現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

リモート接続を許可するように SQL Server 2005 を構成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:914277
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを検索します。 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
はじめに
リモート コンピューターからMicrosoft SQL Server 2005年のインスタンスに接続しようとすると、エラー メッセージを表示可能性があります。この問題は、任意のプログラムを使用して SQL Server に接続する場合に発生する可能性があります。

たとえば、SQL Server に接続するのにSQLCMD ユーティリティを使用すると、次のエラー メッセージが表示されます。
Sqlcmd: エラー: Microsoft SQL Native Client: サーバーへの接続を確立中にエラーが発生しました。SQL Server 2005 に接続すると、このエラーの既定の設定で SQL Server のリモート接続を許可しないこと事実に可能性があります。


この問題は、SQL Server 2005 のリモート接続を受け付けるように構成されていない場合に発生する可能性があります。既定では、SQL Server 2005 Express Edition と SQL Server 2005 の開発者版で、リモート接続を許可しません。

リモート接続を許可するためにSQL Server 2005 を構成するのには、この手順を完了する必要があります。
  • リモート コンピューターから接続する SQL Server のインスタンスでリモート接続を有効にします。
  • SQL Server ブラウザー サービスを有効にします。
  • SQL Server および SQL Server ブラウザー サービスに関連するネットワーク トラフィックを許可するファイアウォールを構成します。
この資料は、これらの各手順を完了する方法について説明します。
詳細
SQL Server 2005 のインスタンスでリモート接続を有効にして、SQL Server ブラウザー サービスを有効にするのには、SQL Server 2005 セキュリティ構成ツールを使用します。[セキュリティ構成] ツールは、SQL Server 2005 のインストール時にインストールされます。SQL Server 2005 Express または SQL Server 2005 Developer Edition へのリモート接続を有効にする
リモート コンピューターから接続する SQL Server 2005 の各インスタンスのリモート接続を有効にする必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには プログラムをポイントするのには Microsoft SQL Server 2005をポイントするのには 構成ツールプロパティ SQL Server セキュリティの構成.
  2. で、 SQL Server 2005 セキュリティ構成 ページをクリックしてください サービスと接続のセキュリティ構成.
  3. で、 サービスと接続のセキュリティ構成 ページで、を展開 データベース エンジン、をクリックして リモート接続[ ローカル接続およびリモート接続は、環境を有効にするをクリックして、適切なプロトコルをクリックして 適用.

    メモ クリックしてください。 ] 次のメッセージが表示されたら。
    接続設定の変更をデータベース エンジン サービスを再起動するまで有効になりません。
  4. で、 サービスと接続のセキュリティ構成 ページで、を展開 データベース エンジン、をクリックして サービス[ 停止は、MSSQLSERVER サービスを停止するまで、待機し、 スタート MSSQLSERVER サービスを再起動します。
SQL Server ブラウザー サービスを有効にします。
インスタンス名を使用して SQL Server 2005 を実行しているし、接続文字列で特定の TCP/IP ポート番号を使用しない場合は、リモート接続を許可するのには、SQL Server ブラウザー サービスを有効にするがあります。SQL Server 2005 Express のデフォルトのインスタンス名でインストールされている、 コンピューター名\SQLEXPRESS。SQL Server ブラウザー サービスを実行している SQL Server 2005 のインスタンスの数に関係なく、1 つの時間を有効にするだけであります。SQL Server ブラウザー サービスを有効にするのには、次の手順を実行します。

重要次の手順は、セキュリティ上のリスク増加可能性があります。これらの手順は、コンピューターまたはネットワークの脆弱性が悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をします。この資料で説明するのには、設計どおりに動作するために、または特定のプログラム機能を実装するプログラムを有効にするプロセスをお勧めします。これらの変更を行う前に、特定の環境でこのプロセスの実装に関連するリスクを評価することをお勧めします。このプロセスを実装する場合は、システムを保護するために、適切な追加手順を実行します。だけは本当にこのプロセスが必要とする場合は、このプロセスを使用することをお勧めします。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには プログラムをポイントするのには Microsoft SQL Server 2005をポイントするのには 構成ツールプロパティ SQL Server セキュリティの構成.
  2. で、 SQL Server 2005 セキュリティ構成 ページをクリックしてください サービスと接続のセキュリティ構成.
  3. で、 サービスと接続のセキュリティ構成 ページをクリックしてください SQL Server ブラウザー[ 自動[スタートアップの種類プロパティ 適用.

