現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Sqldumper.exe ユーティリティを使用して、SQL Server でダンプ ファイルを生成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:917825
概要
Sqldumper.exe ユーティリティは、Microsoft SQL Server 2005年、Microsoft SQL Server 2008年、2008年の R2 を Microsoft SQL Server、Microsoft SQL Server 2012年で含まれています。この資料では、ワトソン エラー レポートやデバッグ タスクのダンプ ファイルを生成するのには、Sqldumper.exe ユーティリティを使用する方法について説明します。
詳細
Sqldumper.exe ユーティリティを使用すると、オン ・ デマンドで任意の Windows アプリケーションのダンプ ファイルを生成できます。アプリケーションの問題を実行している SQL Server 2005、Microsoft SQL Server 2008年、Microsoft SQL Server 2008 R2 コンピューターするときのデバッグ用のダンプ ファイルを生成することができます。 または Microsoft SQL Server 2012年へのユーザーの要求に応答していません。最小ダンプ ファイル、完全なダンプ ファイル、またはフィルター処理したダンプ ファイルのダンプ ファイルができます。

ただし、汎用目的のデバッグは、Sqldumper.exe ユーティリティを使用できません。汎用目的のデバッグの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 例外処理が発生した場合にダンプ ファイルを内部的に生成するのには、Sqldumper.exe ユーティリティは SQL Server のプロセスが呼び出されます。SQL Server は、Sqldumper.exe ユーティリティにフラグを渡します。SQL Server ユーティリティで、例外のコンテキストまたはアサーション コンテキスト内に渡すフラグを変更するのにはトレース フラグを使用することができます。これらのトレース フラグは 2540年から 2559年の範囲内です。これらのトレース フラグを使用して、特定の種類のダンプ ファイルを生成することができます。例を示します。
  • トレース フラグ 2551年: フィルターされたメモリ ダンプを生成します。
  • トレース フラグ 2544年: フル メモリ ダンプが生成されます。
  • トレース フラグ 2546年: SQL Server のダンプ ・ ファイル内のすべてのスレッドをダンプします。
  • トレース フラグ 8026。 SQL Server は、dumptrigger 1 回ダンプを生成した後クリアされます。
2 つ以上のトレース フラグをアクティブになっている場合は、最大のメモリ ダンプを示すオプションを有効なります。2551 と 2544年のトレース フラグを使用すると、SQL Server のフル メモリ ダンプを作成します。

Windows アプリケーションのプロセス識別子の取得方法

Sqldumper.exe ユーティリティを使用して、ダンプ ファイルを生成するのには、ダンプ ファイルを生成する Windows アプリケーションのプロセス識別子が必要です。プロセスのプロセス id を取得するのには、次の手順を実行します。
  1. Ctrl キー + ALT キーを押しながら DEL を押しをクリックしてください タスク マネージャー.
  2. で、 Windows タスク マネージャー ダイアログ ボックスをクリックして、 プロセス タブします。
  3. で、 ビュー メニューの [をクリックして 列を選択します。.
  4. で、 列を選択します。 ダイアログ ボックスをオンにし、 PID (プロセス Id) チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ].
  5. ダンプ ファイルを生成する Windows アプリケーションのプロセス id に注意してください。SQL Server アプリケーションでは、Sqlservr.exe プロセスのプロセス id に注意してください。
  6. 閉じる タスク マネージャー.
コンピューターに SQL Server のエラー ログ ファイルを使用して実行している SQL Server のアプリケーションのプロセス id を取得することもできます。たとえば、SQL Server のエラー ログ ファイルの次のような。

2006-04-18 09:53:03.94 Server Microsoft SQL Server 2005: 9.00.1399.06 (Intel x86)
2005 10 月 14 日 00時 33分: 37
Copyright (c) 1988年-2005 Microsoft Corporation
Enterprise Edition では、Windows NT の 5.2 (ビルド 3790 Service Pack 1)。

