートは、instead of エラー メッセージいたします。

    この問題は、 公開の制御を委任 属性で、新しいディレクトリ サービスが更新されない Active Directory でユーザー B の追加を委任するために発生します。
詳細

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムが Microsoft から提供されています。 ただし、ことを目的としたこの修正プログラムものですこの資料に記載されている問題のみを修正します。 この修正プログラムのみシステムに適用この特定の問題が発生しています。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む、次回ソフトウェアの更新されるまで待つことです。

修正プログラムをダウンロードできる場合はこの資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合、は、マイクロソフト カスタマーサービス & サポート修正プログラムを入手するを問い合わせてください。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 通常のサポート料金が追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題について適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムが利用する言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、修正プログラムがその言語に対応しないのでは。

前提条件

次に、この修正プログラム パッケージの必要条件を示します:
  • この修正プログラムの最適化されたバージョンは、post-Microsoft Office 2003 Service Pack 2 の修正プログラムがします。 修正プログラムをインストールするには、Office 2003 Service Pack 2 をインストールしなければなりません。Office 2003 SP2 の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
    887616Office 2003 Service Pack 2 の説明
  • この修正プログラムのフルファイル バージョンは、この修正プログラムの管理者用バージョンでもあります。 このバージョンの修正プログラムはインストールされている Service Pack 1 を実行してインストールされている Service Pack 2 での Office 2003 または Office 2003 のいるコンピューターにインストールできます。 ただし、Microsoft Office 2003 Service Pack 1 にあるおよりもこの修正プログラム Office 2003 Service Pack 2 のより広範にテストおが。 この修正プログラム Microsoft Office 2003 Service Pack 1 を実行しているコンピューターをインストールする場合ファイルの競合が発生します。 マイクロソフトでは、この構成をサポートしていますが、推奨はしていません。

再起動について

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラム置き換えに関する情報

この修正プログラムは、これ以降の修正プログラムで置き換えられることはありません。

レジストリについて

任意のレジストリ キーを作成またはこのパッケージに含まれる修正プログラムを使用するには、レジストリ キーを変更する必要はありません。

修正プログラム ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。 この修正プログラムには、この資料では、ある問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。

この修正プログラムのグローバルのバージョンでは、修正プログラムをインストールするのに Microsoft Windows インストーラー パッケージ使用します。 これらのファイルの日時に世界協定時刻 (UTC) に記載次の表は、します。 ファイルの情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。

ダウンロード情報
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Office2003-kb913696-glb.exe11.0.8010.06,427,8962006 年 1 月 23 日21: 32
Microsoft Windows インストーラ .msp ファイル情報
ファイル名ファイルのサイズ日付時間
Outlookff.msp9,357,8242006 年 1 月 23 日21: 30
Outlookop.msp3,729,9202006 年 1 月 23 日21: 30
この修正プログラム パッケージがインストールされているグローバルこの修正プログラム パッケージのバージョンは、ファイル属性またはそれ以降のバージョンの次の表に記載されている、ファイルの属性。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Addrpars.dll11.0.6550.088,2642005 年 3 月 17 日19: 32
Dlgsetp.dll11.0.8009.077,0002006 年 1 月 16 日23: 09
Envelope.dll11.0.8004.0132,8082005 年 12 月 6 月21: 44
Exchcsp.dll11.0.6424.0247,8082005 年 3 月 0119: 27
Exsec32.dll11.0.8000.0346,8242005 年 10 月 22 日21: 15
Impmail.dll11.0.6550.0122,0562005 年 3 月 17 日19: 32
Oladd.fae11.0.6550.0158,9122005 年 3 月 17 日19: 41
Olappt.fae11.0.6550.0152,2642005 年 3 月 17 日19: 41
Oljrnl.fae11.0.6550.0117,9602005 年 3 月 17 日19: 41
Olmail.fae11.0.6550.0113,3522005 年 3 月 17 日19: 41
Olnote.fae11.0.6550.0104,6482005 年 3 月 17 日19: 41
Oltask.fae11.0.6550.0147,1442005 年 3 月 17 日19: 41
Outllib.dll11.0.8010.07,613,1282006 年 1 月 20 日21: 37
Outlmime.dll11.0.6555.092,3602005 年 4 月 25 日18: 29
Outlook.exe11.0.8010.0196,2962006 年 1 月 20 日21: 35
Outlph.dll11.0.6550.0141,0002005 年 3 月 17 日19: 32
Outlrpc.dll11.0.6552.064,2002005 年 3 月 31 日18: 21
Outlvbs.dll11.0.6550.044,7442005 年 3 月 17 日19: 32
Recall.dll11.0.8001.039,1122005 年 11 月 0120: 57
Rm.dll11.0.6550.074,9442005 年 3 月 17 日19: 32
Sc2.sam11.0.6550.0111,8082005 年 3 月 17 日19: 41
Schplus.sam11.0.6550.0143,0482005 年 3 月 17 日19: 41
Transmgr.dll11.0.8000.0100,5522005 年 10 月 22 日21: 56
追加のメモ:
  • この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、Readme.txt ファイルの修正プログラム パッケージに含まれるを参照してください。
  • 2 つの.msp ファイルの違いの詳細については、「方法の更新 Office 2003 インストール」。 このトピックを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください:
Microsoft がリリース後に修正するソフトウェアを使用する用語の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
この修正プログラムを適用すると後は、ユーザー B がユーザー A のメールボックスに代理人を追加しようとした場合で、次のエラー メッセージがユーザー B:
代理人設定が正しく保存されません。 送信--代理-の一覧をアクティブにできません。 このオブジェクトで操作を実行する権限がありません。
デリゲートは追加されません。 ユーザー A にデリゲートを追加するユーザー B は、Active Directory アクセス許可ユーザー B に与える必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Active Directory ユーザーとコンピューターを開始します。
  2. メニューの 表示 ] をクリックして 高度な機能 です。
  3. Your_Server を展開し、 ユーザー を実行します。
  4. 右側のウィンドウで UserA を右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  5. [ セキュリティ ] タブをクリックして、[ 追加 ] をクリックして、 ユーザー B ] をクリックし、 [OK]
  6. 書き込み アクセス許可のチェック ボックスをオン、 [OK] を実行します。
この修正プログラムを適用すると後、ユーザーに代理アクセス権を割り当てると問題が発生する可能性があります。 代理アクセス権を追加するとと、Outlook で、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
代理人設定が正しく保存されません。 送信--代理-の一覧をアクティブにできません。 このオブジェクトで操作を実行する権限がありません。
次の条件に該当するときにこのエラー メッセージが表示されます。
  • SELF アカウントには、デリゲートを追加しようとしてがユーザー アカウントに右の [個人用の情報の書き込み] がありません。
  • Exchange Server はローカル ユーザー アカウントにあるドメイン コントローラーおよびグローバル カタログ (DC または GC) を返しません。 DC と GC が Outlook にログオンしたユーザーに返されます。
正常に割り当てられる代理アクセス、SELF アカウントに [個人用の情報の作成] を右が必要です。 さらに、ユーザーが Exchange サーバーにログオンしたとき Exchange Server する必要がありますが返す publicDelegates 属性を記述できるようにローカル ユーザー アカウントのドメインにある DC と GC。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
813929ユーザーは Outlook で代理人として他のユーザーを設定することはできません。
outlook2003 outlook2k3 ol2003 ol2k3

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:913696 - 最終更新日: 01/16/2015 09:10:57 - リビジョン: 2.5

Microsoft Office Outlook 2003

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kboffice2003presp3fix kbautohotfix kbmt KB913696 KbMtja
フィードバック