現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ブロックが発生する、BizTalkMsgBoxDb のデータベース BizTalk Server に接続しようとするとデッドロックの条件、またはその他の SQL Server の問題

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

917845
現象
Microsoft BizTalk Server のブロッキングが発生する、BizTalkMsgBoxDb データベースに接続しようとするとデッドロックの条件、またはその他の Microsoft SQL Server の問題。
原因
この問題は場合に発生する可能性があります。 またはの次の条件に当てはまります。
  • は、 統計の自動作成します。 オプションは BizTalkMsgBoxDb データベースで有効になります。
  • は、 統計の自動更新 オプションは BizTalkMsgBoxDb データベースで有効になります。
  • は、 並列処理の最大程度 オプションは、SQL Server を実行して、BizTalkMsgBoxDb データベースをホストしているコンピューター上の 1 以外の値に設定されます。
  • 最適化するか、BizTalk Server のデータを処理するとき、BizTalkMsgBoxDb データベースでインデックスを再構築します。
解決方法
この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: 自動統計の作成オプションや、[統計の自動更新] オプションを無効にします。

この問題を解決するには、無効にする、 統計の自動作成します。 オプションとは 統計の自動更新 BizTalkMsgBoxDb データベースでは、SQL Server のオプションです。

方法 2: オプションの並列処理の最大の度合いを 1 に設定します。

この問題を解決するには、設定、 並列処理の最大程度 SQL Server を実行しているコンピューター上の 1 にオプションです。

方法 3: BizTalk Server のデータを処理するときインデックスを再構築していません。

この問題を解決するが実行されない、 bts_RebuildIndexes ストアド プロシージャまたは BizTalk Server データを処理しているときに、BizTalk Server データベース内のインデックスを再構築、SQL コマンドを使用します。

メモ BizTalk Server データベースでインデックスのデフラグはサポートされていません。
詳細

Bts_RebuildIndexes のストアド プロシージャ

BizTalkMsgBoxDb データベースでインデックスの再構築を実行することが bts_RebuildIndexes ストアド プロシージャです。BizTalk Server 2006年およびそれ以降のバージョンでは、実行できます、 dtasp_RebuildIndexes BizTalkDTADb データベース内のインデックスを再構築するストアド プロシージャです。

BizTalk のインデックスの多くは、GUID ベースです。多くのテストは、テーブルがスキャンされていない限り、GUID ベースのインデックス BizTalk 固有のワークロードの id ベースのインデックスよりもパフォーマンスを向上できることを示しています。断片化が発生する可能性があります。定期的なペースでのテーブルの間でデータが流れるため、ただし、断片化は問題がスクロールされません。大量のデータが必要な場合は、BizTalkMsgBox データベースに蓄積し、定期的にスケジュールされたダウンタイム時にインデックスをリビルドできます。同じガイドラインが追跡データベースに適用されます。

BizTalk Server その他のデータベースでインデックスを再構築するのに DBCC DBREINDEX SQL コマンドを使用できます。DBCC DBREINDEX SQL コマンドを使用する方法の例についてを右クリックし、 bts_RebuildIndexes ストアド プロシージャ、およびクリック プロパティ.

メモマイクロソフトだけ BizTalk Server ダウンタイム中のデータベースのインデックスの再構築をサポートします。インデックスを再構築する前にすべてのホスト インスタンスと SQL Server のエージェントを停止してください。実行すると、bts_RebuildIndexes ストアド プロシージャ BizTalk Server 2006年およびそれ以降のバージョンでは、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
エラー メッセージ 1
Msg 5239、レベル 16、状態 1、プロシージャの bts_RebuildIndexes、行 4
オブジェクト ID 674101442 ('TrackingData' のオブジェクト) を処理できません。
このデータベース一貫性チェッカ (DBCC) コマンドは、このようなオブジェクトはサポートされていません。
エラー メッセージ 2
Msg 5239、レベル 16、状態 1、プロシージャの bts_RebuildIndexes、行 4この DBCC コマンドはこの種類のオブジェクトをサポートしていないために、オブジェクト ID 722101613 ('TrackingData' のオブジェクト) を処理できませんでした。

この問題が発生するため、TrackingDataオブジェクトは、ビュー BizTalk Server 2006年およびそれ以降のバージョンです。この問題を解決するには、次の操作を行い、実行、bts_RebuildIndexes ストアド プロシージャ:
  1. 次の行をコメントに bts_RebuildIndexes ストアド プロシージャです。
    DBCC DBREINDEX ('[dbo].[TrackingData]') WITH NO_INFOMSGS
  2. 次の行を追加、 bts_RebuildIndexes ストアド プロシージャです。
    DBCC DBREINDEX ('[dbo].[TrackingData_0_0]') WITH NO_INFOMSGSDBCC DBREINDEX ('[dbo].[TrackingData_0_1]') WITH NO_INFOMSGSDBCC DBREINDEX ('[dbo].[TrackingData_0_2]') WITH NO_INFOMSGSDBCC DBREINDEX ('[dbo].[TrackingData_0_3]') WITH NO_INFOMSGSDBCC DBREINDEX ('[dbo].[TrackingData_1_0]') WITH NO_INFOMSGSDBCC DBREINDEX ('[dbo].[TrackingData_1_1]') WITH NO_INFOMSGSDBCC DBREINDEX ('[dbo].[TrackingData_1_2]') WITH NO_INFOMSGSDBCC DBREINDEX ('[dbo].[TrackingData_1_3]') WITH NO_INFOMSGS

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:917845 - 最終更新日: 08/04/2011 15:12:00 - リビジョン: 4.0

  • kbtshoot kbprb kbbts kbmt KB917845 KbMtja
フィードバック