現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SQL Server 2005 Compact Edition の概要

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:920700
メモ SQL Server 2005 Compact Edition 製品の開発フェーズ中に SQL Server 2005 のすべての場所でエディションと名付けられました。プレリリース版のコミュニティ テクノロジ プレビュー (CTP) プログラムおよびその他のチャネルを通じて、お客様製品名混乱その他のデータベースと製品名は、業界でなることにマイクロソフトに伝達しました。マイクロソフト真剣にフィードバックを取得し、それは公式の製品名が変更されました。
はじめに
Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition (SQL Server Compact Edition) は、Microsoft SQL Server 2005 Mobile Edition の (SQL Server モバイル 3.0) のデスクトップ制限なしのブランド名です。2005 および SQL Server 2005 と Microsoft Visual Studio 2005 SQL Server Mobile 3.0 がリリースされました。SQL Server モバイル 3.0 デバイスでサポートされているし、Tablet pc SQL Server Mobile 3.0 はデスクトップ コンピューターにも部分的にサポートされています。

デスクトップ コンピューターの SQL Server モバイル 3.0 を使用するには、Visual Studio 2005年または SQL Server 2005 のいずれかをインストールしなければなりません。ただし、SQL Server の Compact Edition では、この制限を削除されています。SQL Server の Compact Edition では、開発およびアプリケーションの SQL Server 2005 と Visual Studio 2005 年に独立を展開することができます。

SQL Server コンパクト版コミュニティ テクノロジ プレビュー (CTP) は、2006 年 6 月 12 日にリリースされました。SQL Server コンパクト版リリース候補 1 (RC1) は、2006 年 11 月 7 日にリリースされました。CTP バージョンと SQL Server のコンパクト エディションの機能は RC1 版の両方は、ランタイム バイナリにのみをしました。SQL Server コンパクト エディションの Web (RTW) バージョンのすべてのパッケージをリリースは、2007 年 1 月 15 日にリリースされました。SQL Server コンパクト エディション RTW のバージョン 3.1 です。次のパッケージは、SQL Server の Compact Edition の RTW 版と共にリリースされました。
  • Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition のランタイム
  • Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition Visual Studio 2005 Service Pack 1 (SP1) のツールします。
  • Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition の開発ソフトウェア開発キット (SDK)
  • Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition サーバー ツール
  • Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition の Books Online
SQL Server コンパクト エディションのすべてのパッケージは以下の言語で解放されます。
  • ドイツ語
  • 英語
  • スペイン語
  • フランス語
  • イタリア
  • 日本語版
  • 韓国語
  • 繁体字
  • 簡体字中国語
  • ロシア語
SQL Server コンパクト版も今後のサービス パック リリース、SQL サーバーとが表示されます。SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2) は、2007 年第 1 四半期にリリース予定です。Microsoft SQL Server のコンパクト エディションを受け付けることができる方法を大まかなハイライトを以下に示します。
  • SQL Server Compact Edition は、web サイトを参照しするダウンロードし、インストールします。
  • SQL Server コンパクト版、2007 年第 1 四半期におけるマイクロソフトの更新プログラムに統合されます。
  • SQL Server の Compact Edition は、SQL Server 2005 SP2 のインストールの一部としてインストールされます。
詳細

SQL Server コンパクト版ランタイム (SQLServerCE31 EN.msi)

SQL Server の Compact Edition にはアプリケーションを開発するために使用できる、ランタイムのビットが含まれていますありデスクトップ コンピューターおよび Tablet pc SQL Server コンパクト版のアプリケーションを展開する、強力なまだ軽量のリレーショナル データベース エンジン。SQL Server の Compact Edition SQL の使い慣れた構文をサポートしています。さらに、SQL Server の Compact Edition 開発モデルと SQL Server と一致する API を提供します。したがって、RTW のバージョンよりも SQL Server のコンパクト エディションを SQL Server の携帯を使ってデスクトップ アプリケーションより簡単に開発できます。SQL Server の Compact Edition には新機能にはなどが含まれます |DataDirectory| 導入簡単な置換文字列のサポートと ClickOnce をサポートします。