2006-04-18 09:53:03.94 Server (c) 2005 Microsoft Corporation。
2006-04-18 09:53:03.94 Server すべての権利予約。
2006-04-18 09:53:03.94 Server サーバー プロセス ID は 3716 です。

後に表示される数値 サーバー プロセス ID Sqlservr.exe プロセスのプロセス識別子です。

Sqldumper.exe ユーティリティを実行する方法

Sqldumper.exe ユーティリティこのユーティリティ元 SQL Server にインストールされて、フォルダーのコンテキストで実行します。既定では、Sqldumper.exe ユーティリティのインストール パスはとおりです。
SQLServerInstallDrive: \Program Files\Microsoft SQL Server\90\Shared\SQLDumper.exe
SQLServerInstallDrive SQL Server 2005 をインストールしたドライブのプレース ホルダーです。

Sqldumper.exe ユーティリティを使用して、ダンプ ファイルを生成するのには、次の手順を実行します。
  1. 次のフォルダーを開きます。
    SQLServerInstallDrive: \Program Files\Microsoft SQL Server\番号\Shared
    メモ このフォルダーのパス 番号 次のいずれかのプレース ホルダーです。
    • フォルダー名は、SQL Server 2012年のです。
    • フォルダー名は、SQL Server 2008 の 100 です。
    • SQL Server 2005 のフォルダー名前 90。

  2. Dbghelp.dll ファイルがこのフォルダーにあることを確認します。
  3. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  4. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    cd SQLServerInstallDrive: \Program Files\Microsoft SQL Server\番号\Shared
    メモ このフォルダーのパスは、次のいずれかのプレース ホルダーです。
    • フォルダー名は、SQL Server 2012年のです。
    • フォルダー名は、SQL Server 2008 の 100 です。
    • SQL Server 2005 のフォルダー名前 90。
  5. 特定の種類のダンプ ファイルを生成するのには、コマンドのプロンプトが表示されたら、対応するコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    • 完全なダンプ ファイル
      Sqldumper.exe プロセス Id 0 0x01100
    • 最小ダンプ ファイル
      Sqldumper.exe プロセス Id 0 0x0120
    • 間接的に参照されているメモリを含む最小ダンプ ファイル
      Sqldumper.exe プロセス Id 0 0x0120:40
    • フィルター処理したダンプ ファイル
      Sqldumper.exe プロセス Id 0 0x8100
    プロセス Id ダンプ ファイルを生成する Windows アプリケーションのプロセス識別子のプレース ホルダーです。
Sqldumper.exe ユーティリティが正常に実行された場合は、ユーティリティは、ユーティリティがインストールされているフォルダーにダンプ ファイルを生成します。

Sqldumper.exe ユーティリティを生成するダンプファイルには、次のようなファイル名のパターンがあります。
xxxx.mdmp
このパターンでは、 xxxx 特定数の増加のようなファイル名が同じフォルダー内にある他のファイルに基づいています。指定されたパターンのファイル名を持つフォルダー内のファイルが既にある場合は、目的のファイルを識別するファイルが作成された日時を比較する必要があります。

その他の情報と注意事項

Sqldumper.exe ユーティリティがダンプ ファイルは、Windows アプリケーションを生成すると、ダンプ ファイルは Windows アプリケーションが現在使用しているメモリと同じ大きさする可能性があります。Sqldumper.exe ユーティリティがダンプ ファイルを書き込むが、ドライブに十分なディスク領域があるかどうかを確認します。

