予期せず停止する IIS プロセスのトラブルシューティングを行うデバッグの診断ツールを使用する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:919789
はじめに
Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) では、Inetinfo.exe、Dllhost.exe、W3wp.exe など、IIS プロセスが予期せず停止したときの応答を停止可能性があります。

IIS 5.0

IIS 5.0 では、以下の現象が発生する可能性があります。
  • 以下のようなイベントがシステム ログに記録されます。
    メッセージ 1
    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: サービス コントロール マネージャー
    イベント カテゴリ: なし
    イベント id: 7031
    日付:日付
    時間:時刻
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター:コンピューター名
    説明:
    IIS 管理サービス サービスは予期せず終了しました。これは 7 回発生しています。0 ミリ秒以内に、次の修正動作が行われます: 何もしません。

    詳細については、http://support.microsoft.com にあるヘルプとサポート センターを参照してください。
    メッセージ 2
    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: サービス コントロール マネージャー
    イベント カテゴリ: なし
    イベント id: 7031
    日付:日付
    時間:時刻
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター:コンピューター名
    説明:
    World Wide Web 発行サービス サービスは予期せず終了しました。これは 7 回発生しています。0 ミリ秒以内に、次の修正動作が行われます: 何もしません。

    詳細については、http://support.microsoft.com にあるヘルプとサポート センターを参照してください。
  • 中 (プール) または高 (分離プロセス) が応答を停止し、Web サイトのアプリケーション保護レベルを設定すると、この Web サイト上のページを参照するユーザーは次のようなエラー メッセージを受信可能性があります。
    リモート プロシージャ コールが失敗し、実行されませんでした。
    次のイベント メッセージは、システム ログにも記録される可能性があります。
    イベントの種類: 警告
    イベント ソース: W3SVC
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID:37
    日付:日付
    時間:時刻
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター:コンピューター名
    説明:
    アウト プロセス アプリケーション '/LM、W3SVC、1/ルート' が終了しました。

    このメッセージに関する追加情報について、Microsoft オンライン サポート サイトを参照してください: http://www.microsoft.com/contentredirect.asp。

IIS 6.0、7.0 および 7.5

IIS 6.0 またはそれ以降は、以下の現象が発生する可能性があります。
  • 以下のようなイベントがシステム ログに記録されます。
    メッセージ 1

    イベントの種類: 警告
    イベント ソース: W3SVC
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID:1009
    日付:日付
    時間:時刻
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター:コンピューター名
    説明:
    アプリケーション プール 'DefaultAppPool' を提供しているプロセスが予期せず終了しました。プロセス id は、'1234' でした。プロセス終了コードは '0xc0000005' をしました。

    詳細については、http://support.microsoft.com にあるヘルプとサポート センターを参照してください。
    メッセージ 2

    イベントの種類: 警告
    イベント ソース: W3SVC
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID:1011
    日付:日付
    時間:時刻
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター:コンピューター名
    説明:
    アプリケーション プール 'DefaultAppPool' を提供しているプロセスは、World Wide Web 発行サービスで致命的な通信エラーを検出しました。プロセス id は、'1234' でした。データ フィールドにエラー番号が含まれています。

    詳細については、http://support.microsoft.com にあるヘルプとサポート センターを参照してください。
    データ:
    0000: 6 d 00 07 80
  • IIS プロセスには、タスク マネージャーからが表示されなくなる場合があります。
  • 次のワトソン博士のエラー メッセージのいずれかが表示される場合があります。
    エラー メッセージ 1

    イベントの種類: 情報
    イベント ソース: アプリケーション ポップアップ
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID:26
    日付:日付
    時間:時刻
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター:コンピューター名
    説明:
    アプリケーション ポップアップ: inetinfo.exe - アプリケーション エラー:"0x01b2dc59"の命令が"0x00000008"のメモリを参照します。メモリ「読み取れませんでした」。プログラムを終了して [ok] をクリックします。

    詳細については、http://support.microsoft.com にあるヘルプとサポート センターを参照してください。
    エラー メッセージ 2

    イベントの種類: 情報
    イベント ソース: アプリケーション ポップアップ
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID:26
    日付:日付
    時間:時刻
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター:コンピューター名
    説明:
    アプリケーション ポップアップ: w3wp.exe - アプリケーション エラー:"0x7c82f350"の命令が"0x00000004"のメモリを参照します。メモリ「書き込めませんでした」。プログラムを終了して [ok] をクリックします。

    詳細については、http://support.microsoft.com にあるヘルプとサポート センターを参照してください。
詳細
Web アプリケーションをホストする IIS プロセスが予期せず停止すると、システム、プロセスをアンロードして、実行中のすべての要求は失われます。このシナリオのトラブルシューティングを行うには、デバッグの診断ツールを使用できます。