SQL Server コンパクト版ランタイムをダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。SQL Server コンパクト版ランタイム バイナリ Dll は次のとおりです。
  • Sqlceca30.dll
  • Sqlcecompact30.dll
  • Sqlceer30en.dll
  • Sqlceme30.dll
  • Sqlceoledb30.dll
  • Sqlceqp30.dll
  • Sqlcese30.dll
  • System.Data.SqlServerCe.dll
Microsoft Windows インストーラー パッケージ SQL Server コンパクト版ランタイム (SQLServerCE31 EN.msi) は、Web 上で利用可能です。Windows インストーラー パッケージは、常に SQL Server Compact Edition の将来の保守性を処理するために、固定の場所にインストールされます。SQL Server コンパクト エディションをインストールすると、プロバイダー (System.Data.SqlServerCe.dll) は、グローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) にインストールされています。さらに、OLE DB プロバイダー (Sqlceoledb30.dll) が登録されています。

OLE DB プロバイダーを登録するには、管理者のアクセス許可する必要があります。そのためには、管理者のアクセス許可を持っていない場合 SQL Server Compact Edition をインストールできません。Windows インストーラー パッケージが"%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server コンパクト Edition\v3.1"フォルダーにこれらのバイナリをインストールします。SQL Server コンパクト エディションをインストールした後、 Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition エントリが追加されます。 追加またはプログラムを削除します。.

(SQLServerCE31 - ローカライズ版をインストールするのには[LN].msi) (SQLServerCE31 EN.msi) の英語版をインストールする必要があります最初、し、ローカライズされたバージョンをインストールします。
メモ [LN] ローカライズ後の言語を表します。

SQL Server コンパクト版ツール Visual Studio 2005 SP1 (している SSCE31VSTools) は

SQL Server コンパクト版ツール Visual Studio 2005 SP1 の SQL Server コンパクト エディションは、デザイン時の環境を使用して Visual Studio 2005年の SP1 の Microsoft スマート デバイス開発のコンポーネントを更新します。

Visual Studio 2005 SP1 の SQL Server コンパクト版ツールをダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。(SSCE31VSTools - ローカライズ版をインストールするのには[LN].exe) (している SSCE31VSTools) の英語版をインストールする必要があります最初に、し、ローカライズされたバージョンをインストールします。

SQL Server コンパクト版開発 SDK (SSCE31SDK ENU.msi)

SQL Server コンパクト版開発 SDK には、SQL Server Compact Edition データベース ストアとしてを使用してアプリケーションを開発するのには、次のファイルが含まれます。
  • .Cab ファイルをモバイル デバイスで SQL Server のコンパクト エディションをインストールします。
  • デスクトップ コンピューターおよび Tablet Pc SQL Server のコンパクト エディションをインストールするには、.msi ファイル
  • SQL Server Compact Edition は、ネイティブ ・ アプリケーションを開発するために必要なヘッダー ファイル
  • SQL Server コンパクト版ヘルプ ファイルをインストールするには、.msi ファイル
SQL Server コンパクト版開発 SDK をダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 SQL Server コンパクト版開発 SDK の英語版には SQL Server のコンパクト エディション実行時の英語版のみが含まれます。SQL Server コンパクト版開発 SDK のローカライズされたバージョンには、SQL Server のコンパクト エディション実行時の英語版とローカライズ版 SQL Server コンパクト エディション実行時が含まれます。SQL Server コンパクト版開発 SDK をインストールした後、SQL Server のコンパクト エディションのランタイムのインストーラー パッケージは、次のフォルダーにあります。
%programfiles%\Microsoft SQL Server コンパクト Edition\v3.1\SDK\bin\Desktop
ローカライズされたランタイムのバージョンを SQL Server Compact Edition から SQL Server 2005 Compact Edition 開発 SDK のローカライズされたバージョンをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 次のフォルダーを開きます。
    %programfiles%\Microsoft SQL Server コンパクト Edition\v3.1\SDK\bin\Desktop
  2. SQL Server コンパクト版ランタイム (SQLServerCE31 EN.msi) の英語版をインストールします。
  3. ローカライズされたランタイムのバージョンを SQL Server コンパクト版 (SQLServerCE31-インストールします。[LN].msi)。

SQL Server Compact Edition サーバー ツール (Sqlce30setupen.msi)

