高パフォーマンス ・ ワークロードで実行されている場合、SQL Server のチューニング オプション

Extended support for SQL Server 2005 ended on April 12, 2016

If you are still running SQL Server 2005, you will no longer receive security updates and technical support. We recommend upgrading to SQL Server 2014 and Azure SQL Database to achieve breakthrough performance, maintain security and compliance, and optimize your data platform infrastructure. Learn more about the options for upgrading from SQL Server 2005 to a supported version here.

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:920093
はじめに
この資料では、Microsoft SQL Server 2005年と SQL Server 2008 のオプションをチューニングすることと、さまざまなトレース フラグについて説明します。SQL Server のパフォーマンスを向上させるためにこれらのトレース フラグを使用することができます。通常、SQL Server は、高パフォーマンス ・ ワークロードで実行されている場合に、これらのトレース フラグを使用します。

<b>この資料に記載されたトレース フラグは、チューニング ・ テクニック上級です。基本的な日常的な最適化を実行した後にのみ、これらのトレース フラグを使用を検討する必要があります。たとえば、次の最適化を行った後、これらのトレース フラグを使用して検討してください。
  • インデックス分析
  • I/O の分散
  • SQL クエリのプロファイリング
  • システムの統計情報の監視
また、これらのトレース フラグは、次の特性を持つハイエンド サーバーで主に役立ちます。
  • 多くの Cpu、たとえば、複数の 8 つの Cpu
  • 多くのメイン ・ メモリ、たとえば、複数のメモリの 8 ギガバイト (GB)
  • 高い I/O レート、たとえば、1 秒または 1 秒あたり以上 500 メガバイト (MB) あたりの 10,000 を超える物理 I/O
この資料に記載されたトレース フラグ一部のワークロードでパフォーマンスが低下する可能性があります。実稼働環境での変更を展開する前に、テスト システムでは、ワークロードへの影響を評価することをお勧めします。

<b>この資料の情報は、SQL Server 2008 R2 の CTP のバージョンにも適用されます。
詳細

トレース フラグ 652: 無効にするページのプリフェッチ スキャン

フラグ 652 無効ページ プリフェッチ スキャン中にトレースします。起動時またはユーザー セッションでトレース フラグ 652 を有効にできます。起動時のトレース フラグ 652 を有効にするトレース フラグはグローバル スコープを持ちます。を有効にするトレース フラグ 652 ユーザー セッションでトレース フラグはセッション スコープを持ちます。トレース フラグ 652 を有効にする場合 SQL Server の不要になったは、データベース ページ バッファー プールにこれらのデータベース ページがスキャンによって消費される前にします。トレース フラグ 652 を有効にする場合は、パフォーマンスが低いクエリ ページのプリフェッチ機能の恩恵を展示します。

トレース フラグ 661: 非実体レコードの削除処理を無効にします。

トレース フラグ 661 は、非実体レコードの削除処理を無効にします。非実体レコードは、削除操作の結果です。レコードを削除するときに削除されたレコードが非実体レコードとして保持されます。以降では、非実体レコードの削除プロセスによって削除されたレコードが削除されます。このプロセスを無効にすると、削除されたレコードはパージされません。したがって、削除されたレコードを消費する領域は解放されません。この現象は、容量の消費とスキャン操作のパフォーマンスに影響します。

トレース フラグ 661 起動時や、ユーザー セッションで有効にすると、トレース フラグ 661 は常にサーバーに適用し、グローバル スコープを持ちます。このトレース フラグをオフにした場合、非実体レコードの削除プロセスの動作正しくします。

トレース フラグ 834: バッファー プールのサイズの大きいページ割り当てを使用して Microsoft Windows

トレース フラグ 834 は、SQL Server のバッファー プールに割り当てられているメモリのサイズの大きいページの割り当てを Microsoft Windows を使用すると、します。ページ サイズは、ハードウェア プラットフォームによって異なりますが、ページ サイズは、2 MB から 16 MB にする場合があります。大きいページでは、起動時に割り当てられ、され、プロセスの有効期間全体にわたって保存されます。トレース フラグ 834 は、CPU の翻訳ルックア サイド バッファー (TLB) の効率を増やすことでパフォーマンスを向上します。

トレース フラグ 834 は、SQL Server の 64 ビット バージョンにのみ適用されます。トレース フラグ 834 を有効にするのにはメモリ内のページのロックユーザー権利が必要です。起動時にのみトレース フラグ 834 を有効にできます。

トレース フラグ 834 が起動しないように、サーバー メモリが断片化されている場合と大きなページを割り当てができない場合。したがって、トレース フラグ 834 は、SQL Server 専用のサーバーに最も適しています。

<b>SQL Server 2012年の Columnstore インデックス機能を使用する場合は勧めトレース フラグ 834 を有効にします。

Windows での大規模ページのサポートの詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。

トレース フラグ 836: バッファー プールの最大サーバー メモリ オプションを使用して

トレース フラグ 836 では、物理メモリの合計に基づいてのではなく最大サーバー メモリオプションの値に基づいて起動時にバッファー プールのサイズを SQL Server が発生します。32 ビット アドレス ウィンドウ化拡張 (AWE) モードで起動時に割り当てられるバッファー記述子の数を減らすには、トレース フラグ 836 を使用できます。

トレース フラグ 836 を有効になっている AWE 割り当てを持つ SQL Server の 32 ビット版のみに適用します。起動時にのみトレース フラグ 836 を有効にできます。

トレース フラグ 2301年: 高度な意思決定サポートの最適化

トレース フラグ 2301年は、決定サポートのクエリに固有の最適化の詳細設定を有効にします。このオプションは、意思決定支援に適用されますの大きなデータ セットを処理します。