Sqldumper.exe ユーティリティがダンプ ファイルを書き込むディレクトリを指定できます。ディレクトリがすでに、Sqldumper.exe ユーティリティを実行する前に存在する必要があります。それ以外の場合、Sqldumper.exe ユーティリティが失敗します。UNC パス、場所にダンプ ファイルを使わないでください。最小ダンプ ファイルのダンプ ファイルの場所を指定する方法の例を次に示します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    cd SQLServerInstallDrive: \Program Files\Microsoft SQL Server\番号\Shared
    メモ このフォルダーのパス 番号 次のいずれかのプレース ホルダーです。
    • フォルダー名は、SQL Server 2012年のです。
    • フォルダー名は、SQL Server 2008 の 100 です。
    • SQL Server 2005 のフォルダー名前 90。
  3. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Sqldumper.exe プロセス Id 0 0x0120 0 MdumpPath
    MdumpPathSqldumper.exe ユーティリティがダンプ ファイルを書き込むディレクトリのプレース ホルダーです。既定では、ファイルを現在のフォルダーに書き込まれます。
完全なダンプ ファイルまたはフィルター処理したダンプ ファイルを生成するを指定すると、Sqldumper.exe ユーティリティは、ダンプ ファイルを生成するのに数分かかります。時間は次の変数によって異なります。
  • Sqldumper.exe ユーティリティが現在使用しているメモリの量
  • ユーティリティがダンプ ファイルを書き込むが、ドライブの速度
この間、Sqldumper.exe ユーティリティ コマンドを処理しません。サーバーが応答しなくなったことがわかります。クラスターのフェイル オーバーはまた、発生する可能性があります。

Sqldumper.exe ユーティリティを実行するのには、Windows に、次の方法のいずれかを使用してログオンする必要があります。
  • コンピューター上の administrators グループのメンバーであるアカウントを使用します。
  • SQL Server サービスを実行している同じユーザー アカウントを使用します。
Sqldumper.exe ユーティリティが正常にリモート デスクトップまたはターミナル サービスを経由する、リモート デスクトップまたはターミナル サービス コンソール モードで起動する必要があります。たとえば、リモート デスクトップ コンソール モードで起動します スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] mstsc/consoleプロパティ ].対象サーバーが Windows 2000 を実行する場合は、 /consoleオプションがサイレント モードで無視されますに注意してください。リモート デスクトップ経由でサーバーに接続することができます。しかし、コンソール セッション使用しません。
Sqldumper.exe ユーティリティを実行するとダンプ ファイルが現在のフォルダーに生成されていないことに注意してください場合は、コマンド ・ ラインで、考えられるエラーの原因を判断するのには、ユーティリティが生成した情報を確認します。この情報は現在のディレクトリ内の Sqldumper_errorlog.log ファイルに記録されます。2 つの可能性のあるエラー メッセージとその原因を次に示します。
メッセージ 1
な 0x57 でした - パラメーターが間違っています

無効なプロセス ID は、Sqldumper.exe ユーティリティに渡されました。
メッセージ 2
スレッド id - エラーの<invalid parameter="">パラメーターの値が無効です。</invalid>

Sqldumper.exe ユーティリティに無効なパラメーターが渡されました。

次のようなエラー メッセージが生成された場合、このメッセージは無視してかまいません。

ミニダンプ 6 中に不明なコールバックの種類
ミニダンプ 7 中に不明なコールバックの種類

クラスタ ・ フェイル オーバーと、Sqldumper.exe ユーティリティ

フェールオーバーが発生する前にクラスターのフェールオーバー シナリオでは、SQL Server リソース DLL はダンプ ファイルの取得することができます。SQL Server リソース DLL は、SQL Server リソースが失敗したことを確認すると、SQL Server リソース DLL、Sqldumper.exe ユーティリティは SQL Server プロセスのダンプ ファイルを取得するのに使用します。Sqldumper.exe ユーティリティが正常にダンプ ファイルを生成することを確認するのには、前提条件として次の 3 つのプロパティを設定する必要があります。
  • SqlDumperDumpTimeOut
    ユーザーが指定したタイムアウトします。リソース DLL を待機する前に、リソース DLL を完了するのには、ダンプ ファイル、SQL Server サービスを停止します。
  • SqlDumperDumpPath
    場所は、Sqldumper.exe ユーティリティがダンプ ファイルが生成されます。
  • SqlDumperDumpFlags
    Sqldumper.exe ユーティリティが使用するフラグです。
いずれかのプロパティが設定されていない場合は、Sqldumper.exe ユーティリティは、ダンプ ファイルを生成できません。リソースがオンラインになったときに警告メッセージがイベント ログとの両方で、クラスター ログに記録されます。