SQL Server Compact Edition サーバー ツールをダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ ローカライズ版 (Sqlce30setup をインストールするのには[LN].msi)、ない英語版をインストールするのには (Sqlce30setupen.msi) 最初します。

SQL Server コンパクト版書籍オンライン (SSCE31BOL ・ EN.msi)

SQL Server Compact Edition Books Online SQL Server Compact Edition のマニュアルをインストールします。

SQL Server Compact Edition Books Online をダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。メモ (SSCE31BOL - ローカライズ版をインストールするのには[LN].msi) にする必要はありません (SSCE31BOL EN.msi) の英語版をインストール最初します。

Visual Studio 2005年または SQL Server 2005 とのサイド バイ サイド インストール

SQL Server モバイル 3.0 には、Visual Studio 2005年または SQL Server 2005 がコンピューターにインストールする必要があります。ただし、SQL Server の Compact Edition にはこの要件はありません。そのため、ユーザーが開発し、SQL Server 2005 をしなくても SQL Server の Compact Edition アプリケーションを展開できますか Visual Studio 2005年がインストールされています。ただし、この変更がいくつかの動作の変更 SQL Server コンパクトと Visual Studio 2005年または SQL Server 2005 がインストールされているエディションを搭載したコンピューター上でがあります。ユーザーの Visual Studio 2005年または SQL Server 2005 では、サイド バイ サイド インストールで次の現象が発生します。

Visual Studio 2005年の動作

Visual Studio 2005 SQL Server Compact Edition と共に
  • SQL Server モバイル 3.0 関連の要素 Visual Studio 2005年での管理ダイアログ ボックスを表示します。
  • SQL Server コンパクト版ランタイムを使用して、Visual Studio 2005年を起動します。この現象は、GAC にプロバイダー SQL Server コンパクト エディションをインストールするために発生します。SQL Server モバイル 3.0 ランタイムは Visual Studio 2005年のインストール場所にあります。ただし、GAC SQL Server Mobile 3.0 ランタイムより優先されます。したがって、Visual Studio 2005年は、常に SQL Server コンパクト版ランタイムの起動時に使用します。
Visual Studio 2005年の SP1 と SQL Server の Compact Edition
  • SQL Server Compact Edition 関連のユーザー インターフェイスを表示します。
  • Visual Studio 2005 SP1 SQL Server コンパクト版ランタイムを使用してを開始します。

SQL Server 2005 の動作

SQL Server 2005 または SQL Server 2005 SP1 と SQL Server の Compact Edition
  • SQL Server モバイル 3.0 関連の要素のすべてのユーザー インターフェイスを表示します。
  • SQL Server コンパクト版ランタイムを使用して、SQL Server 2005 を起動します。
SQL Server 2005 SP2 と SQL Server の Compact Edition
  • SQL Server Compact Edition 関連の要素は、SQL Server 2005 SP2 のユーザー インターフェイスを表示します。
  • SQL Server コンパクト版ランタイムを使用して、SQL Server 2005 SP2 を起動します。

新機能

SQL Server の Compact Edition には、SQL Server モバイル 3.0 に含まれていないいくつかの機能が含まれます。これらの機能は次のとおりです。
  • |DataDirectory| 置換文字列のサポート
  • ClickOnce サポート

|DataDirectory|置換文字列のサポート

|DataDirectory| (パイプ記号で囲む) とデータベースのパスを指定の置換文字列です。そのため、内のコードのフル パスを指定する必要はありません。コードでの完全なパスを指定すると、データベースの完全なパスを別の場所にシリアル化できるため、問題が発生する可能性があります。は、 |DataDirectory| 置換文字列は、プロジェクトを共有して、アプリケーションを配置するのには容易です。

たとえば、アプリケーション内のコードの完全なパスを指定すると、次の接続文字列ことができます。
Data Source= c:\program files\MyApp\Mydb.sdf
使用するかどうかは、 |DataDirectory| 置換文字列が次の接続文字列を持つことができます。
Data Source = |DataDirectory|\Mydb.sdf
設定するのには DataDirectory プロパティ、コールは AppDomain.SetData メソッドです。設定されていない場合は、 DataDirectory プロパティはデータベース フォルダーにアクセスするのには、次の既定の規則が適用されます。
  • ユーザーのコンピューター上のフォルダーに移動されるアプリケーションの場合は、データベース フォルダー アプリケーション フォルダーを使用します。
  • ClickOnce の下で実行されているアプリケーションの場合は、データベース フォルダーの作成、特定のデータ フォルダーを使用します。
メモ します。NET Compact Framework ではサポートされません、 AppDomain.SetData Microsoft Windows Mobile ベースのデバイス上での方法です。アプリケーションを呼び出すかどうかは、 AppDomain.SetData 方法、Windows Mobile ベースのデバイスは、エラー メッセージを受信します。

