プロジェクトは、Microsoft Dynamics GP 9.0 で会計で各国通貨での請求機能の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:917723
はじめに
プロジェクトは、Microsoft Dynamics GP 9.0 で会計の機能通貨以外の通貨での予算金額を入力できます。この各国通貨での請求の機能では、予算を作成し、お客様の元の通貨を使用して、請求の請求書を作成することができます。たとえば、顧客は、プロジェクトの元の通貨での支払い単価をネゴシエートします。このような状況は、請求時に、為替レートが異なる場合でも支払い単価は変わりません。機能の金額は、請求の時点で為替レートを反映するように調整されます。したがって、プロジェクトの予算は、為替レートの変更のリスクをでは。
詳細
各国通貨での支払い機能を使用するときに発生する次の動作を考慮してください。
  • 契約保守ウィンドウで請求通貨 ID ] フィールドに、元の通貨を入力し、各国通貨での請求プロジェクトを作成できます。ただし、この機能は、手数料固定価格プロジェクトおよび時間/実費払に対してのみ使用します。
  • 契約契約の保守ウィンドウ内で使用される通貨がプロジェクトに自動的にロールバックされます。契約の下のすべてのプロジェクトには、同じ通貨を割り当てる必要があります。この通貨を変更することはできません。
  • 契約保守ウィンドウで、プロジェクトの保守ウィンドウで、順序の変更] を無効にすることがあります。元の通貨が、請求通貨 ID ] フィールドに入力した場合、ボタンは無効です。変更の順序の機能は、各国通貨での請求プロジェクトで使用可能なために、この現象が発生します。
  • 各国通貨での請求プロジェクトで使用できる唯一の利益型は、支払い単価「なし」です。
  • 購買/材料の在庫の原価カテゴリは、各国通貨での請求プロジェクトでは使用できません。
  • 各国通貨での請求プロジェクトに追加できる唯一の費用は、手数料の計算方法と手数料の金額を使用します。
  • プロジェクトの保守ウィンドウで、請求通貨 ID ] フィールドの横にある [検索] ボタンが有効になります。プロジェクトに見積のステータスがある場合は、[検索] ボタンをクリックすると、PA の基準為替レートの入力ウィンドウが開きます。プロジェクトでは、オープンの状態がある、[検索] ボタンをクリックすると、PA 予測為替レートの入力ウィンドウが開きます。予算作成だけでは、このウィンドウに入力されている為替レートが使用されます。この為替レートは実際のトランザクションでは使用されません。
  • 契約保守ウィンドウでプロジェクトの保守ウィンドウで、予算の管理] ウィンドウで、[変更の通貨の表示] ボックスの一覧があります。
  • 予算の管理] ウィンドウで、または予算の詳細項目] ウィンドウでは、元の通貨が表示されている場合は、単位原価を変更できません。機能通貨は、これらのウィンドウのいずれかに表示されて場合、は、予算の詳細項目] ウィンドウでの支払い単価を変更できません。
  • 機能通貨を課金通貨 ID ] フィールドに入力しない場合、利益は予算から常に取り込まれます。このような場合は、利益の種類は、利益の種類] フィールドに入力されています。
  • 各国通貨での請求書作成プロジェクトの原価トランザクションを入力すると、日付フィールドの横の [検索] ボタンが有効になります。[検索] ボタンをクリックすると PA 請求為替レートの入力ウィンドウが開きます。このウィンドウでは、為替レートを入力できます。この為替レートを使用して、未収収益合計を計算します。
  • プロジェクトは、プロジェクトの保守ウィンドウに入力された請求の通貨を使用してのみ請求できます。
  • 原価トランザクションが入力されている時間と請求先住所が実行される時間の間の為替レートを変更できます。為替レートを変更する場合は、コストの差異が未請求収益の調整と調整未請求売掛金勘定の勘定科目の種類に転記されます。この種類のアカウントは、それぞれの未請求のプロジェクトの収益および未請求・ アカウント売掛金勘定の勘定科目の種類、使用されている同じ勘定番号を使用します。
  • プロジェクトに、従業員または位置のレートのテーブルを追加するには、プロジェクト請求の設定] ウィンドウを使用します。ただし、コスト情報のみが、割り当てられた単価表から取得されます。予算からは、利益の情報は得られますが常にします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:917723 - 最終更新日: 04/06/2016 06:30:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 9.0, Project Accounting

  • kbnosurvey kbinfo kbmbsmigrate kbmt KB917723 KbMtja
フィードバック