[FIX] Internet Explorer 6 SP1 でウィンドウの幅に画面の幅より大きい値を指定して Window.Open メソッドを使用すると、子ウィンドウが画面の幅で開くことがある

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Microsoft Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1) で、Window.Open メソッドを使用して子ウィンドウを開く場合を想定します。Window.Open メソッド呼び出しで、ウィンドウの幅に画面の幅よりも大きい値を指定したとします。この場合、子ウィンドウが画面の幅で開くことがあります。

この問題は、累積的なセキュリティ更新プログラム MS05-038 のインストール後に発生します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
896727 [MS05-038] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム
詳細
警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

この修正プログラムを有効にするには、以下の手順を実行して、レジストリ キーを変更する必要があります。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKLM\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。
  4. FEATURE_WINDOW_DEFWINDOWPROCSIZING と入力し、Enter キーを押します。
  5. [FEATURE_WINDOW_DEFWINDOWPROCSIZING] を右クリックし、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  6. iexplore.exe と入力し、Enter キーを押します。
  7. 右側のウィンドウで [iexplore.exe] を右クリックし、[変更] をクリックし、[値のデータ] ボックスに 0 と入力して、[OK] をクリックします。
  8. [ファイル] メニューの [レジストリ エディタの終了] をクリックして、レジストリ エディタを終了します。
状況
マイクロソフトでは、この問題を Microsoft Internet Explorer 6 Service Pack 1 の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:915113 - 最終更新日: 01/16/2015 16:42:24 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft Internet Explorer 6.0 SP1
  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbfix kbbug kbmsccsearch kbpubtypekc KB915113
フィードバック