ClickOnce サポート

ClickOnce は、SQL Server のコンパクト エディションをサポートする、新しいソフトウェアのインストール テクノロジです。ClickOnce は、Windows ベースのアプリケーションを Web サーバーまたはネットワーク ファイル共有への展開を簡素化します。管理者は、展開またはサーバー上のファイルを更新することによってアプリケーションを更新できます。管理者は、すべてのクライアントを個別に更新はありません。

Visual Studio の公開と ClickOnce を使用して展開されているアプリケーションの更新を完全にサポートを提供します。ClickOnce のサポートは、Microsoft Visual Basic Microsoft Visual C# は、Microsoft Visual j# を使用して作成されたプロジェクトです。ただし、ClickOnce のサポートは、Microsoft Visual C を使用して作成されたプロジェクトではありません。

Visual Studio 2005 SP1 の SQL Server コンパクト版ツールをダウンロードして Visual Studio 2005年の SP1 をインストールすることができます。ClickOnce の統合のサポートをインストールし、適切なディレクトリに必要な ClickOnce ファイルがインストールされます。
SQL Server コンパクト版で ClickOnce を統合する方法
メモ SQL Server コンパクト エディションの英語版のファイルとフォルダー」の説明を使用します。SQL Server コンパクト版の別の言語バージョンをインストールする場合、ロケールの名前でファイル名とフォルダー名が異なる場合があります。たとえば、ロケールの名前"Zh"の"EN"があります代わりに可能性があります。

SQL Server コンパクト版で ClickOnce を統合するには、Visual Studio 2005 SP1 の SQL Server コンパクト版ツールをダウンロードし、Visual Studio 2005年の SP1 をインストールします。これにより、統合的なサポートの ClickOnce がインストールされます。必要な ClickOnce ファイルが、適切なディレクトリにもインストールされます。次の表は、ClickOnce ファイルについて説明します。
ファイル名説明
Product.xml基本パッケージを定義します。
Package.xml任意のローカライズ版に固有の情報または基本パッケージに追加する機能を定義します。
SqlCE31eula EN.txtマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項が含まれています。
次の表は、インストール ・ ディレクトリの ClickOnce ファイルについて説明します。
ファイル名フォルダーでのファイルのインストール
Product.xml% プログラム Files%\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\BootStrapper\Packages\SQL Server コンパクト Edition\
Package.xml% プログラム Files%\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\BootStrapper\Packages\SQL Server コンパクト Edition\en\
SqlCE31eula EN.txt% プログラム Files%\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\BootStrapper\Packages\SQL Server コンパクト Edition\en\
SQLServerCE31 EN.msi% プログラム Files%\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\BootStrapper\Packages\SQL Server コンパクト Edition\en\
ClickOnce 技術を含むようにビルドして、アプリケーションに SQL Server の Compact Edition の必要条件がある場合、ClickOnce は、ローカル フォルダーでは、SQLServerCE31 EN.msi ファイルを使用します。ローカル コピーが使用できない場合は、インストール プロセス中に、Microsoft ダウンロード センター」から ClickOnce の SQLServerCE31 EN.msi ファイルがダウンロードされます。

パフォーマンスの向上

SQL Server Compact Edition 3.1 では、デスクトップ コンピューターのパフォーマンスを向上させるためにそれらを入力パラメーターの既定値が変更されます。ただし、これらの既定値はモバイル ・ デバイスのパフォーマンス上の理由から変更されていません。次の表は、以前の既定値と、モバイル デバイスとデスクトップ コンピューターの両方の新しい既定値を示します。
パラメーターを入力します。モバイル デバイス用の以前の既定値モバイル デバイス用の新しい既定値デスクトップ コンピューターの以前の既定値デスクトップ コンピューターの新しい既定値
最大バッファー サイズ640 KB640 KB640 KB4096 KB
ロックのタイムアウト2000 ms2000 ms2000 ms5000 ミリ秒
データベースのサイズ128 MB128 MB128 MB256 MB
既定値の変更に加え、多数の変更が SQL Server の Compact Edition のエンジンに行われます。これらの変更は、SQL Server Compact Edition のデスクトップ コンピューター上のパフォーマンスを向上します。

