[FIX] Windows XP ベースのコンピューターで記憶域オブジェクトに対して、STGC_CONSOLIDATE フラグと共に、OLE IStorage::Commit メソッドを呼び出すとアクセス違反が発生します。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

919880
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
以下のシナリオを考えます:
  • Microsoft Windows XP ベースのコンピューター アプリケーション記憶域オブジェクト上で OLE IStorage::Commit メソッドを呼び出してを実行します。
  • IStorage::Commit メソッドは、 STGC_CONSOLIDATE フラグと共に呼び出されます。
このシナリオでは、アクセス違反 Ole32.dll プロセスで発生する可能性があります。 破損してさらに、記憶域オブジェクトいる可能性があります。
原因
この問題はトランザクション セット内のストリームには、 IStorage::Commit メソッドが、 STGC_CONSOLIDATE フラグと共に呼び出された後の空のキャッシュがあるないために発生します。
解決方法
この問題を解決をするには Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージを入手 14。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
922668Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 14 の可用性
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
関連情報
IStorage::Commit メソッドに関する詳細は、次のマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) 参照してください Web サイト。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:919880 - 最終更新日: 01/17/2015 14:55:18 - リビジョン: 1.6

  • Microsoft COM+ 1.5
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbpubtypekc kbwinxppresp3fix kbhotfixserver kbmt KB919880 KbMtja
フィードバック