起動時またはユーザー セッションでトレース フラグ 2301年をオンにすることができます。起動時のトレース フラグ 2301年を有効にするトレース フラグはグローバル スコープを持ちます。ユーザーのセッションで、トレース フラグ 2301年を有効にすると、トレース フラグはセッション スコープを持ちます。

さまざまなリング バッファーを無効にするトレース フラグ

リング バッファーは、サーバーに関する追加情報を記録するために使用できる SQL Server の内部診断機構です。通常、この情報を使用して、サーバーの問題のトラブルシューティングを行う。され動的管理ビューを使用して、リング バッファーの内容を参照できます。

通常、リング バッファーを無効にすると、パフォーマンスが向上します。ただし、リング バッファーを無効にする診断情報をマイクロソフトのサポートの使用を排除し、問題を解決できない場合があります。

以下のトレース フラグは、さまざまなリング バッファーを無効にします。

トレース フラグ 8011: リソース モニターのリング バッファーを無効にします。

トレース フラグ 8011 リソース モニターの追加の診断情報の収集が無効になります。このリング バッファーに情報を使用するにはメモリ不足の条件を診断します。トレース フラグ 8011 は常にサーバーに適用し、グローバル スコープを持ちます。8011 起動時や、ユーザー セッションでトレース フラグにすることができます。

トレース フラグ 8012: スケジューラのリング バッファーを無効にします。

SQL Server は、次のイベントの 1 つが発生するたびに、スケジュールのリング バッファー内イベントを記録します。
  • スケジューラは、別のワーカーにコンテキストを切り替えます。
  • 作業者は中断されます。
  • 作業者が再開されます。
  • 作業者は、プリエンプティブ モードまたは、プリエンプティブ以外のモードを入力します。
このリング バッファーに診断情報を使用するにはスケジュールの問題を分析します。たとえば、このリング バッファーに情報を使用するには SQL Server が応答を停止するときに問題をトラブルシューティングします。

スケジューラのイベントのフラグ 8012 を無効に録画をトレースします。起動時にのみトレース フラグ 8012 をオンにすることができます。

トレース フラグ 8018: 例外リング バッファーを無効にします。
トレース フラグ 8019: 例外リング バッファーのスタック コレクションを無効にします。

例外リング バッファーは、ノード上で発生した最後の 256 例外を記録します。各レコードはエラーに関する情報が含まれていて、スタック トレースが含まれています。レコードは、例外が発生すると、リング バッファーに追加されます。

トレース フラグ 8018、リング バッファーの作成を無効にし、例外情報は記録されません。レコードの作成時に、フラグ 8019 無効スタック コレクションをトレースします。トレース フラグ 8018 がオンになっている場合は、トレース フラグ 8019 を指定しても効果はありません。例外リング バッファーを無効にすると、内部サーバー エラーに関連する問題を診断するより困難になります。トレース フラグ 8018、起動時にのみトレース フラグ 8019 を有効にできます。

トレース フラグ 8020: ワーキング セットの監視を無効にします。

SQL Server は、SQL Server がオペレーティング システムからグローバル ・ メモリ状態の信号を解釈するときに、ワーキング セットのサイズを使用します。トレース フラグ 8020 は、SQL Server は、グローバル メモリ状態の信号を解釈するときに考慮の対象から、ワーキング セットのサイズを削除します。このトレース フラグを正しく使用する場合は、大量のページングが発生すると、パフォーマンスが低下します。したがって、トレース フラグ 8020 を有効にする前に Microsoft サポートに連絡します。

起動時にのみトレース フラグ 8020 を有効にできます。

トレース フラグ 8744: 範囲のプリフェッチを無効にします。

トレース フラグ、ネスト ・ ループ ・オペレーターのプリフェッチ 8744 を無効にします。このトレース フラグの誤用は、SQL Server は、入れ子になったループ演算子を含む計画を実行するとき、追加の物理読み取りにすることがあります。入れ子になったループ演算子の詳細については、SQL Server 2005 Books Online の「論理および物理演算子リファレンス」トピックを参照してください。

有効にできますトレース フラグ 8744 の起動時やユーザーのセッションで。起動時のトレース フラグ 8744 を有効にするトレース フラグはグローバル スコープを持ちます。を有効にするトレース フラグ 8744 ユーザー セッションでトレース フラグはセッション スコープを持ちます。

次の表は、製品または SQL Server のインスタンスでは、ルールの評価対象となる SQL Server のバージョンでは、「現象」に記載されている条件を自動的にチェックするツールについて詳細を提供します。

ルールのソフトウェアルールのタイトルルールの説明ルールの評価対象となる製品のバージョン
System Center のアドバイザーサーバーの不安定性が発生する可能性があります列ストア インデックスを使用して SQL Server およびトレース フラグ 834この SQL Server インスタンスのトレース フラグ 834 (バッファー プールに大きなページ) と 1 つまたは複数の列ストア インデックスの存在を検出しました。サーバーが不安定になるを原因になります。列ストア インデックスを使用している場合、このトレース フラグを有効にすることはお勧めしません。SQL Server 2012


関連情報
有効にするまたはトレース フラグをオフとグローバル トレース フラグに関するセッション トレース フラグを有効にする方法の詳細については、SQL Server 2005 Books Online の以下のトピックを参照してください。
  • DBCC TRACEON (Transact SQL)
  • トレース フラグ (Transact SQL)
  • DBCC TRACESTATUS (Transact SQL)
  • SQL Server 2005 データベース エンジンの機能に重大な変更

Savybės

Straipsnio ID: 920093 – Paskutinė peržiūra: 08/31/2016 09:41:00 – Peržiūra: 11.0

Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Standard

  • kbexpertiseadvanced kbsql2005engine kbsql2005tsql kbinfo kbmt KB920093 KbMtja
Atsiliepimai