クラスターのフェイル オーバーを Sqldumper.exe ユーティリティのプロパティを設定するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. プロパティごとに、コマンドのプロンプトが表示されたら、対応するコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    • SqlDumperDumpFlags プロパティ
      設定するのには SqlDumperDumpFlags プロパティは、特定の種類のダンプ ファイルのコマンドのプロンプトが表示されたら、対応するコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      • すべてのスレッドの完全なダンプ ファイル
        • 既定のインスタンス
          クラスター リソースが"SQL Server"です SqlDumperDumpFlags 0x01100 =
        • 名前付きインスタンス
          クラスター リソース [SQL Server の (インスタンス 1)"です SqlDumperDumpFlags 0x01100 =
      • すべてのスレッド ダンプ ファイル
        • 既定のインスタンス
          クラスター リソースが"SQL Server"です SqlDumperDumpFlags 0x0120 =
        • 名前付きインスタンス
          クラスター リソース [SQL Server の (インスタンス 1)"です SqlDumperDumpFlags 0x0120 =
      • すべてのスレッド ダンプ ファイルをフィルター処理
        • 既定のインスタンス
          クラスター リソースが"SQL Server"です SqlDumperDumpFlags 0x8100 =
        • 名前付きインスタンス
          「SQL Server のクラスター リソースインスタンス (1)"です SqlDumperDumpFlags 0x8100 =
    • SqlDumperDumpPath プロパティ
      クラスター リソースが"SQL Server"です SqlDumperDumpPath = DirectoryPath
      DirectoryPath ダンプ ファイルを生成するディレクトリのプレース ホルダーあり、引用符で指定する必要があります ("")。
    • SqlDumperDumpTimeOut プロパティ
      クラスター リソースが"SQL Server"です SqlDumperDumpTimeOut = タイムアウト
      タイムアウト タイムアウトをミリ秒単位 (ms) のプレース ホルダーです。

      ユーティリティは、SQL Server プロセスのダンプ ファイルを生成するに必要な時間、コンピューターの構成に依存します。大量のメモリを持つコンピューターは、時間は重要なできます。プロセスに要する時間の見積もりを取得するのには、Sqldumper.exe ユーティリティを使用して手動でダンプ ファイルを生成します。有効な値は、 SqlDumperDumpTimeOut ですから 10000 ms するには MAXDWORD. MAXDWORD DWORD データ型 (4294967295) の範囲の最大値を表します。
設定が有効になっていることを確認するのには、次のコマンドを実行することができます。
クラスターのリソースの"SQL Server"/priv"

クラスターのフェイル オーバーを Sqldumper.exe ユーティリティ プロパティを削除するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
  2. 特定のプロパティのコマンドのプロンプトが表示されたら、対応するコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    • SqlDumperDumpFlags プロパティ
      • 既定のインスタンス
        クラスターのリソースの"SQL Server"/priv:SqlDumperDumpFlags/usedefault
      • 名前付きインスタンス
        クラスターのリソース [SQL Server の (インスタンス 1)「/priv:SqlDumperDumpFlags/usedefault
    • SqlDumperDumpPath プロパティ
      • 既定のインスタンス
        クラスターのリソースの"SQL Server"/priv:SqlDumperDumpPath/usedefault
      • 名前付きインスタンス
        「SQL Server のクラスター リソースインスタンス (1)「/priv:SqlDumperDumpPath/usedefault
    • SqlDumperDumpTimeOutプロパティ
      • 既定のインスタンス
        クラスターのリソースの"SQL Server"/priv:SqlDumperDumpTimeOut/usedefault
      • 名前付きインスタンス
        「SQL Server のクラスター リソースインスタンス (1)「/priv:SqlDumperDumpTimeOut/usedefault

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:917825 - 最終更新日: 02/04/2013 19:08:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition

  • kbsql2005tool kbexpertiseadvanced kbhowto kbinfo kbmt KB917825 KbMtja
フィードバック
=">/html>