現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

32 ビット版の Windows XP Service Pack 2 用の XmlLite 更新プログラム パッケージについて

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
この資料では、低レベルの XML パーサーである XmlLite を提供する更新プログラム パッケージについて説明します。この更新プログラムにより、32 ビット版の Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピュータに XmlLite がインストールされます。

XmlLite は、低レベルの XML パーサーであり、強力な XML ベースのアプリケーションを作成することができます。また、XmlLite は、XML 1.0 に準拠したフォーマットを使用するアプリケーションとの対話的な処理にも使用できます。

XmlLite の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。x64 ベースの Windows XP を実行しているコンピュータ用の XmlLite 更新プログラム パッケージの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
914783 Windows Server 2003 Service Pack 1 および Windows XP Professional x64 Edition 用の XmlLite 更新プログラム パッケージについて
詳細

更新プログラムの情報

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

ダウンロードWindows XP 用 XMLLite (KB915865) パッケージ
ダウンロードWindows XP x64 Edition 用 XMLLite (KB915865) パッケージ
ダウンロードWindows Server 2003 用 XMLLite (KB914783) パッケージ
ダウンロードWindows Server 2003 (Itanium ベースのシステム) 用 XMLLite (KB914783) パッケージ
ダウンロードWindows Server 2003 x64 Edition 用 XMLLite (KB914783) パッケージ

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

この更新プログラムを適用する場合は、コンピュータで Windows XP Professional SP2 が実行されている必要があります。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後に、コンピュータを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、他の更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

ファイル名バージョン日付時刻サイズ
xmllite.dll1.0.1018.02006/07/2114:07121,856
プロパティ

文書番号:915865 - 最終更新日: 08/24/2007 19:54:00 - リビジョン: 1.6

  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • kbfix kb32bitonly kbqfe kbxml kbpubtypekc atdownload kbhotfixserver KB915865
フィードバック