現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

別のユーザーを統合する方法、マネージ Groove ドメインに Groove ドメインを管理します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:915621
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ここでは管理されている、Groove ドメインに別のマネージ Groove ドメインのユーザーを統合する方法について説明します。
詳細
Microsoft Office Groove Manager 2007 には、すべてのクライアントが Microsoft Office Groove 2007 実行されている場合に使用できる自動移行機能があります。 以前のバージョン、Groove 管理サーバーのした場合、またはドメイン メンバー Groove 仮想 Office 3. 1 または旧バージョンの Groove を使用する場合に、ユーザーを手動で移行する必要があります。

マネージ、Groove ドメインに他のマネージ Groove ドメインのユーザーを統合するには、メンバー領域 Groove エンタープライズ管理サーバー (EMS) の「ドメインのメンバー リストのエクスポート」機能を使用します。 この手順の例のとおりです。
  1. ブルー Yonder 航空が翼端社を購入します。 ブルー Yonder 航空にドメイン管理者必ず Yonder 航空を青にマネージの Groove ユーザーの管理、翼端社 Groove グルーブの ID。
  2. ブルー Yonder 航空 Groove 管理者が翼端社 EMS にログオンし、翼端社のドメインのメンバー リストをエクスポートします。 すべての翼端社の Groove ユーザーのコンマで区切られた値 (CSV) ファイルを作成このとします。
  3. ブルー Yonder 航空 Groove 管理者が青、Yonder 航空 EMS にログオンし、翼端社のドメインのメンバー リストをインポートします。 ユーザーいた社の翼端で同じ名前を持つユーザーのセットを作成このとします。 ただし、ライセンス認証コードは、Yonder 航空を青で制御されます。
  4. ブルー Yonder 航空 Groove 管理者は、レジストリ キー、翼端社ドメインの一部として使用するコンピューターにデバイスを追加して適用されます。 このため、これらのコンピューターなります青を Yonder にマネージ デバイス航空ドメイン。

    メモ この手順を省略すると、翼端社のユーザーは、既存のユーザー変換できません。
  5. ブルー Yonder 航空 Groove 管理者は青 Yonder 航空の ID 移行したユーザーに発行します。 これらの ID は古い ID と同じ名前を持ちます。
  6. 移行のユーザーが、Groove の ヘルプ を開く] メニューの [ 製品のライセンス認証の手続きを行う ] をクリックし、 身元の変換 オプションを選択、します。 このオプションは、このシナリオでは既定の選択肢です。

    この手順は青の Yonder 航空の新しい ID で、移行されたユーザーの ID に変換しますが、ワークスペースのメンバーシップをそのままできます。
メモ 新しいを作成して基本的なこの手順を変更する、2 つの元のドメインからの 3 番目のドメイン。
関連情報
Groove Manager 2007 でドメイン ユーザーを移行する方法の詳細については、「別のドメインにユーザーを移行しています] Groove サーバー マネージャーのヘルプでしてください。
TCN-00717 Groove2007

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:915621 - 最終更新日: 01/15/2015 08:20:14 - リビジョン: 2.3

Groove Enterprise Management Server 2.0, Groove Enterprise Management Server 2.1, Groove Enterprise Management Server 2.5, Groove Enterprise Management Server 3.0, Groove Enterprise Management Server 3.1, Groove Workspace 2.5 Professional Edition, Groove Workspace 2.5 Project Edition, Groove Workspace 2.5 Standard Edition, Groove Virtual Office 3.0 File Sharing Edition, Groove Virtual Office 3.0 Professional Edition, Groove Virtual Office 3.0 Project Edition, Groove Virtual Office 3.1 File Sharing Edition, Groove Virtual Office 3.1 Professional Edition, Groove Virtual Office 3.1 Project Edition, Microsoft Office Groove 2007, Microsoft Office Groove Server 2007 Manager, Microsoft Office Groove Server 2007

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB915621 KbMtja
フィードバック