買掛金の管理 Microsoft Dynamics GP で、トランザクションが転記された年度の 1099年仕入先としてマークされていない仕入先の 1099 金額を変更する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:918536
はじめに
次のシナリオを検討してください。

トランザクションに転記されます Microsoft Dynamics の GPfor がマークされていないベンダー 1099年仕入先として。ただし、年のトランザクションが転記されると、仕入先の状態に変わります 1099年仕入先のこと。

1099 仕入先としてマークされていない仕入先の 1099 金額を変更する方法を説明します。
詳細
注: <b>この資料の手順を実行する前に、問題が発生した場合に復元することができるデータベースの完全なバックアップ コピーがあることを確認します。

使用している適切なバージョンのメソッドに従います。

-----------------------------------------------------------------------------

バージョンの Microsoft Dynamics GP 2013 とより高いバージョン。

Microsoft Dynamics GP 2013 と非常に簡単に仕入先の 1099年のステータスを変更すると、上位のバージョンに新しい機能が追加されました。1099 仕入先の中からそれらを元に戻すまたは 1099年仕入先、仕入先を作成するかどうか、ボタンのクリックで取引の履歴と同様に、仕入先の 1099年の設定を変更するのには、次の手順を使用できます。いずれかのシナリオでこれらの手順に従います。

1. Microsoft Dynamics GP では、下にあるツールで、ユーティリティ] をポイントし、購買、を更新 1099年情報] をクリックします。

2. ウィンドウで、更新プログラムの 1099年情報の最後のラジオ ボタンを選択して '仕入先と 1099年トランザクションの。(この選択範囲は動作)。

3. FROM および TO のセクションでは、適切な方法を選択します。
----------------------------------------
方法 1 -、仕入先から現在の 1099年仕入先ないBE1099 仕入先を変更するには、セクションを次のように設定します。

から
税の種類 = [その他] (または仕入先が適切なの 1099年型)
1099 ボックスの数 = 7 (または仕入先が適切なの 1099年ボックスの数)


税の種類 =しない、1099年仕入先 *
1099 ボックス Number グレー
----------------------------------------
方法 2 - 仕入先から現在ない仕入先の 1099年のにBE1099 仕入先のセクションを次のように設定を変更します。

から
税の種類 =しない、1099年仕入先 *
1099 ボックスの数は選択できません。


税の種類 = [その他] (または必要に応じて、適切な 1099年型)
1099 ボックスの数 = 7 (または必要に応じて、1099年ボックスの番号を適切な)
----------------------------------------

注: '1099年ベンダーではありません' が選択リスト内のオプションではない場合、しする必要があります 2 の手順を再検討します。


範囲] セクションで、を制限する、ベンダー ID とを挿入する、範囲 restrictionsection に。

5. 上部にあるプロセスをクリックします。(このプロセスを更新 1099年テーブルと同様に、買掛金トランザクション テーブルと、Vendorcard。)

6. 画面やプリンターに更新プログラムの 1099年情報の監査レポートを印刷して、使用される 'new' と 'old' の値が正しいことを確認します。

7. 仕入先の設定を確認する:カードに移動し、購買、 ] をポイントし、[仕入先] をクリックします。ベンダー ID を選択し、[オプション] をクリックします。今税の種類1099年ボックスの新しい値を使用する新しい値を反映し、今後使用することを確認します。(このプロセス変更カード仕入先の 1099年セットアップします。

8. トランザクションを確認する: 上記の方法 2 を行った場合トランザクションに移動、をポイント購入し、編集の 1099年トランザクションの情報] をクリックします。仕入先 IDを入力して、オフ] タブ ([再表示] をクリックして)、仕入先のトランザクションの履歴] ウィンドウの下部のセクションを作成する必要があります。各トランザクションを確認します。税の種類ボックスの数と各トランザクションの1099 金額は、必要に応じて編集できます。変更を行った場合が完了したら、変更 1099年 1099年フォームの印刷に使用されるテーブルを更新することが上部にあるプロセスをクリックします。

注: 仕入先に設定する場合は、' 1099 ではない Vendor'using の方法の 1、するメッセージが表示されます"される 1099年仕入先ではありません.」このウィンドウでします。1099 仕入先を仕入先のカードが設定されている場合 1099年情報は表示がないので、このウィンドウで仕入先を選択することはできません。


--------------------------------------------------------------------

Microsoft Dynamics GP 2010 と以前のバージョン:
  1. Microsoft Dynamics GP を終了するすべてのユーザーが存在します。(のみ、仕入先に何も転記されているかどうかを確認するために必要なを使用している。)
  2. [カード] メニューは、購買をポイントし、[仕入先] をクリックします。仕入先 ID を変更するを選択します。下部にある [オプション] ボタンをクリックし、適切な税の種類1099年ボックスの数、必要に応じて選択します。変更内容を保存し、[ok]をクリックします。
  3. 次に、[カード] メニューには、購買をポイントし、[概要] をクリックします。
  4. 仕入先 ID ] ボックスの一覧で、適切なベンダー ID を [期間] をクリックします。
  5. 仕入先の期間の概要] ウィンドウで、 1099年金額] フィールドの横にある右矢印ボタンをクリックします。
  6. 1099 詳細] ウィンドウで、[表示] 領域でまたはをクリックします。
  7. [] フィールドで、該当する年を入力します。手順 5 でをクリックした場合は、[] ボックスの一覧で該当する月をクリックします。
  8. 金額] フィールドで、適切な [ 1099年ボックスの 1099 金額を入力し、[保存] をクリックします。
  9. その他の期間または数年の手順 6 および 7 は、1099年を変更するのには金額を繰り返します。
  10. 保存] をクリックし、1099年詳細ウィンドウを閉じます。
  11. 仕入先の貸方の概要] ウィンドウで [保存] をクリックします。
注記: ツールは、自動的に仕入先を更新すると、仕入先が正しい 1099年の金額は、使用することが可能です。1099 修飾子と呼ばれるがあり、このツール利用可能なプロフェッショナル ・ サービス ツール ライブラリ (PSTL) パッケージの一部として。これは無料のツールですが、PartnerSource のパートナーによってのみダウンロードできます。行う必要があります手順として 1099年仕入先、仕入先を設定するには、1 つ目の上の 2 とし、1099年修飾子のツールを使用することができますは既に済んで1099年のレコードにする必要がありますレコードを変更します。開いている状態や作業時間のレコードを更新してしません。有料のレコードを変更するのには仕入先を更新して、すぐに、このツールを使用してときにのみこのツールが有効にします。仕入先の 1099年の仕入先にして、1099年レコードと更新されていないとが 1099年レコード、ので履歴レコードを支払処理済みのレコードは、いくつかの組み合わせからマークを既に行っている場合の問題があった.したがって、このツールを使用する場合は、結果を確認することを確認します。

プロフェッショナル サービス ツール ライブラリ (PSTL) に関する詳細については、次のオプションのいずれかの手順に従います。

お客様:
PSTL の詳細については、レコードのパートナーにお問い合わせください。レコードのパートナーがない場合は、パートナーを識別する次の web サイトを参照してください。 マイクロソフトの特定

パートナー:
PSTL の詳細については、次の web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/partnersource/northamerica/deployment/downloads/service-packs/NOAM_PSTL

警告: この記事は自動翻訳されています

Savybės

Straipsnio ID: 918536 – Paskutinė peržiūra: 01/22/2016 18:05:00 – Peržiūra: 0.4

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbinfo kbmbsmigrate kbhowto kbmt KB918536 KbMtja
Atsiliepimai