現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SQL Server 2005 のインスタンスに接続しようとするとエラー メッセージ:「パイプの他の側のプロセスはありません」、または「既存の接続強制的はリモート ホストによって閉じられました」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:919710
現象
次のシナリオを検討してください。Microsoft SQL Server 2005年のインスタンスが Microsoft Windows XP または Microsoft Windows 2000 を実行しているコンピューターにインストールされています。インスタンスに接続しようとしています。このシナリオでは、いずれか、次のエラー メッセージは、接続に使用するプロトコルによって異なりますが表示されます。
  • インスタンスには、名前付きパイプ プロトコルまたは共有メモリ ・ プロトコルを使用して接続しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    パイプの他の側にプロセスがありません。
  • インスタンスには、TCP/IP プロトコルを使用して接続しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    既存の接続はリモート ホストによって強制的に切断されました。
原因
AT_SIGNATURE キーの仕様を持つ証明書を使用してインスタンスをセキュリティで保護されたソケット レイヤー (SSL) の暗号化のために発生します。AT_SIGNATURE キーの仕様を持つ証明書は、SSL 暗号化では、SQL Server 2005 の使用できません。Microsoft Windows Server 2003 を実行しているコンピューターで、証明書は無効と認識されます。そのため、SQL Server サービス、証明書が読み込まれないし、サービスは開始されません。ただし、Windows XP または Windows 2000 を実行しているコンピューターで、SQL Server サービスは、証明書をロードし、サービスを正常に起動します。この現象は、接続に失敗するが発生します。
解決方法
この問題を解決するには、有効な証明書を使用します。AT_EXCHANGE キーの仕様を持つ証明書を使用する必要があります。

Certutil ユーティリティ (Certutil.exe) を使用して、証明書のキーの仕様を調べることができます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
    Certutil-v を保存私のCertificateSerialNumber
    メモ このコマンドで、 CertificateSerialNumber インスタンスを指定した証明書のシリアル番号のプレース ホルダーです。証明書のシリアル番号を取得します。 次のレジストリ サブキーを探し、証明書のレジストリ エントリの値を取得するのには:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQLServer\SuperSocketNetLib
  2. 結果のテキストには、次のようなセクションを見つけます。
    CERT_KEY_PROV_INFO_PROP_ID(2):
    キー コンテナー c3748a7420955ed4ee1dffb26484a0df_64756357-bf11-4528-b106-59c407d8a6e8 =
    プロバイダー Microsoft RSA SChannel 暗号プロバイダーを = します。
    Providertype クラス c
    フラグ = 60
    KeySpec = 1
    有効な証明書は、 KeySpec プロパティには値 1 があります。場合は、 KeySpec プロパティの値が 2、AT_SIGNATURE キーの仕様の証明書の設定されます。そのため、証明書を使用すると、「現象」に記載されている問題は発生します。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
インスタンスの証明書を指定するのには、SQL Server の構成マネージャーを使用することを強くお勧めします。SQL Server の構成マネージャーを使用して、サーバーに有効な証明書だけを表示します。したがって、無効な証明書の選択を回避できます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:919710 - 最終更新日: 08/04/2011 16:37:00 - リビジョン: 5.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbsql2005engine kbsql2005connect kbmt KB919710 KbMtja
フィードバック
&t=">script>