メモ 入力パラメーター SQL Server の Compact Edition 3.1 に関連するエラー メッセージが表示されたら、エラー メッセージは、古いこれらの入力パラメーター値を表示します。エラー メッセージ SQL Server の Compact Edition 3.1 の新しい値を反映するように更新されないために発生します。この問題は、SQL Server の Compact Edition の次のリリースで修正されます。

SQL Server Compact Edition 3.1 Windows Vista 上での既知の問題

SQL Server コンパクト エディション実行時は、Windows Vista でサポートされています。データベースの機能が Windows Vista で徹底的にテストします。ただし、ある機能既知の問題 SQL Server Compact Edition 3.1 の Windows Vista で。次のセクションでは、機能の問題と、推奨される回避策について説明します。

旧バージョンとの互換性を維持するには、暗号化アルゴリズムと同じ SQL Server 2005 Mobile Edition としての SQL Server 2005 Compact Edition のデータベース暗号化機能を使用します。それらのアルゴリズムがいくらかが古いし、標準の Microsoft 製品のポリシーを満たすセキュリティのレベルは提供されません。できます、データをセキュリティで保護する別の方法として、ファイル システムの暗号化を使用することおを勧めします。

問題 1

Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 では、Windows Vista を構成するのには、Web 同期の構成ウィザードを使用すると、次のエラー メッセージが表示されます。
IIS がインストールされていません
その後、Web 同期の構成ウィザードは失敗します。

メモ Web 同期の構成ウィザードは SQL Server の Compact Edition と SQL Server の間の同期を有効にするのには、IIS のさまざまなパラメーターを設定します。
問題 1 の回避策
この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. Web 同期の構成ウィザードを使用する前に、IIS 6.0 管理互換のすべてのコンポーネントをインストールします。

    メモ これらのコンポーネントをインストールします。 [プログラムと機能 コントロール パネルのします。
  2. 特権を昇格したコマンド プロンプトのウィンドウを開くし、Web 同期の構成ウィザードをコマンド プロンプトで実行します。

問題 2

Windows Vista のユーザー アカウント (LUA) モードに最低限の特権の下で SQL Server Compact Edition サーバー ツール (Sqlce30setupen.msi) のセットアップを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。
SQL Server レプリケーション コンポーネントが見つかりません。
この問題は SQL Server レプリケーション コンポーネントが存在する場合でもに発生します。Sqlce30setupen.msi ファイルを実行すると、システム特権を使用するかをたずねるメッセージが表示されます。ただしとしても、クリックします。 [はい] メッセージでは、引き続きこの問題が発生します。
問題 2 の回避策
特権を昇格したコマンド プロンプトのウィンドウを開き、Sqlce30setupen.msi ファイルを実行します。

問題 3

Windows Vista 上でサイレント モードのセットアップを SQL Server Compact Edition サーバー ツール (Sqlce30setupen.msi) を実行すると、インストールは失敗します。

この問題は、システム特権を使用しないように、既定のユーザー設定を指定する場合に発生します。この問題を発生、セットアップ プログラム、システム特権を使用して表示しません。代わりに、セットアップ プログラムはシステム特権を既定のユーザー設定を使用します。
問題 3 の回避策
SQL Server Compact Edition Server ツールを実行する前に、システム特権を使用する、既定のユーザー設定を指定します。

第 4 号

次のシナリオを検討してください。Visual Studio 2005年を実行してはコンピューターがあります。このコンピューター上のオペレーティング システムを Windows Vista にアップグレードします。このシナリオでは、SQL Server の Compact Edition 3.1 の統合と Visual Studio 2005年が解除されます。