デバッグの診断ツールを使用します。

生成し、メモリ クラッシュ ダンプを分析するのには、デバッグの診断ツールを使用できます。プロセスが終了する前にメモリ ダンプ (.dmp) ファイルをキャプチャするには。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. ダウンロードしてデバッグ診断プログラム 1.2tool をインストールします。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

    http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=26798

  2. デバッグの診断ツールをインストールした後は、IIS 5.0 および IIS 5.1 のアイドル状態のときのままにしてオプションを有効にします。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. コンポーネント サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを開きます。
    2. コンポーネント サービスを展開し、コンピューターを展開し、 [マイ コンピューター] を展開、およびCOM + アプリケーションを展開し、
    3. カスタム パッケージ、Web サイト、または Web のディレクトリを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
    4. [詳細設定] タブをクリックして、[アイドル状態のときのままにする] チェック ボックスを選択するのには、し、[ OK] をクリックします。
  3. IIS 5.0 および IIS 5.1 用の [デバッグ例外の受け取りを有効にする] オプションを無効にします。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. IIS MMC スナップインを開きます。
    2. Web サイトを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
    3. ホーム ディレクトリ] タブをクリックし、[構成] をクリックします。
    4. 処理オプション] タブをクリックして、デバッグ例外の受け取りを有効にする] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[ OK] をクリックします。
    5. Web サイトのプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。
  4. IIS 6.0 以降で稼働状態の監視を無効にします。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. IIS MMC スナップインを開きます。
    2. アプリケーション プール] を展開します。
    3. アプリケーション プールを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
    4. [リサイクル] タブをクリックし、すべてのワーカー プロセスのリサイクル] チェック ボックスをオフにする] をクリックします。
    5. [パフォーマンス] タブをクリックし、アイドル時間 (分単位) のワーカー プロセスのシャット ダウン] チェック ボックスをオフにする] をクリックします。
    6. [状態] タブをクリックして、ラピッド フェール保護を有効にしてへの ping を有効にする] チェック ボックスをオフにするには、し、[ OK] をクリックします。
  5. IIS を再起動します。[スタート] ボタン、[実行] をクリックするタイプ iisresetと入力し、[OK] をクリックします。

IIS 5.0 および IIS 5.1 では、クラッシュ ルールを作成します。

IIS 5.0 および IIS 5.1 では、クラッシュ ルールを作成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、診断ツールの [デバッグ] をポイントおよび診断ツール 1.2 のデバッグ] をクリックします。
  2. クラッシュ、] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. 目的のターゲットの種類を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [ブレークポイント] をクリックし、ブレークポイントの追加] をクリックします。
  5. [ ComSvcs] をクリックします。ComSvcsExceptionFilter
  6. アクションの種類] ボックスの一覧では、完全なユーザー ダンプの場合をクリックし、し、[ OK] をクリックします。
  7. 保存 & 閉じるをクリックし、[次へ] をクリックします。
  8. 選択ダンプの場所とルールの名前 (オプション) ] ダイアログ ボックスで、次へをクリックします。
  9. [今すぐルールをアクティブにする] チェック ボックスをオンにし、[完了] をクリックします。

IIS 6.0 での上にクラッシュ ルールを作成します。

IIS 6.0 では、上記のクラッシュ ルールを作成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、診断ツールの [デバッグ] をポイントおよび診断ツール 1.2 のデバッグ] をクリックします。
  2. クラッシュ、] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. 目的のターゲットの種類を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. 高度な構成 (オプション) ] ダイアログ ボックスで、次へをクリックします。
  5. 選択ダンプの場所とルールの名前 (オプション) ] ダイアログ ボックスで、次へをクリックします。
  6. [今すぐルールをアクティブにする] チェック ボックスをオンにし、[完了] をクリックします。

クラッシュ メモリ ダンプのデータを手動で取得します。

クラッシュ メモリ ダンプを分析するには、手動で必要なデータを取得します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. デバッガーをアタッチします。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、診断ツールの [デバッグ] をポイントおよび診断ツール 1.2 のデバッグ] をクリックします。
    2. [プロセス] タブをクリックします。
    3. 、デバッグするプロセスを右クリックし、デバッガーのアタッチ] をクリックします。
  2. 診断ツールのデバッグウィンドウで、新しいルールのステータスアクティブであることを確認します。また、 Userdump のカウントは、メモリ ダンプ ファイルが作成されるたびに増加します。
  3. メモリ ダンプ ファイルを分析するには、高度な分析] タブをクリックして、データ ファイルの追加] をクリックします。
  4. .Dmp ファイルを追加するとで利用可能な解析用スクリプト] ボックスの一覧で、クラッシュとハング アナライザー ] をクリックし、[分析の開始] をクリックします。
  5. 分析が完了したら、.mht レポートは C:\Program Files\DebugDiag\Reports フォルダーに作成され、結果と推奨事項と Microsoft Internet Explorer に表示されます。
  6. カスタム Dll を使用する場合に、カスタムの PDB ファイルにシンボル検索パスの分析およびデバッグ用のシンボル検索パスの設定を追加できます。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [ツール] メニューのオプションと設定をクリックします。
    2. シンボル検索パスの分析デバッグ用のシンボル検索パスの設定を構成し、[ OK] をクリックします。
AV アクセス違反のクラッシュ未処理の例外が終了したスタック オーバーフロー iis5 iis6 iis iis 5.1 を対象 debugdiag 5.0 6.0 5.1 のインターネット インフォメーション サーバー サービスがクラッシュ クラッシュのデバッグ診断を下方向に

警告: この記事は自動翻訳されています

Savybės

Straipsnio ID: 919789 – Paskutinė peržiūra: 04/08/2016 07:22:00 – Peržiūra: 7.0

Microsoft Internet Information Services 6.0, Microsoft Internet Information Services 7.0, Microsoft Internet Information Services 7.5

  • kbinfo kbhowto kbmt KB919789 KbMtja
Atsiliepimai