FIX、データベースの互換性レベルが 80 に設定されて SQL Server 2005 の id 列ビューには通常の int 型の列として処理します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:920974
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
バグ: # 910 (SQL 修正)
Microsoft Microsoft SQL Server 2005年修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
概要
次のこの修正プログラムについて説明しますリリース:
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題
  • この修正プログラムを適用するための必要条件パッケージ
  • 適用後、コンピューターを再起動する必要があるかどうかについては、修正プログラム パッケージ
  • この修正プログラム パッケージが他の修正プログラムによって置き換えられますかどうかに関する情報パッケージ
  • 適用後にレジストリの変更が必要かどうかについては、修正プログラム パッケージ
  • この修正プログラムに含まれているファイルパッケージ
現象
次のシナリオを検討してください。SQL Server 2005 では、データベースがあります。データベースの互換性レベルを 80 に設定します。既存のビューがあるまたは、データベース内のビューを作成します。ビューは、次の要件を満たしています。
  • データベース内の 2 つのテーブルは、ビューが作成されます。
  • ビューが含まれています、 アイデンティティ テーブルの列。
このシナリオでは、SQL Server 2005 だけに扱います、 アイデンティティ 通常、ビュー内の列 int 型 列です。Microsoft SQL Server 2000 での同一のビューがある場合は、ただし、SQL Server 2000年列処理は、 アイデンティティ 列です。

SQL Server 2005 でこの問題を確認するのには、クエリを実行できます、 is_identity 列には、 sys.columns カタログ ビューに対して、 アイデンティティ ビュー内の列。SQL Server 2005 の値は 0 を返すことに注意してください、 アイデンティティ ビュー内の列。

SQL Server 2005 でデータベースの互換性レベルを 80 以下の場合にも設定できます。
  • 既存の SQL Server 2000年データベースを SQL Server 2005 にアップグレードします。SQL Server 2000年データベースは、互換性レベル 80 では、SQL Server 2005 の必要があります。
  • SQL Server 2000年からデータベースをデタッチしてから SQL Server 2005 にデータベースをアタッチします。データベースが互換性レベル 80 では、SQL Server 2005 の必要があります。
原因
SQL Server 2005 を処理するためにこの問題発生、 アイデンティティ 列の表示が int 型 列です。でも、データベースの互換性レベルを 80 (SQL Server 2000) に設定した後、この問題が発生します。
解決方法
サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

Microsoft SQL Server 2005年サービス パック インストールこの修正プログラムを適用する 1 (SP1) が必要です。

SQL Server 2005 Service Pack 1 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

レジストリ情報

変更しないレジストリ。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルの含めることはできません。

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇
SQL Server 2005 は、32 ビット x 86 バージョン
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Logread.exe2005.90.2167.0398,1122006 年 6 月 20 日15: 35x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.2167.0908,0642006 年 6 月 20 日15: 37x 86
Ms.ss.mgdsqldumper.dll2005.90.2167.075,5522006 年 6 月 20 日15: 29x 86
Msgprox.dll2005.90.2167.0197,9202006 年 6 月 20 日15: 32x 86
Replprov.dll2005.90.2167.0547,6162006 年 6 月 20 日15: 35x 86
Replrec.dll2005.90.2167.0782,1122006 年 6 月 20 日15: 36x 86
Sbmsmdlocal.dll9.0.2167.015,662,3682006 年 6 月 20 日15: 32x 86
Sqlaccess.dll2005.90.2167.0347,9362006 年 6 月 20 日15: 34x 86
Sqlservr.exe2005.90.2167.028,950,3602006 年 6 月 20 日15: 32x 86
SQL Server 2005 を 64 ビット版
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Logread.exe2005.90.2167.0522,5282006 年 6 月 20 日15: 29x64
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.2167.0875,2962006 年 6 月 20 日15: 31x 86
Ms.ss.mgdsqldumper.dll2005.90.2167.091,4242006 年 6 月 20 日15: 30x64
Msgprox.dll2005.90.2167.0259,3602006 年 6 月 20 日15: 28x64
Replprov.dll2005.90.2167.0745,2482006 年 6 月 20 日15: 30x64
Replrec.dll2005.90.2167.01,008,4162006 年 6 月 20 日15: 31x64
Sbmsmdlocal.dll9.0.2167.015,662,3682006 年 6 月 20 日15: 32x 86
Sqlaccess.dll2005.90.2167.0355,1042006 年 6 月 20 日15: 29x 86
Sqlservr.exe2005.90.2167.039,262,4962006 年 6 月 20 日15: 32x64
SQL Server 2005 を Itanium アーキテクチャ バージョン
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Logread.exe2005.90.2167.01,094,9442006 年 6 月 20 日06: 39IA-64
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.2167.0875,2962006 年 6 月 20 日06: 39x 86
Ms.ss.mgdsqldumper.dll2005.90.2167.0163,1042006 年 6 月 20 日06: 41IA-64
Msgprox.dll2005.90.2167.0542,4962006 年 6 月 20 日06: 38IA-64
Replprov.dll2005.90.2167.01,617,1842006 年 6 月 20 日06: 39IA-64
Replrec.dll2005.90.2167.02,141,4722006 年 6 月 20 日06: 39IA-64
Sbmsmdlocal.dll9.0.2167.048,738,5922006 年 6 月 20 日06: 39IA-64
Sqlaccess.dll2005.90.2167.0349,4722006 年 6 月 20 日06: 38x 86
Sqlservr.exe2005.90.2167.072,183,0722006 年 6 月 20 日06: 39IA-64
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この修正プログラムを適用した後、SQL Server 2005 の動作を変更するのには、次の操作のいずれかを実行する必要があります。
  • データベース内のビューを使用して作成されないかどうかは、 スキーマ バインディング オプションでする必要があります実行、 sp_refreshview ストアド プロシージャを表示します。
  • 使って、データベース内のビューを作成するかどうかは、 スキーマ バインディング オプションは、ビューを最初に削除する必要があります。次に、ビューを再作成します。
これを行うと、SQL Server 2005 を扱い、 アイデンティティ SQL Server 2000 を既存のすべてのと同じビュー内の列を表示します。

SQL Server 2005 修正プログラムを適用した後任意の新しく作成したビューを扱います、 アイデンティティ ビュー内の列と同じ SQL Server 2000年。SQL Server 2000年に基づくデータベースをアタッチする場合は、さらに、接続されたデータベース内のビューもは SQL Server 2000 として、同じように処理します。

詳細については、 sp_refreshview ストアド プロシージャは、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
IsIdentity を含む Dataset テーブルの id を表示

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:920974 - 最終更新日: 01/17/2015 15:05:32 - リビジョン: 5.0

  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbqfe kbpubtypekc kbhotfixserver kbsql2005engine kbautohotfix kbmt KB920974 KbMtja
フィードバック