SQL Server Compact Edition 3.1 SQL Server コンパクト版ツール Visual Studio 2005 SP1 パッケージを格納します。このパッケージは Visual Studio 2005 SQL Server Compact Edition 3.1 の統合コンポーネントをインストールします。このパッケージは Visual Studio 2005年を使用していくつかのレジストリ エントリも追加されます。統合は、オペレーティング システムを Windows Vista にアップグレードした後、破損しています。
4 の問題の回避策
この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. Visual Studio 2005 のスマート デバイスのプログラマビリティのコンポーネントをアンインストールします。
  2. Visual Studio 2005 SP1 では既に SQL Server コンパクト版のツールをインストールする場合は、SQL Server コンパクト版ツール Visual Studio 2005年の SP1 をアンインストールします。
  3. スマート デバイスのプログラマビリティ コンポーネント Visual Studio 2005年のインストール CD からをインストールします。
  4. SQL Server コンパクト版ツール Visual Studio 2005年の SP1 を再インストールします。

問題 5

次のシナリオを検討してください。Windows Server 2008 を実行してはコンピューターがあります。このコンピューターに SQL Server 2005 Service Pack 2 をインストールします。で、 データベースを接続します。 ダイアログ ボックス SQL Server Management Studio では、新しい SQL Server の Compact Edition データベースを作成します。このシナリオでは、データベース、%WINDIR%\SYSTEM32 フォルダーに作成されることを確認します。
5 の問題の回避策
SQL Server Management Studio の新しい SQL Server の Compact Edition データベースを作成する場合は、パスとファイル名を指定します。

その他の既知の問題については、SQL Server の Compact Edition 3.1

問題 1

次のシナリオを検討してください。SQL Server Compact Edition 3.1 のローカライズされたアプリケーションを発行するには、ClickOnce を使用しています。次に、このアプリケーションを別のコンピューターを展開します。このシナリオでは、ローカライズされたランタイムのバージョンを SQL Server コンパクト エディションがインストールされていません。
問題 1 の回避策
この問題を回避するには、ClickOnce のパッケージ .xml ファイルを作成します。アプリケーションを配置すると、ローカライズされたランタイムのバージョン SQL Server コンパクト エディションがインストールされているかどうかを確認するのにはこれになります。

必須コンポーネントをアプリケーションに追加する方法の詳細については、次のマイクロソフト開発者向けネットワークの Web サイト (MSDN) を参照してください。

問題 2

次のシナリオを検討してください。SQL Server コンパクト エディション実行時の英語版をインストールします。その後、ローカライズされたランタイムのバージョンが SQL Server コンパクト版を同じコンピューターにインストールしたとします。このシナリオでは、SQL Server コンパクト版ランタイムをアンインストールすると、次のエントリが Machine.config ファイルから削除されますを確認します。
SQL Server コンパクト版データ プロバイダー
メモ Machine.config ファイルは次のフォルダーです。
Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\CONFIG%WinDir
この問題プロバイダーにとらわれないアプリケーションで問題が生じる。
問題 2 の回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • アプリケーションに固有のものは、Config.xml ファイルを作成します。
  • ローカライズされたランタイムのバージョンを SQL Server コンパクト エディションをアンインストールする場合は、まず英語版の SQL Server コンパクト版ランタイムをアンインストールします。
  • DbProviderFactories セクションが Machine.config ファイルに次の情報を手動で追加します。
    <add name="SQL Server Compact Edition Data Provider" invariant="System.Data.SqlServerCe" description=".NET Framework Data Provider for Microsoft SQL Server Compact Edition" type="System.Data.SqlServerCe.SqlCeProviderFactory, System.Data.SqlServerCe, Version=9.0.242.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91" />

問題 3

SQL Server コンパクト版ツール Visual Studio 2005 sp1 並べて同じコンピューター上の異なる言語バージョンのインストールができません。

メモ Visual Studio 2005 SP1 言語バージョンを並行して、同じコンピューターにインストールできます。

第 4 号

SQL Server Compact Edition 3.1 では使用できません、 同じ処理を sp_repladdcolumn SQL の 1 つのステートメントでは、次の操作を実行するストアド プロシージャ:
  • パブリッシャーに新しい列を追加します。
  • 新しい列に外部キー制約を追加します。外部キー列の既存のテーブルを参照します。
たとえば、SQL Server Compact Edition 3.1 で、SQL の次のステートメントを実行できません。
Northwind..sp_repladdcolumn  @source_object='Customers' , @column='ColNew' , @typetext='int constraint FK_Foo_Customer foreign key  references Products ( ProductID )' , @publication_to_add='PubName')
4 の問題の回避策
別に、操作を実行するのには、2 つの SQL ステートメントを作成します。

