現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

エラー 0x80246008 または Windows Update または Microsoft Update から更新をダウンロードするときの 0x80246007

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:916251
解決方法
Updatesfrom Updateor Microsoft 更新プログラムの Windows をダウンロードするときにエラー 0x80246008 または 0x80246007 が発生した場合、バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) または Windows イベント ログ サービスを再起動する必要があります。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

手順 1: Windows Update トラブルシューティング ツールを実行します。

Troubleshooterto Windows アップデートまたはマイクロソフトの更新プログラムに関する一般的な問題を自動的に修復して Windows Update を再実行して Windows アップデートを実行します。に関するトラブルシューティングの起動を今すぐ実行をクリックします。
Windows 8.1、Windows 8 または Windows 7
Microsoft fix it banner
自動的に診断し修正 Windows Update に関する一般的な問題のトラブルシューティングこの資料に記載された問題を自動的に修正が。

このトラブルシューティングは、多くの問題を修正します。
詳細します。
今すぐ実行
Windows Vista または Windows XP の場合
Microsoft fix it banner
自動的に診断し修正 Windows Update に関する一般的な問題のトラブルシューティングこの資料に記載された問題を自動的に修正が。

このトラブルシューティングは、多くの問題を修正します。
詳細します。
今すぐ実行

Windows XP Service Pack 2 (SP2)、Windows XP Service Pack 1 (SP1)、または Windows XP を実行している場合この修正プログラムを実行して下記の解決方法です。

手順 2: バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) の andWindows イベント ログ サービスを再起動します。

Windows 8.1 または Windows 8 の場合
  1. コントロール パネルから管理ツールを開きます。コントロール パネルを開き、管理ツールの [検索] ボックスを入力し、[管理ツール] をクリックします。
  2. サービス] をダブルクリックします。管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードの入力、または確認を行います。
  3. バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS)サービスを右クリックし、プロパティ] をクリックします。
  4. [全般] タブの [スタートアップの種類] の横の [自動 (遅延開始)が選択されているを確認します。
  5. サービス ステータスの横には、サービスが開始されているかどうかを確認します。ない場合は、開始をクリックします。
  6. プロパティのダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。
  7. Windows イベント ログサービスを右クリックし、プロパティ] をクリックします。
  8. [全般] タブの [スタートアップの種類] の横の [自動が選択されているを確認します。
  9. サービス ステータスの横には、サービスが開始されているかどうかを確認します。ない場合は、開始をクリックします。
場合、ビットまたは Windows イベント ログ サービスが正常に起動、使用できません、 システム ファイル チェッカー ツール 修復破損した Windows ファイルをもう一度、サービスを再起動します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 管理者特権のコマンド プロンプトを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。
    sfc/scannow
  3. サービスを再起動してください。

ビットと Windows イベント ログ サービスは開始、runWindows の更新プログラムをもう一度。
Windows 7 または Windows Vista の場合
  1. [スタート] ボタンをクリックし、コントロール パネルで管理ツールを開きます。検索ボックスに、管理ツールの入力し、[管理ツール] をクリックします。
  2. サービス] をダブルクリックします。注: <b>管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードの入力、または確認を行います。
  3. バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS)サービスを右クリックし、プロパティ] をクリックします。
  4. [全般] タブの [スタートアップの種類] の横の [自動 (遅延開始)が選択されているを確認します。
  5. サービス ステータスの横には、サービスが開始されているかどうかを確認します。ない場合は、開始をクリックします。
  6. プロパティのダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。
  7. Windows イベント ログサービスを右クリックし、プロパティ] をクリックします。
  8. [全般] タブの [スタートアップの種類] の横の [自動が選択されているを確認します。
  9. サービス ステータスの横には、サービスが開始されているかどうかを確認します。ない場合は、開始をクリックします。
場合、ビットまたは Windows イベント ログ サービスが正常に起動、使用できません、 システム ファイル チェッカー ツール 修復破損した Windows ファイルをもう一度、サービスを再起動します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 管理者特権のコマンド プロンプトを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。
    sfc/scannow
  3. サービスを再起動してください。
ビットと Windows イベント ログ サービスが開始、Windows Update を再度実行します。
Windows XP
  1. BITS の最新バージョンがインストールされていることを確認します。詳細を表示します。 バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) 2.5 が Windows XP および Windows Server 2003 に対して使用できるようになりました.
  2. Qmgr.dll および Qmgrprxy.dll ビットのファイルを登録してください。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。 regsvr32 qmgr.dllと入力し [ ok]をクリックします。
    2. [スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。 regsvr32 qmgrprxy.dllと入力し [ ok]をクリックします。
    3. コンピューターを再起動します。
  3. ビットを修復します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、 cmd と入力し、[OK] をクリックします。
    2. コマンド プロンプトで次コマンドを入力します]をクリック。
      %windir%\System32\rundll32.exe setupapi,InstallHinfSection DefaultInstall 132 %windir%\inf\qmgr.inf
      注: <b>オペレーティング システム CD を挿入するプロンプトが表示されたら、 %windir%\ServicePackFiles\i386ファイルのコピー元] ダイアログ ボックスで、入力]をクリックします。
    3. コンピューターを再起動します。
    4. コマンド プロンプトで次コマンドを入力します]をクリック。
      Reg は、HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\BITS\Parameters/v れた/t REG_EXPAND_SZ/d ・ %indir%\System32\qmgr.dll を追加します。
    5. コマンド プロンプトで次コマンドを入力します]をクリック。
      Reg add HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\BackupRestore\FilesNotToBackup
    6. コンピューターを再起動します。
  4. ビットを手動で開始します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、実行をクリックして、 services.mscを入力および [ OK] をクリックします。
    2. Background Intelligent Transfer Serviceをダブルクリックします。
    3. サービスの状態領域で [開始] をクリックします。
      注: <b>ビットが正常に起動するとすぐに、BITS スタートアップの種類を「自動」「手動」ではなくを設定します。スタートアップの種類を変更するには、これらの手順に従います。
      1. [スタート] ボタン、実行をクリックして、 services.mscを入力および [ OK] をクリックします。
      2. Background Intelligent Transfer Serviceをダブルクリックします。
      3. スタートアップの種類ボックスで自動をし [ OK] をクリックします。
  5. Windows 更新プログラムを再度実行します。この問題を解決できない場合は、%allusersprofile%\Application の Data\Microsoft\Network\Downloader フォルダーを削除します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:916251 - 最終更新日: 06/21/2015 02:26:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Windows Update, Microsoft Update

  • kbwindowsupdate kbtshoot kberrmsg kbprb kbmt KB916251 KbMtja
フィードバック