    メモ クリックすると、 自動 オプションは、SQL Server ブラウザー サービスが自動的に Windows を起動するたびを開始します。
  4. クリックしてください。 スタートプロパティ ].
メモ コンピューターに SQL Server ブラウザー サービスを実行すると、コンピューターのインスタンス名と、コンピューターで実行している SQL Server の各インスタンスの接続情報を表示します。SQL Server ブラウザー サービスを有効にしないと、SQL Server のインスタンスに割り当てられている TCP ポートを直接接続するによってこのリスクを軽減できます。SQL Server のインスタンスは TCP ポートを通じて直接接続して、この資料の範囲外です。SQL Server ブラウザー サーバーと SQL Server のインスタンスへの接続の詳細については、SQL Server Books Online の以下のトピックを参照してください。
  • SQL Server ブラウザー サービス
  • SQL Server データベース エンジンに接続します。
  • クライアント ネットワーク構成
Windows ファイアウォールの例外を作成します。
次の手順で Windows XP Service Pack 2 (SP2) および Windows Server 2003 に含まれている Windows ファイアウォールのバージョンに適用されます。別のファイアウォールを使用している場合は、詳細については、ファイアウォールのドキュメントを参照してください。

SQL Server 2005 を実行しているコンピューターでファイアウォールを実行している場合は、SQL Server 2005 および SQL Server ブラウザー サービスをファイアウォール経由で通信することができますしない限り、SQL Server 2005 への外部接続がブロックされます。リモート接続を許可する SQL Server 2005 の各インスタンスの例外および例外は、SQL Server ブラウザー サービスを作成する必要があります。

そのプログラム ファイルをインストールすると SQL Server 2005 は、パスの一部としてインスタンス ID を使用します。SQL Server のインスタンスごとに例外を作成するのには、正しいインスタンス ID を確認するのにはあります。インスタンス ID を取得するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには プログラムをポイントするのには Microsoft SQL Server 2005をポイントするのには 構成ツールプロパティ SQL Server 構成マネージャー.
  2. SQL Server 構成マネージャーで、SQL Server ブラウザー サービス右側のウィンドウで、[メイン] ウィンドウのインスタンス名を右クリックしをクリックしてください プロパティ.
  3. で、 SQL Server ブラウザー プロパティ ページをクリックして、 高度な タブ、プロパティ リストには、インスタンス ID を検索し、クリックしてください ].
Windows ファイアウォールを開きます. スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] ファイルプロパティ ].

SQL Server 2005 では、Windows ファイアウォールの例外を作成します。

SQL Server 2005 では、Windows ファイアウォールの例外を作成するのには、次の手順を実行します。
  1. [Windows ファイアウォール] をクリックします。 例外 タブとクリック [プログラムを追加します。.
  2. プログラム ウィンドウの追加] をクリックします。 参照.
  3. C:\Program 名 SQL Server\ をクリックしてください。入ります\MSSQL\Binn\sqlservr.exe をクリックして と入力してプロパティ ].

    メモ パスは、SQL Server 2005 がインストールされている場所によっては、によって異なるかもしれません。 入ります 前の手順の手順 3 で取得したインスタンス ID のプレース ホルダーです。
  4. 例外は、SQL Server 2005 のインスタンスごとに手順 1 ~ 3 を繰り返します。

Windows ファイアウォールの例外は、SQL Server ブラウザー サービスを作成します。

Windows ファイアウォールの例外は、SQL Server ブラウザー サービスを作成するのには、次の手順を実行します。
  1. [Windows ファイアウォール] をクリックします。 例外 タブとクリック [プログラムを追加します。.
  2. プログラム ウィンドウの追加] をクリックします。 参照.
  3. C:\Program 名 SQL Server\90\Shared\sqlbrowser.exe の実行可能プログラムをクリックし、 と入力してプロパティ ].

    メモ パスは、SQL Server 2005 がインストールされている場所によっては、によって異なるかもしれません。
版、デベロッパー版、リモート コンピューターでリモート接続を Microsoft Access、Microsoft Excel、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#、Visual C++、Visual Web Developer express します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:914277 - 最終更新日: 07/16/2013 01:50:00 - リビジョン: 14.1

Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition

  • kbsqlsetup kbhowto kbtshoot kbinfo kbmt KB914277 KbMtja
フィードバック
mg style="display:none;" onerror="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">