たとえば、必要な操作を実行するのには、次の SQL ステートメントを作成します。
EXEC Northwind..sp_repladdcolumn  @source_object='Customers' , @column='ColNew' , @typetext='int' , @publication_to_add='PubName';Alter table Customers add constraint FK_Foo_Customer foreign key (ColNew) references Products ( ProductID )
SQL ステートメントを実行した後、スナップショットを再生成して、サブスクリプションを再初期化します。

ソフトウェア更新プログラム

SQL Server Compact Edition 3.1 の SQL Server の Compact Edition 以前のバージョンで発生する多くのバグを解決します。SQL Server Compact Edition 3.1 に解決のバグのいくつかを次に示します。
  • 以前のバージョンの SQL Server の Compact Edition デスクトップ制限です。ため、SQL Server コンパクト エディションをインストールする前に Visual Studio 2005年または SQL Server 2005 をインストールする必要があります。

    SQL Server Compact Edition 3.1 ではこの問題を解決します。SQL Server Compact Edition 3.1 を使用すると、SQL Server Compact Edition の Visual Studio 2005年または SQL Server 2005 を実行できます。
  • エイリアスを指定する場合は、 NULL 列には、 選択 ステートメントは、出力列の名前を指定するすべてのエイリアスの SQL Server の Compact Edition 以前のバージョンは表示されません。以前のバージョンの SQL Server コンパクト版以下の列名を表示します。
    列番号<ordinalnumber></ordinalnumber>
    たとえば、次あります。 選択 ステートメントです。
    Select c1 as Col1, NULL as Col2 from Table1
    SQL Server の Compact Edition の以前のバージョンでこのステートメントを実行すると、次の列名を出力参照してください。
    列番号 0、列 1
  • 次のシナリオを検討してください。SQL Server コンパクト版の旧バージョンで ON DELETE CASCADE 制約でテーブルを指定します。テーブルは 1 行だけです。次に、テーブル内の行を削除します。行を削除すると、インデックス スキャンが発生します。このシナリオでは、SQL Server の Compact Edition 行を含むデータ ページが解放されます。また、バッファーの場合、またはデータ ページを保持しているフレームの参照カウントがゼロの場合は、SQL Server Compact Edition はバッファーまたはフレーム空きとしてマークされます。
  • 以前のバージョンの SQL Server のコンパクト エディションを実行すると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
    読み取りまたは書き込みの保護されているメモリしようとしています。
    この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
    • SQL Server Compact Edition がバイナリ ツリー (b ツリー) の適切なノードにデータを書き込もうとすると。
    • バイナリ ツリーがいっぱいです。
    メモ SQL Server コンパクト版バイナリ ツリーのノードにデータを書き込む場合は、バイナリ ツリーがいっぱいになると SQL Server Compact Edition ノードに分割されます。SQL Server コンパクト版ノードを分割するのには、次の方法のいずれかを使用します。
    • 通常の分割
    • Asc の分割
    • Desc を分割します。
  • SQL Server の Compact Edition の以前のバージョンでは、バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) 列からデータを取得するのには、スクロール可能なカーソルを使用すると、SSCE_M_COLUMNORDINALNOTFOUND エラー発生します。

    この問題は、バイナリ ラージ オブジェクトのデータの前方参照のみのカーソルの処理よりもスクロール可能なカーソルのバイナリ ラージ オブジェクト データ処理方法が異なるために発生します。スクロール可能なカーソルを使用する場合、序数ベース テーブルからバイナリ ラージ オブジェクト列の序数が異なる場合があります。ただし、スクロール可能なカーソルと順方向専用カーソルの両方序数ベース テーブルのバイナリ ラージ オブジェクトの列データを取得するために使用します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:920700 - 最終更新日: 08/04/2011 15:52:00 - リビジョン: 12.0

  • kbinfo kbexpertiseadvanced kbmt KB920700 KbMtja
フィードバック
/html>